2015/09/03

アメリカン・スーパーヒーローはいかなるときでも瞬時に立ち去りすばやくコスチュームに着替えなければならない


 でないと単なる不審人物。
 青木無常でございますよ。







 不審人物、と打とうとして「不振人物」と最初に出てきてたけど、あながちまちがいでもない。(`▽´)

 さらに「不信」でも同様。



kotaku 2014.02.21 18:00
スーパーヒーローのあるあるネタは現実で真似すると不気味!
http://www.kotaku.jp/2014/02/superheroes_be_creepy_if_you_did_them.html






 ま、日本のスーパー戦隊とか仮面ライダーとかだと、悠長に変身ポーズしたりやたら長くて派手めな変身プロセス経てたりするけど。

 あれは実はコンマ何秒単位でプロセス進行てたりするっていうような設定がある(場合もある?)みたいだからね。



 でもアメリカンヒーローは事情がちがう。
 らしい。(`▽´)


Things Superheroes Do That'd Be Creepy If You Did Them



 スーパーマンが着替えてるとこ見られたら、とか。

 ふりむいたらもういない…はずなのに窓開けるのに手間どっててぐだぐだ、とか(^_^;)。

 実際起こりそうだし。(`▽´)



 しかしなにより。

 この動画のヒーロー演じてる役者(?)の小僧。

 なんかムカつく。(`▽´)







 演技がうまいってのもあるカモしらんけどね。

 それにしたって、なんかムカつく。
 特に、表情。(`▽´)



 マントつけて同僚の美人記者といっしょに空中散歩してくるので本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿