2015/11/02

古代エジプトにもオネエはいた? ふくよかな胸まで模した外観のミイラが実は男だったらしい件


 実は何でもアリだった!? 古代エジプト!
 青木無常でごじゃりまする。







 なんか「ちかごろの若いヤツらは」と現代の頑固じじいがいいそうなセリフが古代エジプトの遺物に書かれていたとかいう話もきいたことがあるように記憶しております。

 いまもむかしも、人間の本質なんざまるっきり変わっちゃいない。

 そんなふうに思わせる興味深い「発見」を報告した(一年以上前の(^_^;))ニュース記事をご紹介いたしますですよ。



 なんと、外観はどう見ても女性としか思えない古代エジプトのミイラが、CTスキャンしてみると実は男だった、という内容なんだそうですよ。


TOCANA 2014.06.04
【古代エジプト】宮殿の踊り子はオネエだった!? 最新テクノロジーが解き明かすミイラの謎
http://tocana.jp/2014/06/post_4217.html






 ま、ニュース記事の掲載元が、当ブログではもはやおなじみのあまりにもうさんくさすぎるオカルトサイトの「tocana」なんで、どこまで真に受けていいのやら判断つけにくいんですけど。(^_^;)



 問題のミイラは、派手なピンク色だったと思われるスカートをまとっている上、ふくよかな胸まであったそうなんです。

 さらに装飾品には女性の名前の記述も見つかっていた、と。





 だからだれもこのミイラが女性であると信じて疑わなかったらしいのですが。

 スキャンしてみたら男性だったらしい。

 ニュース記事にははっきり書かれていませんが、要するにチ○があった! …ということなんでしょかね。(^_^;)



 胸の盛り上がりとかは意図的に布を何枚も重ねてつくりだしていた可能性があるそうなんですよ。







 ただし顔に「髭の模様」が描かれていたことはスキャンする以前からわかっていた事実ではあったらしいのですけどね。



 踊り子が女装、とくれば単純で浅はかで無神経な現代ヲノコとしては

「ああ、やっぱり」

 と、さもわかった風に何度もうなずきたくなる衝動にかられてやみませんが。(^_^;)







 古代エジプトの女装した髭ヅラのダンサーが、激しいダンスを披露している姿を想像すると、こりゃもう物語の一場面のように想像力を刺激しまくりますな。



 おまけ。
 オチの一文書くため「胸 パッド」でググってみたら、こんなおもしろ哀しいニュース記事が偶然でてきた。


livedoor NEWS 2014年12月24日 18時0分
貧乳女子は胸パッドしても無意味? 問題を指摘したツイートが話題
http://news.livedoor.com/article/detail/9610686/






 たいへんなんだね…
 …貧乳って…



 胸にパッド入れて夜の裏街で全力ダンスしてくるので本日はこのへんで!
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿