2015/12/13

将軍ダース・ベイダー! 足軽ストーム・トルーパーに浪人ボバ・フェット! 和風にアレンジされたスター・ウォーズフィギュアがあまりにクールで悶絶必至!


 ま、多少は盛ってますよ。タイトルは。
 青木無常でございますよ。







 とうとう!
 今週末でございますな!
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』世界同時公開!

 いやいや。先日もご報告したとおり、私は早期に映画館で目撃するのはあきらめました。(´_`。)

 前売券が大フィーバーで、売り切れ続出しているそうですのでね。(´ω`。)



 なので本日もその渇きを癒すべく…いやどうにもこの渇きは癒しがたくてもうもうもうもうどうにもしようもなさすぎて胸郭張り裂けそうでしかたないんですけど…(^_^;)

 またそんな負け惜しみじみた感じでスター・ウォーズ関連のニュースを小放出!
 あくまで「小」! (`▽´)


ロケットニュース24 2015年9月9日
【画像多数】スター・ウォーズが「武者風」になったフィギュアが震えるほどカッコいい
http://rocketnews24.com/2015/09/09/629613/






 …っつっても実はたしか、以前書いた『スター・ウォーズ』の記事でアフィリリンクを貼ったこともあるので、イラストがわりのこのブログの画像をきちんとご覧になっていらっしゃるなら見覚えあるカモですが…(^_^;)



 内容としては、バンダイが展開している『名将MOVIE REALIZATION』という、スター・ウォーズの世界と武者人形とを融合させた意欲的なフィギュアのシリーズがラインナップされた、というもの。

 作成したのは有名な造形師のかたで

スター・ウォーズに登場するキャラクターを和風にアレンジした
という斬新なデザインが秀逸です。



 というわけで、アフィリリンクを貼りつつ( ̄ー ̄)、ひとつひとつご紹介していきますですね。



 まずは、これがなければ始まらんでしょ、というダース・ベイダー!

 こちらは「侍大将」と称されているとおり、ものすごーく戦国時代の甲冑を思わせるアレンジがほどこされています。







 ま。
 ベイダーの容貌って、そもそも和の甲冑そのものなんだがね。(`▽´)



 それからストームトルーパー。

 こちらは劇中の役割にふさわしい「足軽」仕様と、火縄銃をかついだ「鉄砲足軽」仕様がある模様。





 正直ベイダーのアレンジはいまいちやり過ぎ感があったんだけど(口とかが)、こっちはかなり重厚かつ秀逸で、刻みこみ感とか渋いのなんの。



 そして、出ました! 私の大好きなボバ・フェット!
 こちらは「浪人」にアレンジされているそうです。





 んんん…

 色がいまいち気に入らない…カモ…



 最後は高級感あふれる赤が印象的だったロイヤルガード。

 これはもちろん気品あふれる赤を強調して「赤備え」(戦国時代の軍団編成の一種。具足、旗差物などのあらゆる武具を朱塗りにした部隊編成のこと)なんだそうな。





 これは色はともかく、造形がむしろグレードダウンしているように個人的には感じられてしまうなあ。惜しい!



 全体的に、ベイダーとかロイヤルガードとか、元になるデザインが秀逸かつ印象的すぎる作品にいまいち感はただよっているものの、アイディアとアレンジ具合は申し分ござんせん。



 外人には超喜ばれるカモ…?



 転売画策してくるので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿