2015/06/29

聖徳太子はいなかった! とかゆわれても…


 なんか最近の教科書は内容がかなり変容している?
 青木無常でありますよう。



Amazonリンク




 聖徳太子って、最近の研究じゃ実在していたかどうかすら怪しいって話も出ているらしいんですよ。

 信じられます?

 ま、最近の若者の範疇に入るんであれば、むしろわしらの常識が異様以外のなにものでもないんじゃろうが…(^_^;)


マイナビウーマン 2014.12.29
「実は違ったかも……」といわれている日本の歴史の出来事5つ「聖徳太子はいなかったかも」「士農工商はなかった」
http://woman.mynavi.jp/outline/141229-160/

 



 ついていけねえ。
 マジ、ついていけねえ。(´_`。)



 わしらの信じこまされていた常識の、なんと脆弱なことか。

 てか、常識なんざいつ覆るか知れたもんじゃねえぜへへん、とか粋がってるつもりでも、いざそれが覆されるとどうにも頼りないこの感覚。



Amazonリンク





  ☆厩戸王は聖徳太子ではなく、そもそも聖徳太子そのものが…?


「十七条憲法」や「冠位十二階」を行ったのは厩戸王。
 というのはここでは否定されていません。

 が、その厩戸王=聖徳太子、という従来の「常識」そのものが怪しいらしい。

 聖徳太子が実在しなかったかも、という話もあるそうですが、さらにわしらの世代にはなじみの深い旧1万円札の聖徳太子像そのものが、別人だという可能性まであるのだとか。

 えええ?

 お札自体のデザインかわってからずいぶん経つことは経つけどさ。

 いまさらそんなことゆわれても…



Amazonリンク
 
どっちやねん! (^_^;)




  ☆鎌倉幕府は「いい国」ではなく「いいはこ」?


 なに、「いいはこ」って。
「いいくに」のほうが語感もイメージも合ってるけど。

 鎌倉幕府の成立そのものが段階的だったから、1192年ではなく1185年のほうが最近では有力視されているんだとか。

 いっそ「1185年~1192年」とかにしたら?

 もともとそんなあいまいな話を、むりやり暗記させられていたわけですな。わしらは。

 最低。



Amazonリンク





  ☆長篠の戦いの「三段撃ち」は物理的に不可能?


 という説が出ているそうですよ?

 信長の独創を伝えるエピソードとしてしょっちゅう出てくる逸話ですな。

 火縄銃はすぐには撃てないから、三列で交代しながら撃たせて画期的な戦火をあげさせた、とかそういう文脈だったように記憶していますが。


Amazonリンク



 そもそも三列交代ですら難しい、ということなんでしょうかね。

 んじゃ、わしらが得々と教えられてきた逸話って、なにが根拠だったんでしょうかね。
 その根拠になった文献そのものの信憑性も、大きくゆらいできかねない話なわけだし…



Amazonリンク




 そのほかにも。

「士農工商」の序列認識が誤っていたものだったと最近ではされているそうで、もう教科書にはその文言そのものが載っていないだとか。

『慶安御触書』(けいあんおふれがき)は徳川幕府が出したものではなかったのカモ…とか。



Amazonリンク




 わしらが習ってきた「常識」にも典拠なりなんなりあったはずですが、その「拠」そのものが当てになるものとは限らない、という、まあ考えてみれば考えるまでもなくあたりまえっちゃああたりまえな話。

 そもそも教科書に記載されている内容自体が、だれが何を参考にして書いたものやら知れたもんじゃない。



Amazonリンク




 ま、典拠なんざいちいち記載された日にゃあ、子どもの脳みそには明らかに容量過多なんだろうことも容易に想像はできますがね。

 その想像そのものすら、もしかしたら…?
 …てな想像は過多すぎる想像なんでしょうかね。(`▽´)



Amazonリンク




 お子さんがいらっしゃるなら、その教科書とかの中身がわしらの若いころとどれだけちがうのか比べてみるのも、おもしろいカモしれませんのう。

 ま、わしらが子どものころに詰め込まれたことどもを、きちんと覚えていることが大前提じゃがな! (`▽´)



 覚えてないことが露呈しないうちに本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿