2015/07/21

スケールアップ? 思考停止の間違いじゃないのかとしか思えない『マジすか学園5』の概要発表


 あきれてものもいえません。
 青木無常でございますん…。







 ていうか、ものをいう気力すらわいてこないあまりのひどさ。

 気力がわかないので、事務的にいきます。



ITmedia LifeStyle 2015年07月17日 22時10分
Hulu、「マジすか学園5」全10話を独占配信――初回放送は日テレが最速
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1507/17/news150.html


Walkerplus 2015年7月17日 8時00分
「マジすか学園5」は“マジでヤバすぎ”巨大抗争劇!
http://news.walkerplus.com/article/61851/







  ☆公開された概要


 とりあえずまずは概要を箇条書きにします。

・「マジすか学園5」全10話は動画配信サービス「Hulu」にて独占配信
・1話と2話のみ8月24日に日本テレビ(関東地方のみ)で放送
・主人公は「ソルト」(島崎遥香)



  ☆ストーリー



ソルト(島崎遥香)さくら(宮脇咲良)の頂上決戦から数カ月後…。
マジ女ではラッパッパ四天王
バカモノ(川栄李奈)をのぞいて留年し、さくらが副部長に。
チーム火鍋カミソリ(小嶋真子)ゾンビ(大和田南那)らも
“てっぺん”を見据えながら変わらぬ日々を過ごしていた。

以上、日本テレビ公式ページから引用






 そんな中

激尾古高校のアントニオ(山本彩)がヤクザ組織に捕えられ、ソルトが1人で乗り込む

同、Walkerplusより


 このあとの状況が明記されているところが見当たらないので推測しておくが、ソルトは無事アントニオの救出に成功した模様。

 激尾古高校と矢場久根女子商業高校はマジ女つぶしをもくろんで連合を組織していたが、激尾古のこびー(渡辺美優紀)はアントニオを助けられた義理から会合で「事情が変わった」と告げる。

 もちろん矢場久根側は激昂、単独でマジ女つぶしに突入。

ヤクザ同士の抗争に加え、警察マフィアまで巻き込む怒涛の展開!
絶体絶命のマジ女に、黒い影が忍び寄る!!

同、日本テレビ公式ページより







 以上。



 制作陣はものを考えることを放棄しているとしか思えないのだが、放送前で確たることは何もいえないし、疑問に感じる点のみ駆け足で記しておく。



  ☆島崎単独主演は時代を逆行させるキャスティングにならないのか?


 前作では名目上、宮脇との「W主演」、実質的には宮脇の単独主演と断言してもいい立ち位置だった。

 島崎が宮脇に劣る、という話ではなく、物語の構造上の話である。

 島崎が実質的な主演の位置に立つことまではよしとしても、宮脇を主役の座からおろす意味が不明。





 前作は完全に「宮脇さくら」というキャラの成長物語としての体裁がとられていた。

 巨大な壁に阻まれて勝利することはできなかったが、なお「さくら」の成長はつづく、というのが終盤の状況である。

 その「さくらの成長物語」をリセットしてまで、島崎単独主演にする意味が不明。

 熱演した宮脇もいいツラの皮である。
 抜擢に応えきれなかったともいえまい。
 むしろ充分以上に宮脇は活躍していた。
 ドラマでも、その他の場でも。





 その宮脇のモチベーションを落とすおそれまでおしてなぜ、あえてこのキャスティングにしたのか。

 まったくの謎。

 制作側や48グループの運営等にもメリットがあるとは思えないのだが…



  ☆無意味なスケールアップ


「スケールアップ」の内容に、話題性以外の利点が見当たらない。

 現実路線でいくなら地下AVでしか流通できないようなハードエロな内容にならざるを得ないのでそれはあり得まい。

 となればマジ女側が暴力団やマフィア(?)、警察などを向こうにまわして大暴走、とかそういう方向での展開しか考えられないのだが、そもそもその必要がまるでない。

 ファンが自分の応援するアイドルと男優との競演を喜ぶとは思えないからである。

 地上波ですら放送されない以上、視聴者はほぼファンだけで占められるだろうことは考えるまでもない。

 この内容で一般層を動画配信サービスまでひっぱることはとても期待できない以上、48グループ以外の、しかも役どころにふさわしい年代の男性を役者に加えるメリットもない。

 というより、デメリットしか考えられない。

 従ってこの「スケールアップ」は無意味どころか有害としか思えない。



  ☆主要登場人物の引っ張り感


 前作『マジすか学園4』の主要キャラは、今作でもほとんどすべてスライド式に継続登板される模様。

 この部分は賛否両論わかれるところかもしれないが、個人的にはNG。

 宮脇の後退にもみられる部分だが、新しいメンバーの活躍の場が奪われる起用には首肯できない。

 ただでさえとっちらかって収拾のつかなさそうなストーリーラインなのに、前回のレギュラーがほぼ連続登板となるとフレッシュ感も損なわれる。

 さらに前田敦子や大島優子まで駆り出してくるとなると…

 下手をすれば世代交代に失敗したと世間に公言しているかのごとき効果まで出てしまいかねない。

 総選挙の投票数の伸び率からしてもそんなことはないはずなのだが。


  ☆新キャラ・新勢力


 公式サイトでは新キャラとして兒玉遥が(やや)目玉的に扱われている。

 この部分は歓迎したいが、ストーリーラインやヘッドでピックアップされているわけではない点が気になる。

 公開されている写真でも、銃をかまえた宮脇とならんで、さらし姿の兒玉はかなり目を惹くだけに…







 さらに名前のみしか出てきていない田野優花も。

 役どころが決まっていない、といったところなのかもしれないが、このとっちらかったストーリーラインで新しいキャラを有効に適用できる隙間が果たして存在するのか…激しく疑問と危惧を感じざるを得ない。

 前作においても、豊富すぎる人材のあまりにも場あたり的かつやっつけ的な(非)活用は目に余るひどさだったが…同じ愚をくりかえすつもりなのか。

 というより、そこまでだれも考えていないとしか思えないのだが…






  ☆矢場久根勢


 また前作『マジすか学園4』の最終回では矢場久根からゲッコウ(永尾まりや)が、カイブン(武藤十夢)やルーキー(川本紗矢)を引き連れてマジ女に乗りこんできていた。

 が、どうやらゲッコウの上にヘッド(谷口めぐ)というキャラが存在する模様。

 ヘッドというからには、永尾をおさえての矢場久根トップに君臨する役柄だと思われるが、谷口は現時点ではドラフト2期を除けばもっとも新人にあたる15期生の一員。

 謎ではある。

 現時点ではこの抜擢にふさわしい大物感が谷口にあるとは感じられない。

 ただし、永尾がトップでも年功序列以上の相応さはないため、野次馬的には特に問題は感じられない。





 むしろまったく未知数の谷口めぐという存在が予想外の活躍をする余地がある、という点に関しては大いに歓迎・期待したい部分ではある。

 ただし、谷口の出現にともない川本紗矢の立ち位置がナンバースリーから雑魚キャラに降格した可能性大。

 これまた時代に逆行する流れのひとつ、とも…いや、谷口の抜擢はもちろんいいんだが。






  ☆現時点での期待値は「0」に近い


 正直な話、現時点での内容では動画配信サービスに入会してまで追いかけたいコンテンツとは考えがたい。

 もちろん地上波での放送は見るので、そこで激烈なおもしろさが見られるかどうかが鍵となる。







 現時点での情報とこれまでの実績をみるに、それを期待できる目はまったくうかがえない。

 不安しかない。



 感想は抑えるつもりだったが、どうしても噴出してしまいますな。(´ω`。)
 いやはや…。



 修学旅行のキャスティングとかとも、どう折り合いをつけるのか無視するのかってあたりもやっぱり不安しかないんだよなあ…。



 ぐちぐちしててもしかたがないし本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~





マジすか学園関連記事:
「マジすか3」放映前 AKB48主演ドラマ「マジすか学園3」7月スタート! 今回の主役は島崎遥香!
「マジすか3」放映前 マジすか3は完全リニューアル?
「マジすか3」第一話 マジすか学園3 むっちゃおもろい!
「マジすか3」第二話 マジすか3があいかわらず絶好調で楽しいです
「マジすか3」第三話 マジすか3 第三話は若干不安……
「マジすか3」第四話 マジすか3第四話「1ダースの涙。」は……「ん?」
「マジすか3」放映中 チームマングースの意外な面々
「マジすか3」第五話 マジすか3の第五話、ますます判断つかなくなったが、おもしろさはパワーアップ
「マジすか3」第六話 「マジすか学園3」第六話。もう混沌としかいいようがない。おもしろいけど(^_^;)
「マジすか3」第七話 「マジすか学園3」第七話 んん、なんか雲行きが……
「マジすか3」第八話  とうとうきちまったかも……「マジすか3」の失速。
「マジすか3」第九話 演出の妙に救われた第九話―「マジすか学園3」(ネタバレあり)
「マジすか3」第十話 いやはや、予想もつかない展開だ>「マジすか3」第十話で驚きの構成内容が明らかに
「マジすか3」第十一話 奇妙にセオリーに沿って展開する「マジすか3」第十一話
「マジすか3」第十二話(最終回) カタルシス不足で意味不明な最終回>『マジすか学園3』
「マジすか4」放映前 緊急特別企画! AKB48G総出演のテレビドラマ「マジすか学園4」始動! メンバー一新でラッパッパひきいるマジ女が帰ってくるぞ!
「マジすか4」放映前 マジすか4放映記念! シリーズ過去三作をふりかえる! 第一弾は前田敦子主演の力作『マジすか学園』
「マジすか4」放映前 主役不在で焦点皆無、ストーリーも迷走しっぱなしの超駄作『マジすか学園2』
「マジすか4」放映前 物語の王道に沿って展開しながら設定の稚拙さに引きずられて満身創痍のまま終焉を迎えてしまった『マジすか学園3』の悲劇
「マジすか4」第一話 いよいよ開幕!『マジすか学園4』周りを固める個性派群はかなりよし! そして主役は…?
「マジすか4」第二話 激突! 一年生最強コンビ、ゾンビ&カミソリvsさくら-「マジすか4」第二話ネタバレあらすじ&レビュー
「マジすか4」第三話 さくらvsヨガで生まれた二つのコンフリクトに対する不安と期待-『マジすか学園4』第三話ネタバレあらすじ&レビュー
「マジすか4」第四話 四天王二人目「バカモノ」と決着!…ってペース早すぎねえ?-『マジすか学園4』第四話ネタバレあらすじ&レビュー
「マジすか4」第五話 マジックvsさくら! 幻惑の魔術師にさくらはどう戦うのか? 『マジすか学園4』第五話ネタバレあらすじ
「マジすか4」第5話レビュー なるほどの展開で楽しみが一気に増大したが、尺不足が惜しすぎる『マジすか学園4』第5話レビュー
「マジすか4」第六話 さくらつぶし決行! vs凶悪コンビ、シロギクとクロバラの恐怖『マジすか学園4』第六話ネタバレあらすじ
「マジすか4」第6話レビュー 卑怯!vs定番・王道のカミソリ・ゾンビ! 超復活に歓喜もしきりの『マジすか学園4』第6話レビュー
「マジすか5(仮)」勝手にストーリーを製作! 第1話 あれま!『マジすか学園4』放送休止につき緊急特別企画! ストーリーを勝手に製作!『マジすか学園5』!
「マジすか5(仮)」勝手にストーリーを製作! 残り概要 『マジすか学園5』! のストーリーを勝手に製作! 第二話以降の展開を駆け足で勝手に補足! 敵ラスボスは兒玉遥!
「マジすか4」第七話 やっぱりどうも早すぎね? 「おたべ」とも決着『マジすか学園4』第七話ネタバレあらすじ
「マジすか4」第7話レビュー 展開が直線的すぎて起伏に欠ける『マジすか学園4』第7話レビュー このままでは盛り上がりを期待し難く不安が増幅…
「マジすか4」第八話 こんな「意外な展開」は腰砕けだ(´_`。)『マジすか学園4』 第八話 ネタバレあらすじ
「マジすか4」第8話レビュー とにかく「こびー」の扱いが小物感加速しっぱなしでどうしようもない『マジすか学園4』第8話レビュー
「マジすか4」第九話 「アントニオ」のキャラ造形で超復活!『マジすか学園4』 第九話 ネタバレあらすじ
「マジすか4」第9話レビュー この出来不出来の振幅はいったい何なのか…『マジすか学園4』第9話レビュー
「マジすか4」第十話 ついに決着! さくらvsソルト…『マジすか学園4』 第十話(最終回) ネタバレあらすじ
「マジすか4」第10話レビュー リアルかつ「どっちつかず」の結末は狙ったのか否か『マジすか学園4』第10話(最終回)レビュー
「マジすか5」放映前 スケールアップ? 思考停止の間違いじゃないのかとしか思えない『マジすか学園5』の概要発表

 







0 件のコメント:

コメントを投稿