2015/06/14

演奏というよりは格闘技のようなパフォーマンスを期待したいヤマハのドラム「RAIJIN」とマリンバ「FUJIN」


 だって正直、演奏しづらそう。極端に。
 青木無常でございますよう。



Amazonリンク
 



 まあ私はドラムもマリンバも演奏しないので正直、よくわかりませんがね。



 というわけで、さきごろフランスで開催されたイベント(?)で、わが日本のあのヤマハが、とてつもなく革命的なデザインのドラムとマリンバを発表しました。

 いや…革命的かどうかは現時点では不明ですが…(^_^;)


BIGLOBEニュース 4月16日(木)14時36分
まさに神の楽器!ヤマハの楽器とバイクのデザイナーが入れ替わって作ったプロトタイプがすごい!
http://news.biglobe.ne.jp/trend/0416/blnews_150416_1313387232.html


Amazonリンク
 



 その名も「RAIJIN (GOD OF THE THUNDER)」!

 なんと!
 球形のドラムセット。
 360度、全部ドラム!



 どう考えても、演奏する楽器としては使いにくそうにしか思えない! (`▽´)


RAIJIN (God of the Thunder) - project AH A MAY


 実際、動画で見る限りでは演奏としてはたいしたことしてないよね、これ。

 演奏としての利便性よりは、パフォーマンスとして使用したほうがよさげな気がしますね。

 縦横無尽に上下前後左右のドラムをがんがん叩きまくる姿は、まさしく格闘技!

 かなりかっこよくできるぞ!

 その上、演奏としてもクオリティ高かったりした日にゃ、たちまち伝説の誕生だ!



Amazonリンク
 



 もちろん、雷神があるのだから風神もあります。
 てか、ムリヤリ作成した感が濃厚な気が…(^_^;)

 マリンバのほうがその「FUJIN(GOD OF THE WIND)」。

 動画埋め込みすぎると重くなりすぎるので、こちらはリンクだけね。


FUJIN (God of the Wind) - project AH A MAY


 こっちは螺旋、つーか二重円状に演奏者を囲んだマリンバってだけ。

 見た目も演奏もさして衝撃力なし。

 やっぱ雷神があるなら風神もつくらなきゃ、的な作品だなこりゃ。
 たぶん。(`▽´)



 大量の音階を効率的に配置できるカモ、とか思ったけど、円く囲む必然性がいまいち感じられないし。



Amazonリンク
 



 ま、実際これらが市場で一般化するかは大いに疑問。

「RAIJIN」あたりで突出したパフォーマーでも出てくれば、勇名は馳せるっつーところでしょうね。



 おもしろいけどさほど期待はしていないので本日はこのへんで!
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク
 







0 件のコメント:

コメントを投稿