2016/03/14

中国の空に突如出現して数分で消失した「天空都市」は悪夢の人類奴隷化計画の実験なのか!?


 いやいや、んなわけないっしょ。(^_^;)
 青木無常でありますよ。


邪悪な計画



 なんかねー。

 中国の空に突然巨大で禍々しい「天空都市」が出現して、数分間ものあいだ人民を嘲笑うかのごとく睥睨したあと、これまた唐突に消失してしまったという不可思議現象が発生していたらしいのですよ。


tocana 2015.10.19
中国上空に突然現れた「天空都市」!! パラレルワールドか? 全人類“奴隷化”計画の一環か?
http://tocana.jp/2015/10/post_7651.html


 出現したのは去年の十月。

 広東省仏山市の上空に、数分間にわたってくろぐろとした異様な巨大都市のようなものが出現し、多くの市民が不安におののいたのだとかどうとか。


20151009中天新聞 佛山驚現海市蜃樓?網友疑鏡面反射



 不気味なのはまちがいなし。

 数日後には江西省というところでも同様の現象が起こったのだとか。

 上のリンク先のニュースサイトにはその江西省の写真も掲載されておりますですよ。



 で、さすが「tocana」。出ましたよ。出しました、というべきか。(`▽´)

世界の陰謀論者たちは、今回の現象について少し違った見解を示しているようだ。彼らによると、これはNASAが行った「ブルービーム計画」のテストではないかというのだ。「新世界秩序(ニューワールドオーダー)」構想の実現を目指す秘密結社イルミナティは、NASAとともに大空にホログラムを映し出すことで、大衆に恐怖と危機感を植えつけ、奴隷化することを目指しているとされる。
のだそうで。

 出ました出ました秘密結社イルミナティ

 渋澤龍彦の影響なのか知りませんが、魅力的なネーミングがよっぽどハマったのか、この手の陰謀論が出てくると必ずといっていいほど背後に控えているのがこのイルミナティですからね。

 わしも小説で使いたかったんだけど、あまりにもこの手の話で大安売りされすぎてて、もう、ね。(´ω`。)


救済



 大空にホログラム。
 たいへんな技術力ですな。

 この技術力がどこに端を発するのかも調べてみるとおもしろそうでございますなあ。

 つぎに出てくるのは絶対、異星人だぞ。(`▽´)



 なんで単なる蜃気楼じゃイカンのですかねえ…



 なんか上空の異様な物体からわしの部屋目がけて光線が照射されてるので本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿