2015/10/14

アメノウズメの聖なる宴


 コトを行えば、子どもはできる…ハズなんですがね。
 青木無常でございますですよ。







 本日の内容は、結論とかまったく出ていません。
 あらかじめ断っておきますね。

 はっきりいって、ものすごーくいきあたりばったりだし、いつも以上にまとまりがないから。

 それがこちらの味ってもんさ。
 …ってことで。(`▽´)







 アメノウズメノミコトは日本神話に登場する神様であります。

 日本神話では代表中の代表といってもいいであろう、アマテラスの岩戸隠れのくだりに登場する立役者の一柱。

 女神アマテラスが岩戸の奥にお隠れになってしまったために、世界は暗闇に閉ざされてしまう。

 これではイカンと神々が一計を案じ、岩戸の外でにぎやかに宴会を催して女神を誘いだし、強引に引きずりだして世界に光をとり戻す、という流れとなります。







 その宴会のいわば主役が、アメノウズメ。

 具体的に行ったのは、裸で踊ること。




 よくストリップの元祖とか目されることもありますが、そんなに単純なものだったのかどうか。

 踊りの原点といわれることもあるし、日本最初の芸能、という見方もできる。

 コメディアンの元祖、という意見もありますな。







 そしてアメノウズメは、巫女の原初の形態である、とも。


メンズサイゾー 2015.02.16
【日本の風俗発祥に迫る】 風俗嬢の起源は巫女だった!?
http://www.menscyzo.com/2015/02/post_9087.html


 風俗嬢の起源がアメノウズメ、というのは短絡にすぎるような気もしないでもないですけど。(^_^;)



 ただ、日本の最高神である天照大神(アマテラスオオミカミ)をひきずりだすのに、単なるダンスや宴会ではなく、裸で踊る、という行為が強調されている以上。

 性的な事象と神事とに関係があると見るのも充分にあり得るのでしょうかね。







 ニュース記事には神話時代の巫女の役割として

巫女との性交によって神の言葉を聞く意味があったとされ、まだ金銭による対価の支払いはなかった
というトピックが記されております。



 神聖娼婦、という言葉があって私もいつかこの概念を物語にからませたいと考えてはいるのですが、これがどうもなかなか正体が見えてこない。







 アメノウズメは単純に踊っただけなのか。

 あるいは現代のストリップショーのように、まな板ショー的な行為が行われたのか。

(まな板ショーの意味がわからん場合は、ご自分で調べてね…などといってしまっていいものかどうか微妙だけどな! (`▽´))

 それは本当に当時の神事として行われていたのか。







 行為をいたしたのであれば、当然子どもが授かる可能性も考えられるわけですが。

 その子どもはどうしていたのか、とか。



 神聖な子どもとして村落共同体内などで育てられたのではないかとも考えられますが、そこまで調べてないし調べて簡単に出てくるがどうかもよくわからない。



 ニュース記事では歴史時代までの、各地を巡りながら売春を行う巫女や、定着してからも神事に近い形で行われていたらしい遊里(風俗街)にも言及されているのですが、やはり子どもができたらどうしていたのかについてはふれられていない。



 これ、もしかしたら禁忌にふれる部分…?







 たとえば物語としてなら。

 こういう神聖娼婦のもとに生まれた子どもがのちに英雄になる、という展開も考えられたりはするのですが。

 現実的に考えれば、全国を旅してまわりながら巫女として売春を行っていた遊行女婦(うかれめ)や、神事としてそれをなりわいとしていた遊里の遊女たちが妊娠したり出産したりすることって、そこまで特別なことと目されるとはどうも思えない。

 むしろこういう境遇で生まれてくる子どもなど、ありふれているとまでいえるかどうかはわからないけど、決して珍しい事象ではなかったのでは、と。

 どうにも、よくわからない。



 ついでではあるのですが、神聖娼婦について言及した興味深い記事も掘りだしたのでリンクしておきます。


COCORiLA 2012/08/07
今とは違う巫女のイメージ
http://www.cocorila.jp/article/articles.html?num=2012080701


 こちらでは西洋の事情を概観している感じですけど、やっぱり生まれてくる子どもに関する言及ないんだよなあ…







 マグダラのマリアが実はイエス・キリストの嫁さんだったとかそういうタネ仕込んでたのは『ダヴィンチ・コード』でしたっけ…?



 この手の話はおもしろいんだけど、どうもはっきりすっきり言及されていないイメージも強い。



 切りこみようがなくて困っている、というお話でありました。



 まとまりがないまま本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿