2016/01/24

風光明媚で芸術的な世界の主要都市の光景に、落下したスター・ウォーズメカが混じりこんでいるステキなアート


 スター・ウォーズ愛と芸術との美しい融合。
 青木無常でございますよ。







 いまだ興奮さめやらぬスター・ウォーズ最新作『フォースの覚醒』で、惑星ジャクーに墜落したまま朽ち果てたスター・デストロイヤーの残骸が山のように浮かびあがるという壮大なシーンがございました。



 それを彷彿とさせる、そしてそれ以上に風光明媚で、ため息が出るほど美しいアートが紹介されているニュース記事を見つけたのでございますよ。


roomie 2015年7月9日 木曜日
スター・ウォーズのバトルシップが日本に落ちてきた?
http://www.roomie.jp/2015/07/274412/


 まことに残念きわまりないんですけど、当ブログでは写真・画像の転載は著作権上行っておりませんので、美しすぎるアート作品の画像の数々はぜひ上のリンク先にあるニュースサイトにてお楽しみくださいませね。







 暮れゆくマンハッタンの水辺に半身を水没させたミレニアム・ファルコン。

 丘の上のキリスト像が見下ろす海に浮かぶ、円のカーブもうるわしき通商連合の巨大なバトル・シップ。

 うすもも色の夕陽を背に受け、セーヌ川のさざ波を前にして地平線に浮かびあがるスター・デストロイヤーの雄大なフォルム。

 そして、白い雨の倫敦の街なみに沈むTIEファイターの前にひっそりとたたずむ電話ボックスのあざやかな赤。



 きわめつけ…といっていいのかどうかはわかりませんが(^_^;)、やきとりの提灯もまぶしい日本の居酒屋小路の奥に無残に突っ込んだスターファイター。







 これらの美しい“フォトモンタージュ”作品を創造したのはパリ在住のNicolas Amiardさんというかただそうです。

 下記の「design boom」というページにはほかにもヴェニスの水路に落ちたXウイングや雪のロシアに落ちたナブーファイターなどもありますよ。






 詳細はよくわからないのですが、以下のページではNicolas Amiardさんのそのほかのアート作品とおぼしきものも見ることができるようです。






 芸術ってのは、やっぱりセンス。



 私は私のセンスを磨いてまいりますので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿