2015/11/30

階段を昇ると眼前に立ちふさがる手すり、便座から手の届きそうにない位置にあるトイレットペーパーホルダー…


 つか、そもそもなんでこんなまちがいをしでかせたのか、と。
 青木無常でありますよ。







 愛読しているニュースサイトのひとつであるロケットニュースが、またまた抱腹絶倒ものの報告を届けてくれているのですよ。


ロケットニュース24 2014年4月16日
どう言い訳したのか気になって仕方がない致命的なミス41選
http://rocketnews24.com/2014/04/16/432726/


 まったくもって、どれもこれもいいわけしようのない「なんでこんなことしでかしたんだ!?」としかいいようのない粗忽かつまぬけきわまるミスばかり。


 あー、ごめんなさい。
 毎度毎度しつこいですけど、当ブログでは画像の転載は著作権の関係上行っておりませんので、あまりにもパーチクすぎて目からうろこの間抜け画像集は上のリンク先にあるニュースサイトでご覧くだしゃんせね。_(_ _)_







 上ふたつの画像は、途中で気づいて直せよ、といいたい。

 絶対途中で気づくだろうし、めんどうだからそのままつづけちゃいました感ふんぷんとただよってすらいるもん。



 窓枠と壁の穴の形が合っていないヤツも、もうめんどうだからこれでいいよね、いいや、やっちまおう的な感じの職人のつぶやきがきこえてくるかのようですし。(`▽´)



 本屋の陳列で「Macintosh」の棚にWindowsの本がならびまくってるのはまだしも。

 その下の「BATMAN」と書かれたスーパーマンの絵が入ってるリュックなんて、絵をさしかえればすむんじゃね?



 手すりが進行を邪魔する階段程度なら、手すりをくぐることでどうにかなることはなるんだけど。

 トイレットペーパーに手が届かない便座の場合は、用を足したあとに気づいてしまったとしたらもうどうしようもない! カケラも! (`▽´)







「SOTP」に至っては、どこの国の言葉だ!



 すわる側が壁に密着した背もたれつきベンチも、設置してしまうまで気づかないわけないだろ、職人!



 コップの中に取っ手がはえてるヤツなんざ、どう設計してどう成形すればこういう形のものができあがってしまうのかむしろ不思議すぎる!

 3Dプリンタならこういうミス起こりやすそうな気もするけどね。



 アフリカ大陸のプリントされた「Asia」Tシャツとか適当すぎて何もいえなくなっちゃうし。(`▽´)







 速度制限が「ZONE 70」と書いてあるせまい田舎道…

 これアメリカだったら、もしかして70キロじゃなくて70マイル!?
 マイルだったら、換算すると100キロ以上にならね!? (`▽´)



 上下逆とかタイルの位置がとかマンホールの蓋がズレてるとか程度なら、先日も報告したとおり神経質すぎなけりゃそんなに気にもならんカモしれんが(^_^;)。

 片側二車線の左側の
線に右折を支持する矢印があるのは何かのいやがらせか! としか解釈できんし…(^_^;)







 リンク先にはほかにもまだまだツッコミどころだらけの画像が山ほど。

 しかも!

「パート2」まで存在する!

 これがまた抱腹絶倒のおもしろさなので、またの機会にぜひご紹介したい! ぜひ!



 というわけでやっぱり手抜きなんかじゃないけど本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿