2016/04/30

技術力がうらやましすぎる個人制作のCG動画はなぜ話題になったのか


 もちろん理由があるから話題になったわけですが。
 青木無常でありますよう。



マルキュー爆発


 個人制作であることを考えると、うらやましい限りの技術力であります。

 しかも、独学らしい。

 ある人がフリーの3DCGソフトなどを駆使してほぼ個人でしかも一人で制作なさったYouTube動画の話でございます。

 実写と3DCGやイフェクトなどを縦横無尽に駆使して作製された近未来の日本のある事件を描いた動画。



 2045年。

 ナノマシンがハッキングされることによって始まった世界の崩壊。

 渋谷の街やスカイツリーやレインボーブリッジ、学校などが炎上爆発、崩落していくさまなどまことにすばらしい。


2045



 ストーリーは…?

 ありきたりといえばありきたりですが、映像メインの作品と考えれば充分といってもいいカモ。



 では、個人制作という枠をとっぱらってみればどうか。

 これよりリアルで迫力のある映像は現在では特に珍しくもないのでしょうが。



 でもこの動画、すごい話題になっているらしい。

 なぜ?


ねとらぼ 2016年02月29日 12時22分
これを独学で!? 中学3年生が自主制作した映像作品がハイクオリティすぎて将来性の塊
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1602/29/news087.html


 作者が(制作時)中学生だったからどうだというんだ作品は純粋に作品だけで評価するのが作者への敬意のあらわれでもあるだろう、とか、利いたふうな批評なんざする気もない。



 彼が将来日本を代表するクリエイターなるのかどうかも私は知りません。



 でもこの人にわしの物語の映像化をしてほしいっス。



 ま、自分に技術力つけて自分で制作したいのが一番の本音であることもまた確かなんだが…(^_^;)



 技術力磨いてくるので本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿