2015/07/08

夏のキャンプに一味ちがった「吊りテント」で一夜を過ごすのはどうか?


 はあ? そのとおり! 夏の娯楽にゃ私ゃ無縁!
 青木無常でございますよ!



Amazonリンク




 海?
 バーベキュー?
 キャンプ?

 そんなもんもう何十年も触ったことすらござんせん。



 まあそんなことはともかく( ̄ー ̄)、先日は(日本では発売されてすらいないらしい)「芝生ハンモック」なる気持ちよさげなアイディア商品をご紹介いたしました。



Amazonリンク




 本日のも、それに負けず劣らず気持ちよさげ。

 その名もずばり「ハンギングテント」!


GIZMODO 2014.08.04 10:00
休日はこの中で過ごしたくなるハンギングテント
http://www.gizmodo.jp/2014/08/post_15182.html


Amazonリンク




 まあ説明の要もありますまい。

 樹の枝か何かから吊り下げるテントであります。

 ニュースサイトの中で紹介されているシロモノはオーダーメイド品、ということで、価格も60万以上から、と、あまり現実的ではありませんが(^_^;)。

 まあこの中で過ごすキャンプの一夜はなかなか快適そう。

 ニュース記事中に掲載されているホオズキみたいな形の白いテントは見た目もかなりラブリーで、こんなのがそのへんに吊るされてたりした日にゃあ、ついつい入ってみたくなることうけあいですな。



Amazonリンク




 まあ、二、三人で入ったりしちゃったら、一人が動くたびにテント全体が不安定に激しく揺れたりしそうなので、中の人間が落ち着くまではかなりの騒ぎがまきおこるであろうことも容易に想像がつきますけどね。(`▽´)

 だいたいこういう状況って、入れかわり立ちかわりだれかがトイレにいったり何かをとりにいったり、突然なんの前触れもなくしかも意味もなく立ちあがったり暴れたり…

 …といった状況がつづいてゆっくり寝られる時間なんざかなり夜もふけないと訪れなさそうだったりしそうですけど。(`▽´)

 そういう状況自体がこれまたキャンプとかの楽しさでもありますしね。



 そんな騒ぎの余韻でゆらめくテントの中、灯りを消してうとうとする時間を想像するだけでもう…



Amazonリンク




 で、オーダーメイド品だから調べても無駄かな、と思いつつAmazon検索してみたら…

 …なんと!
 似たようなものが見つかりました。(`▽´)



Amazonリンク




 外観は三角形基本で、これならより安定性は増すのかな。

 ただしこれはどう見ても一人用ですがね。
 ま、一人用なら一人用で、これまたなかなかよさげ。



 あと、蚊帳つきハンモックなんてシロモノもついでに出てきたりしましたよ。



Amazonリンク




 ハンモックとテントの中間みたいなモノも。



Amazonリンク




 調べりゃいろいろ出てくるモンですなあ。(`▽´)



 ちょいと空想上で揺らめきながらまどろんでくるので本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク










0 件のコメント:

コメントを投稿