2015/09/07

ドローンが飛んできて盗撮とかされたらひっ捕まえて当局にさしだせばいいかというと…?


 どうもそう簡単にはいかないカモですよ…?
 青木無常でありますよ…?







 噴火まっただなかの火口を真上から撮影できたりと、いろいろ可能性の広がるドローンの世界ではありますが。

 国会周辺を飛ばすバカが出てきたりもしているし、意に反する盗撮などを容易に実現できそうなことも考えるとなかなか手放しには喜べない。

 かといって銃で撃ち落とせば解決、かというと日本ではそんなことしたら格段にレベルのちがう犯罪。


 そもそも銃を入手することからして困難ですしね。







 んじゃ拳銃大国アメリカならどうにかできるかというと…?


Kotaku 2014.04.20 12:00 pm
【マシンガン乱射実験】ドローンは撃ち落とすことが難しい!
http://www.kotaku.jp/2014/04/freedom_fighters_shooting_drone.html


 どうもそれほど簡単ではなさそうです…と、つづけたかったのだが(^_^;)。


Machine Guns vs DRONES - In real life



 いや、このドローン。

 最近話題のプロペラ式のヤツじゃなくって、猛スピードで飛びまわるプレーン型じゃん。(^_^;)

 たしかにマシンガンやたらめったら撃ちまくりつづけて、ようやくヒットさせてる感じではありますけどね。

 あれだけのスピードで縦横無尽に飛びまわってりゃな。そりゃ。



 やれやれ。(`▽´)







 でもまあ見てるとプロペラ四枚ついてるヤツとかも動きはなかなか機敏だし、だいたい人間って自分の目より上にあるものには気づきにくい生きものなんで。

 飛びついてひっ捕まえらることが可能な距離に近づいてきてたとしても、なかなかとっさには…



 男である私は、そんな心配さほどしなくてもいいだろうし、実際それほど危惧しているわけではないことは先日も言及済ではありますがね。(^_^;)







 でもまあ、便利以外の側面も考えあわせると、われわれは不気味な世の中に生きているって点は間違いなさげ。



 夢で浮遊していろいろ覗いてくるので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿