2016/01/15

一寸先は闇! 霧の倫敦…ならぬスモッグの北京の映像があまりにもすさまじい


 日本にも影響あるわけだしやめてくれ。
 青木無常でありますよう。







 やめてくれとゆってもやめてくれるはずもないんでしょうけど。

 かの無責任大国中国でのスモッグのすさまじさはもはやおなじみの現象なんでしょうけど、去る11月末日、その大気汚染ぶりがピークを迎えたんだとか。

 視界が100メートルを切るというすさまじさ…

 といってもイメージなかなかできないカモですけど、ひどい霧の夜とかを想像すれば多少は近いんじゃないかと思われますよ。

 まして、それが霧ではなくスモッグなのだとしたら…

 …てか、だとしたらどころではなくかの国ではそれが日常なんでしょうからねえ。







 そんな北京の「今冬最悪」を記録した11月30日当日の衛星写真をNASAが公開した、という、きわめて興味深くかつヲゾましいニュースの話でございますよ。


ロケットニュース24 2015年12月2日
【中国ヤバイ】最悪大気汚染の中国が宇宙から激写される / NASAが公開! 上空から見てもやっぱりヤバイ
http://rocketnews24.com/2015/12/02/673264/


 毎度のことながら当ブログでは写真の転載はいたしておりませんので、戦慄のスモッグ衛星写真の画像は上のリンク先のニュースサイトにてご確認くだしゃんせ。

 とにかくすごいですよ。

 雲とか雪とかでわかりにくいけど、明らかに色がちがう一帯が。

 この灰色の広大な帯、絶対に健康にいいはずがない。







 ニュースサイトには地上の様子を撮影した動画もございますので、あわせてご覧くださいね。

 ランドマークが見えない云々と書いてあるけど、はっきりいって目の前も見えてないくらいのひどい濃霧か雲の中を思わせる混沌状態。

 これぜんぶ排ガスなり工場排気なりなのだとしたら、北京市民は肺の底まで真っ黒なんじゃないか、と。

 むかしバンコク常駐のNGOの人とバングラデシュで会ったことあるんだけど、四六時中せきこんでいて、バンコクの排ガスのせいだとこぼしておられました。

 日本のような排ガス規制がないんだとか。
 日本の排ガス規制も、わしらが子どものころの話だったけどね。

 いまの中国、それよりひどいんじゃないか…?



 せっかくなので動画もひとつ埋め込んでおきますよ。


延时摄影记录北京雾霾消散全过程



 スモッグにおおわれて一寸先も見えなさそうな状態から、すっきり晴れわたるまでのタイムラプス動画でございますよ。



 とはいえ、驚いたことにこれでも以前よりは汚染度が改善しているという観測結果も、実は出ているのだそうですよ!?


中国まで! 意外にも大気汚染が改善した都市が明らかに…
http://www.gizmodo.jp/2016/01/airpollutionimproved.html


 改善してもこの状況、と見るべきか。

 それとも改善する意欲はあるようだ、という点に着目すべきなのか。(`▽´)



 いずれにせよ。

 絶対住みたくない。
 旅行ですらいきたくない。

 …むかしの中国は、こんなイメージではなかったはずなんだが…



 なんか咳も涙もとまらんので本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿