2015/11/18

なんか粘土の中に磁石の粒子が入っていてぐにゃぐにゃ動かせるヘンな玩具の動画


 ほかにも不思議な特性がいろいろあるようです。
 青木無常でございます。







 わしも子どものころは粘土でいろいろなものを作って遊んでいたりしたものです。

 ま、ほとんど怪獣ばかりでしたけどね。(`▽´)

 造形してはぐしゃっとこわして、また造形のくりかえし。
 飽きもせずに、なぜか熱中してましたねえ。

 不思議なもんです。



 あの当時に、こんな粘土が手もとにあったなら、私はどうしていたでしょうかね。

 磁石で動かせる粘土。


Magnetic Thinking Putty is Crazy Awesome!



 のばしたりできるのは別にふつうの粘土でも同じなんですけど、急激にひっぱると「バリッ」と割るようにふたつにできるみたいなんですよ。



 さらには、これどういう原理でなのかさっぱりわからないけど、スーパーボールみたいにはずませることも。







 で、磁石が入っているので鉄をくっつけることもできる。



 あと、首長竜みたいにうにゅ~と粘土をのばした上で磁石を近づけると、生きてるみたいにぐにゅぐにゅ動かしたりもできる。

 ここがもっとも特徴的というか、売りのポイントなのかな。







 さらに不思議なことに、ハンマーでぶったたくと、粉々にぶち壊せる!

 …これ、なんのメリットがあるのかよくわからん特性ではありますがね(^_^;)。
 ストレス発散なら皿でいいし。

 ま、不思議なのはまちがいない。







 最後に、磁石を近くにおいておくと、三十分くらいかけて勝手にぐりぐり飲み込まれていくみたいです。

 動画で見るとおもしろいけど、実際に目の前にするにはたいくつカモな。(`▽´)



 ま。  おとなであるわしらには、あまり熱中できないカモしれませんがね。(`▽´)



 なんかぐにゃぐにゃしたものがうにゅうと部屋に侵入してきたので本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~











0 件のコメント:

コメントを投稿