2016/03/15

ラットも人間もかわらない? 悔い改め、忍耐を覚え、未来を選択する…実験で確認されたラットの「後悔」


 悔い改めれば…救われるかどうかは神のみぞ知る?
 青木無常でごじゃる。


後悔3



 なんと、実験によってラットが「後悔」していることを確認したという、まことに興味深いニュースのご紹介でございますのですよ。



 あのときああしておけばよかった…

 という経験はわれわれにとってきわめて馴染み深い感情のひとつでございますけど、アメリカの大学の神経学者のかたが、未来の意思決定に影響を及ぼすほどの後悔をラットを使った実験で観測なさったのだそうで。


ナショナルジオグラフィック June 9, 2014
ラットも誤った選択を後悔する?
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9335/


 限られた時間内に迷路が開放され、到達した梯子の先に食べ物がある。

 梯子は全部で四つ。

 ただし、食べ物が受け取れるまでにそれぞれ異なる長さの待ち時間があって、音の高さでその長短がわかるように仕掛けておく。

 というようなのが実験の概要。


後悔1



 で、ラットは待ちきれずにほかの梯子に移動したりすることもできるわけだが、当然のことながら移動した先の梯子における待ち時間はさらに長い場合もある。

 そんなときに、ラットは食べ物を受けとらずに通り過ぎてしまった梯子をふりかえる。

 同時に、埋め込まれた電極の記録に特異的なニューロン活動のパターンが発生していることも確認された、ということらしいのですよ。

 ラットは単に

物理的に振り返っただけでなく、やり過ごしてしまった選択肢のことを考えていたのだ
と。

 さらにはこのことが学習効果を発揮したらしく、つぎの梯子では今まで待ちきれなかったような長い待ち時間も我慢して、食物を手に入れることができたとのこと。


後悔2



 もちろん個体差もあるらしいです。



 われわれの意志や運命がどう生成し、そして変わっていくのか。



 いずれそのうち、そういったこともわかるようになる日が訪れるのカモしれませんのう。



 肥るとわかってても腹ヘッタので間食してきます本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿