2016/03/31

非常にレアらしいステルス爆撃機B-2が飛行している動画


 曲線と直線の融合が美しいですな。
 青木無常でございますです。



plane


 ステルスというと三角翼の黒いヤツとともに、この印象的な形状も思い浮かびます。

 そんな悪魔の翼をも思わせるアメリカのステルス戦略爆撃機「B-2」通称「スピリット」の動画が、開発を担当したノースロップ・グラマン社みずからの手で動画投稿されているのでございますよ。

 この機体は全部で21機しか作られていないらしく、空を飛んでいる映像自体が非常にレアなのだそうで。

GIZMODO 2016.03.06 21:00
アメリカのステルス爆撃機B-2の貴重な飛行映像
http://www.gizmodo.jp/2016/03/b-2.html


 もうひとつの代表格である黒い機体も印象的な「F-117」通称「ブラックホーク」が直線的な多角形の機体デザインだってのに対して、この「B-2」は正面から見たりすると非常に曲線的。

 このシルエットのちがいは、アプローチの差とともに時代の差もあったようで。


Come Fly with the B-2 Spirit Stealth Bomber



 ブラックホーク開発当時は、曲面のシミュレーションが困難だったため極力デザインが簡素化されていたのだとか。

 たしかにこのシルエットは、人間が図面に描いて出てくる感じではないカモ。


B-2


 禍々しくも優雅に高空をゆく姿は、これまたCGかアニメのようにも見えてしまいますが実写映像らしいです。



 あまりにも高価だったことと機密保持の必要上、初飛行から十年経つまで実戦配備されなかったという説もありますが、単に冷戦向けに開発したもののソ連崩壊によって本格的な空爆そのものがなかったのだ、とも。



 ま、狙われたくはございませんな。金輪際。



 見えない翼で夜の散歩に出かけてくるので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿