2015/07/17

意志の弱さがあなたのダイエットを妨げている…わけではない。習慣と報酬系のメカニズム


 だからこうすればダイエット成功! という話ではいまひとつ、ない。
 青木無常でごじゃる。



Amazonリンク




 いや、脳のメカニズムから、意志というリソースには限りがある、という話ではあるらしい。

 で、意志の力でダイエットを継続させようとしても無理がある、とも。

 だからどうすればいいか、というところまできちんと書いてある。
 書いてはあるんだが…



 という内容のニュースを本日はご紹介いたしますですよ。


lifehacker 2013.05.25 18:00
ダイエットが続かないのは脳が邪魔しているから:解決策はたったひとつ。
http://www.lifehacker.jp/2013/05/130525braindiet.html


Amazonリンク




 まず意志決定には脳への負担が大きい。らしい。

 で、脳は負担を軽くするためにプロセスをできるだけ自動化しようとする。

 その自動化こそが、習慣。



 この習慣の形成には報酬系が活用されている。

 すなわち、ほんのわずかなドーパミンが脳内で分泌されている、と。



 このメカニズムで習慣が確立して脳は労力を省き、いざというときのためにエネルギーを貯めたがるものなのだ、ということであります。



Amazonリンク




 意志の力でダイエットを成功させようとしても、おのずとそこには限界がある。

 まあダイエットに限った話でもないんでしょうな。



 とにかく、何かよい習慣を身につけたいなら、意志の力頼みではなく報酬系を利用すればよい、というのがこのニュース記事の結論…のようなのですが…

ごほうびは、「遠い未来の痩せた自分の姿を思い描く」程度では不十分です。習慣の行動をとった直後に、具体的な形でもたらされなくてはなりません。つまり、長い目で見て体重をコントロールするには、心からおいしいと思える健康的な食べ物や、やっていて楽しい運動を見つけなくてはならないのです。さらに食事も運動も、手間がかからず、手近にあるものでなくては続きません。
 …とつづく。いや。まあ。そのとおりです。
 そのとおりなんだけど…(^_^;)



Amazonリンク




 で、苦しいダイエットはやめて楽しい長続きするダイエットをやりましょう、てな話なんだけど、その具体例として掲げられているのはたったの二例。

 とてもおいしくたったの2分で作れる朝食。
(詳細が知りたければ上のリンクからニュース記事でご確認をどうぞ)。

 あるいは、毎日1万歩以上歩くことにチャレンジ。


Amazonリンク



 要するに、無理のない目標を立てて達成していこう、という話。

 しごくまっとう。

 しごくまっとうなだけに、当たり前すぎるといっても過言ではない話でもあると思うのは、私だけか!?

 まあたしかにビデオゲームに没頭することと、毎日一万歩以上歩くことを日々達成していくことは同じメカニズムの発露なのカモしれないけど…(^_^;)。



Amazonリンク




 さらに最後に

私たちの脳は、すぐに容量オーバーになってしまいます
とつづく。
 だから一度にたくさんの習慣を作ろうとするとやっぱり無理が出てくるよ、と。


Amazonリンク



 具体的には2つ3つにとどめておいて、そこから積み上げていくのがよろしいよ、と結論づけています。

 習慣が根づくまでには平均して2ヶ月程度(それもまちまちなんだとか)。

 だから、簡単なものから無理なく始めて、徐々に増やしていきましょうね、というところに着地するわけです。



Amazonリンク




 …うん。

 なんかやっぱり、意志の力いりそうな気がするのはわしだけか…!? (`▽´)



 眠いからもう寝ちまうので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿