2015/12/18

スライダをちょこちょこいじるだけでオリジナルフォントが簡単に作れちゃうウェブツール「modulator」


 丸文字ってそういえばあったよねえ。
 青木無常でありますよ。







 わしらが若いころ流行りましたよねえ。
 丸文字。
 わしらのころは手書き文書でしたがね。

 ひらがなの「へ」の右側のながいほうの下の部分に「〃」とか入れることもありました。

 あれってどういう意味があったのかなかったのか(^_^;)。

 よくわからんけど、女の子からの文書にそんな感じの書きかたがしてあったから、意味わからないままマネして返したりとかもしてました。



 ひるがえって現代、コンピュータのフォントにもオリジナルのものがたくさんあって、かつての丸文字のようなかわいらしいフォントもたくさんそちこちにころがっております。

「へ」に「〃」がつくものもさがせばあるんでしょうね、たぶん。







 で。

 まあ手書きの丸文字ほどには自由度はないんですが。

 ものすごーくお手軽お気楽に、ウェブページの左側にあるスライダをちょこちょこいじるだけでオリジナルフォントがあっというまにできあがっちゃう。

 そんなウェブツール、というかサービスの紹介ニュースを発見してしまいましたのでございますよ。


lifehacker 2015.03.07 07:30 am
フォントを簡単に自作できるサービス「modulator」
http://www.lifehacker.jp/2015/03/150307modulator.html






 なんとまあ、「modulator」というウェブサイトがあるのでそちらにいって、ちょこちょこいじってできたものをダウンロードまで可能という。

 便利な世の中になりましたものですなあ。

 わしらが若いころは自作のものを活字にすることすら印刷屋にでも頼まなければできなかったものですが。(`▽´)



 ウェブサイトはこちらでございます。






 で、わしも試しに作ってみた。


フォント1


 ご覧のとおりの画面がサイトの左サイドにありますので、スライダをマウスで左右にいじると、文字の太さとか縦横のながさとかいろいろな条件で自由に増減できたりしちゃうわけですな。

 で、作成してみたフォントはこんな感じ。


フォント2


 かーなーりー、てきとうにいじっただけなんだけどこんな個性的なフォントが数分とかからずにできてしまいました。



 作成したものはダウンロードすることもできるんですよ。



 ま、日本語にはさすがに対応していないみたいですけど、英字だけでも使ってみたいってんならけっこうお役立ちサイトでございますな。



 また自作してくるので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿