2016/01/07

当たったらシャレではすまない予言! 2016年イスラム過激派がヨーロッパに侵攻し化学兵器で大陸は荒地に!?


 ま、あくまで「当たったら」なんですけど。
 青木無常でございますけど。







 ネタの宝庫「tocana」が、またトボけたことをやらかしてくれたようですよ。

 というか、もうこのオカルト系メインのニュースサイトは完全に「わかってて」やらかしまくってるサイトであることが確定したといってもいいような…

 …てか、そんなことは最初から明々白々の事実ではあったんでしょうけど。(`▽´)



 その「tocana」によると、欧州のある予言者が遺した2016年の世界情勢は激動期に突入することになるんだとか。

 その驚くべき内容は、というと!



「イスラム教徒は欧州人を相手に化学兵器を使い対抗する」
「イスラム教徒の過激派がヨーロッパへ侵略を行う」
「その結果、大陸は生きるために必要な物を欠いた荒れ地となる」
ということなんだとか。





 本当だったら日本も笑って見てられるような状況ではまったくないよねえ…ヤバすぎる…?


tocana 2015.12.16
ブルガリア国家最高機密ババ・ヴァンガの予言「2016年最悪のシナリオ」! 当たりすぎて震える…!
http://tocana.jp/2015/12/post_8299.html


 しかもこれにはもちろんつづきがあって、

このイスラム過激派との戦争が終わるのは2043年で、イスラム教徒がローマを攻め落とすまで続くだろうと指摘している。
ということなんだとか。

 30年近く戦争がつづいて、あげくの果てローマが攻め落とされる…?







 …と、ここまで具体的なすさまじい内容の予言を遺した人物とは。

 ブルガリアの盲目の予言者ババ・ヴァンガ!

 生まれつき体が弱かった彼女は長生きできないだろうと周囲から思われていながら80年以上を生き1996年に他界。

 そしてその生涯において数々の予言を残し、ついにはブルガリア政府から国家最高機密に指定されるほど高い的中率を誇っていたのだという。

 その確率、なんと85%!

 …と、記事には書いてあるんだもん…(`▽´)



 的中させてきたという予言は、アメリカ同時多発テロ、スマトラ沖地震、オバマ大統領誕生、日本の東北の地震と原発事故…







 本当だったらこりゃマジでシャレになんねえや…という以前に、今年起こるという予言の内容があまりにも具体的なので、こりゃおもしろいと思いつつこの記事ストックしておいたんですけど…



 なんつーか、盲点が。(`▽´)



 なんと、同じ「tocana」の去年年頭の記事で、ババ・ヴァンガの「2015年」の予言が!


TOCANA 2015.01.04
国家機密指定されていたブルガリア最高予言者の「2015年の予言」がついに解禁!! 驚愕の内容とは?
http://tocana.jp/2015/01/post_5456.html






 最新予言の記事中に堂々とリンクが貼ってあるので、こりゃよっぽど的中したのかと思って意気込んで開いてみたんですけど…

 その記事中に記された「2015年」に起きるとされる予言の内容は…

・ 米国の大統領は退任する。彼はあらゆる特典を失い、訴追される可能性もある

・ ロシアの大統領も退任し、ロシアは斬頭される
  だが、それは悲劇的なものではなく、社会が混乱することもない。むしろ国は飛躍の時を迎える

・ ロシアの通貨ルーブルは、年内に非常に強くなり、米ドルよりも信頼性が高まる

・ ブルガリアはロシアとの関係を強化していく

・ 病気の蔓延は克服されず、世界中に広まり、シベリアとオーストラリア以外は病原菌で汚染される

 …わしゃ政治にも世界情勢にも経済にも興味ないんでよくわからんのですけど…

 …だいたい、というか全部? 外れてね? (`▽´)







 記事に掲載されているババ・ヴァンガさんの写真は人のよさそうなおばあちゃんだし、あんまり悪口いいたくない感じなんだけど…(^_^;)



 ま、ヨーロッパが戦場になって毒ガスまみれの荒地になる可能性は低そうだ、ということでまずはよし、とすべきかね…?



 わしの認識不足があったらぜひご指摘お待ちしております。



 なんか玄関から異様な色のガスが入ってきたので本日は以上!
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿