2015/12/06

孤高のヒロイン・レイと、新たなる悪の化身カイロ・レンが「風神」「雷神」に!? 京都・清水寺で公開されるスター・ウォーズと和のアートとの劇的な邂逅


 どういうビジュアルなのか…
 青木無常でございますよ。







 悲報。(´_`。)
 前々から危惧はしていたのですが、やはりというか。

 とうとう!

 18日には公開予定の!

 …『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の前売券が大フィーバーで、売り切れ続出しているらしいです。(´ω`。)
 あああ。

 別に映画が見られればよいので初日とかにこだわる必要もないっちゃないんですが、やっぱ公開されるといろいろ情報がイヤでも目に入ってきそうだし、なにより早くみたくてみたくてしかたがないんですが…







 ガラガラの映画館に慣れ切った昨今でなくとも、混んでる映画館で人いきれにまみれながら不快まじりに鑑賞というのも願い下げ。

 つーより、その混んでる映画館に入ることすらおそらくできそうにない状況らしいので…(´_`。)

 …もう早期に劇場でみるのはあきらめました。



 んでその渇きを癒すべく…いや、この渇きはどうにも癒しがたくてしかたがないのですが…(^_^;)

 負け惜しみじみた感じでスター・ウォーズ関連のニュースを2つほど!


オリコンスタイル 2015-11-13 05:00
『スター・ウォーズ』が“風神雷神”になって京都・清水寺に降臨
http://www.oricon.co.jp/news/2062256/






 このたびの公開記念に、すさまじく“わびさび”な感じのアートが!

 しかも世界遺産でもある風光明媚の象徴! 京都の清水寺本堂…そう、あの、清水の舞台の!

 …本尊ご宝前で公開されたのだとか。



 モチーフは、だれもが目にしたことがあるであろう俵屋宗達の「風神雷神図屏風」!





 これをもとに、

伝統的な日本画の技法を受け継ぎつつ、ユーモアとパロディー、現代的な要素を取り入れた日本画ならぬ「ニッポン画」を提唱している画家の山本太郎氏
が、今回の映画のヒロイン、デイジー・リドリー扮するレイと、ダース・ベイダーを継ぐ悪役、アダム・ドライバー扮するカイロ・レンをそれぞれ「風神」「雷神」に見立てて描きあげてしまう、というものとのこと。



 で、公開後のニュースはこちら。
マイナビニュース 2015/11/30
『スター・ウォーズ』風神雷神図屏風、清水寺でお披露目! 国宝とコラボ実現
http://news.mynavi.jp/news/2015/11/30/073/




 寺が娯楽映画のイベントに全面協力…

 すばらしい時代、というべきなんでしょうな。







 風神雷神図かあ。

 あの迫力ある図柄が、どんなふうにアレンジされて現出するのか…!


ロケットニュース24 2015年11月27日
【今すぐやってみて】Googleの『スター・ウォーズ』仕様を試したら楽しすぎ! ダークサイドもライトサイドも選べて粋な仕掛けが満載なのだっ!!
http://rocketnews24.com/2015/11/27/670548/


 なんかグーグルさまがスター・ウォーズにちなんだ特設仕様を用意しているらしいのですよ。

GoogleマップやGmailなどのGoogle主要アプリとサービスが、スター・ウォーズ仕様になっている
のだそうです。

 まず「内なるフォースの覚醒」なる特設サイトにアクセスしてグーグルさまにログインすると

「フォースのサイドを選択してください」
という表示が出てきます。

 で、ダークサイドかライトサイドのどちらかを選択できるので、選んでみると。

 ローディングされるときのバーがライトセイバー(暗黒面であればもちろん赤。ライトサイドは青)のデザインになるとか、背景画面が帝国軍とかになるとか。

 まあそんなような仕掛けがグーグルさま関連のサービスの随所に出てくるということで。





Googleカレンダーには、スター・ウォーズ関連のイベントが自動的に追加される
とか、
Googleは映画の公開日までに、新たなイースターエッグ(隠し機能)を仕掛ける
とか、いろいろおもしろそう…



 イカン…

 ますます渇きがひどくなりそうだ…



 禁断症状出てくる前に本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿