2015/11/19

【ネタバレ注意】“検索してはいけない言葉”を検索してみたら、という心理を逆手にとった興味深い「?」


 話題になった話なのですでにご存知カモしれませんが…
 青木無常でございますよ…



 タイトルにも記しておきましたが、ネタバレしております。
 まだ試していない、という場合はご注意を。

 ネタバレ部分を読んで興ざめしてしまっても知らんよ。( ̄ー ̄)

 怖い想いをしたくないけど好奇心は満たしたい…
 …ということでしたら、ネタバレしてから試すというのも充分にアリ、な話ですがね。







 検索エンジンはYahoo! JAPAN限定のようです。

 Yahoo! JAPANで「ががばば」と検索すると恐ろしいことが起こる。
 …のだそうです。ひひひ。

 ホラーとか心霊とかそういう系統のお話がお好きなら、さっそくYahoo!に飛んで、検索してみてくださいね。
「ががばば」と。


 この記事も予約投稿してるので、もしかしたら公開されるころには「終わって」しまっているカモしれませんが…そのときはもう実体験はあきらめてくだしゃんせ。

 以下のネタバレ部分で概要くらいは説明してありますので。







 さて、ではまずネタばれの一環として、Yahoo!で「ががばば」と検索すると具体的に何が起こるのかを実況いたしますですよ。



 まず検索窓に「ががばば」と入力して実行すると、

意味不明な音声や
あり得ない世界が見えるなど、
予期せぬことが報告されています。
と出てくる。

 …。
「あり得ない世界」…って…何…? (^_^;)

 で脅迫的に表示される「本当に続けますか?」という問いかけの下に「続ける」「無音で続ける」「やめる」の3つのボタンが、選択肢として出ている。

 最終的にどのボタンを選んでも同じページにたどりつくのですが。

 ま、もちろんここは「続ける」を選ぶでしょ。
 でなけりゃ、そもそも試してみたりはすまい。だよね? ( ̄ー ̄)

 すると何が起こるのかというと…







警告! 【以下完全ネタバレ注意】

 …まず、検索窓の「ががばば」という文字が勝手に消えていき…

 かわりに「た」から始まる文字が勝手に入力され始めていく。

 最終的に検索窓に表示されるのは

たすけてたすけてたすけて

 で、いきなり画面全体に女子高生らしき影がおぼろに浮かびあがり、窓の向こう側にでもいるかのように弱々しく画面を叩きはじめる。

 不気味で異様な音声がその背後に重なっている。

(従って、仕事中にとかにサボってこの画面を見ている場合は「無音で続ける」を選んでおいたほうがよい)

 そして不意に女子高生の肩口に出現する不気味な「手」。

 両肩に手をかけた人影が背後からぬうっと姿をあらわし、女子高生を画面の奥に引きずりこんで消えていく。

 …というような「怪奇現象」が勃発いたします。ひひひ。
 いいですなあ。







 ちなみに、検索結果そのものもこの時点で勝手にすりかわっていて

消息不明の女子高生、最後に「ががばば」と検索していた
とか
検索しないで!警察で規制を検討
とかいう文言が「ががばばに関するニュース」というおなじみの項目下に出ていたりする。

 ほかに「検索の世界から娘を助ける方法を」教えてくれという検索結果の項目も下のほうに表示されており、

高校生の娘が突然いなくなってしまいました。娘の友達によると、携帯電話で何かを調べていたようで、
云々という文言が。

 おそらく、このあたりの内容がどういう「ドラマ」であるのかを暗示しているのでしょうな。



 そのとおり。

 これはドラマの番宣のようでありまして。
 つまり単なるプロモーション。
 暗転した画面に出てくるのは

「世にも奇妙な物語25th 11月21日・28日放送」
という、これまたおなじみのロゴと予告。

 正直、見る前からだいたい予想はついてたんですがね。
 何かの宣伝のたぐいなんじゃないか、程度には。

 なにしろ、情報源は単なる噂とかではなく、ニュースだったんで。

 そのニュース記事内で「世にも奇妙な物語」の宣伝であることもきっちりにおわせてありましたし。(`▽´)


ロケットニュース24 2015年11月05日
【本気で閲覧注意】Yahooで「ががばば」って検索しちゃダメだからね! 絶対にダメだからね!! すっごく怖いことが起こるよ……
http://rocketnews24.com/2015/11/05/660198/


 でもなかなか、いやかなり凝ったプロモーションじゃないですか。

 ネットの特性を存分に活かしているというか。







 欲をいえば。

 女子高生が助けを求めている画面。

 音声とか演出をもっとど派手にしてショッキングホラー的な「怖がらせる」というよりは「びっくりさせる」たぐいの映像になってればもっとカタルシス大きくできたのに、とか思わないでもなかったけど。

 そこはもう「世にも奇妙な物語」。

 大手中の大手であることも考えれば、いろいろな意味で物議をかもしそうな「こけおどし」度が激しすぎることはできないだろうし、する必要もないのでしょう。



 で、最終的に表示される「本物」の検索画面ではトップに、問題のエピソードの予告編的な動画が表示される。

 この動画は…まあ、ふつうの出来です。


【公式】[スピンオフ動画!]世にも奇妙な物語 秋の2週連続SP



 スマホか何かで撮影されているとおぼしき、とある教室での女子高生の対話場面。

 少々強圧的で、おそらくはいじめの首謀者的な心性のある女生徒になかば強制的に「ががばば」を検索させられた少女が、突然おびえ始める。

 どうやら、すでに同じことをして行方不明になってしまったらしい友人が画面にあらわれているらしい…

 異様な雰囲気に画面をのぞきこむほかの女生徒たち。

 そこに何を目撃したのか、検索した当の本人を残してそそくさと彼女たちは教室から逃げ出してしまい…



 というような内容。







 なんか前半のベランダに不気味な人影が、とか、後半に出てくる鏡の中に「何か」が写っているとかいう噂も見かけますけど、これは深読みしすぎのようにも思えます。

 でもおもしろい。

 そういう噂自体が勝手に出てきちゃったりしてるとことかも。



「世にも奇妙な物語」は毎週やってた初期のころは見てたんだけど、だんだん見るのがおっくうになってたんで、話題になったヤツとか以外、最近は見てなかったんですが。

 こういうの見せられると、さすがに本編も見たくなりますね。

 プロモーション自体がおもしろいこともあり、いまさらながらに紹介したくなったのでこの記事書いてる次第なのでありますよ。







 放送内容は21日(土)分が「傑作復活編」、28日(土)分が「映画監督編」ということだそうです。

 ひさしぶりに録画して観てみるかな。



 なんかこれ書いてる画面から腕がにゅうとのびてきたので本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿