2015/07/30

緑色したトカゲ型エイリアンのハン・ソロと闇の皇帝ルークが活躍する“もうひとつの”スター・ウォーズ


 いや、ホントだってば。ホントにジョージが…
 青木無常でおじゃる。







 スター・ウォーズに限らない。

 いろんな映画に初期アイディアというものがあって、紆余曲折の上おおはばに変容した結果、公開された形に、というお話。


kotaku 2014.05.06 09:00 pm
製作初期では全く違うストーリーだったSF/ファンタジー映画12選
http://www.kotaku.jp/2014/05/12beloved-movies-that-were-originally-about-something.html


 だからホントだっつっただろ? ん? (`▽´)







 ニュース記事には12編の映画の初期アイディアが記載されていて『ジュラシック・パーク』とか『未知との遭遇』、『メトロポリス』など興味深い映画もあるけど、また冗長になっちまうので今日は目玉の『スター・ウォーズ』だけな。

 ほかのはリンク先の内容で楽しんでくだしゃんせ。_(_ _)_






 さて、ジョージが73年に映画雑誌のインタビューに答えた内容。

『スター・ウォーズ』は、

『アラビアのロレンス』と『007』、そして『2001年宇宙の旅』を掛け合わせたような
 内容になる予定だったらしい。





 黒澤明の名前は出てなかったんだねえ。

 スター・ウォーズのイメージ元には『隠し砦の三悪人』とかも含まれているという話は有名だと思うけど、ジョージが披露していた初期アイディアはそれらとは似ても似つかぬ異様な内容。

 これはこれでけっこうおもしろくなりそうな予感もなくもないけどな。(`▽´)







 さらにこういう初期設定も披露されている。

宇宙人が正義の味方で人類が悪役であり、ルークはウーキー族の長との戦いに勝利して、一族の長の息子として認められる予定だったとか。そしてベン・ケノービとハン・ソロが、帝国軍と戦うためにウーキーを鍛える
とかいう、なんだかわけのわからん内容だなコレ。

“人類”を帝国におきかえるとややましカモ…。

 いずれにしても、公開された内容とはかけ離れすぎ。すげえな。(`▽´)







 まだあるぞ。

ルークの初めの設定は凶悪なキャラクター設定で、ハン・ソロにいたっては緑色したトカゲ型エイリアンだった
とくるのだから唖然。

 やっぱハン・ソロ船長はハリソン・フォードでよかったよなあ…。(^_^;)



 緑色のエイリアンが窓の外とおりがかったので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~












0 件のコメント:

コメントを投稿