2015/06/15

独創と革新につながる5つの思考法 ポイントは「枠を外す」ではなく「枠の中で考える」


 つか、そもそも「枠」の内外の定義って?
 青木無常でごじゃりまするん。



Amazonリンク




 独創的な思考って、枠を外さなきゃ出てこないってなイメージが強いけど、逆の発想でないといけないよとおっしゃってる人もいるんです。

 とかゆわれると「ん?」てなりますよね?

 そんな“独創的”な「枠の中(インサイドボックス)」つまり「制約の中」で考えるべきだとする「創造的思考法」についてのニュース記事をご紹介いたしますよ。


lifehacker 2014.06.04 07:30
創造的思考法のポイントは「枠の中で考える」
http://www.lifehacker.jp/2014/06/140604book_to_read.html






 なんつーか、枠の中でないといけないなんて思考法自体がユニークに感じられてしまうのが不思議。
 具体的には

私たちの考えはその正反対だ。イノベーションの数を増やし、その質とスピードを高めるためには、一定のヒナ型にのっとって、勝手知った世界の内側で──つまり枠の外ではなく<枠の中(インサイドボックス)>、すなわち制約の中で──考えるべき
というのが、このニュース内で紹介されている本の著者の考えのようです。





 まあとはいえ、紹介されている5つの「思考法」、必ずしも「枠の中」とはいい切れないものもちょくちょく混じりこんでいる感じではありますがね。

 というよりは、そもそも枠の「内外」ってどういうことよ、という方向にいきそうではある。



 まあ内であれ外であれ、創作者にとっては気になるお話であることはまちがいないので、具体的にはどうすればよいかも抜粋しておきますね。ふふふ。








  ☆引き算


 これはまさしく「枠の内」でよろしいでしょうな。

 具体的には、カセットテープ時代に一世を風靡したソニーの「ウォークマン」(現在のウォークマンとはやや別物)を例に出し、

エンジニアたちは小型化を実現するために、それまでのカセットレコーダーからスピーカーと録音機能を取り除いた。スピーカーの機能はヘッドフォンで代替させたが、録音機能をなにかに代替させることはしなかった
というのがその骨子としてあげられている。にゃるほど。








  ☆分割


既存の構成要素を分割し、一部を分離して用いることで、創造的な製品やサービスが生まれるケース
とのことですが、わかりにくいですよね。
 具体例として、LIVE録音ではなくスタジオ録音の場合の「レコーディング」があげられている。

 スタジオ録音の場合はバンドを構成するミュージシャンが一同に会して行うわけではなく、ヴォーカルやギターやベース、ドラムなど個別に録音したものをエンジニアが編集・調整して「再構築」している。


Amazonリンク



 これによって作品の「完成度」がよりあがる、ということをさしている。らしい。にゃるほどにゃるほど。

 ん? クラシックとかは?
 一人一人録音してたら、とんでもない時間と手間がかかるよね…(`▽´)

 野暮なツッコミかな。
 それとももしかして、クラシックの分野でもパート別とか個別に録るのがスタンダードになってたりするのかな。



Amazonリンク





  ☆掛け算


 このあたりから「枠の内」? 感が出てくる。
 とはいえ、まあけっこうどうでもよくなってきてもいるけどね。(^_^;)

 何を掛けるのかというのがやっぱりよくわからないけど、これも具体例に当てはめると何となくわかるようなわからないような…(^_^;)


Amazonリンク



 P&Gの「ファブリーズ・ノーティサブル」を例にあげ、

時間的な間隔を置いて、二種類の香りを交互に放出するようにしてはどうか? その部屋にいる人の鼻が一方の香りに慣れてきたころに、もう一つの香りに切り替える。それをくり返せば、利用者が一日通して香りをはっきり感じられるようになる。
 んん…やっぱりわかったようなわからないような(^_^;)。
 てかそもそも、これ「掛け算」なんだろうか…?



Amazonリンク





  ☆一石二鳥


 これ「足し算」ってことなんじゃないの?
 というツッコミはおいておいて。

 まずは具体例を。
iPhoneが驚異的な成功を収め、画期的なイノベーションを生み出せたのは、使い勝手のよさや独創的なデザインのおかげではないし、複数の機能を一本化させたおかげでもない。携帯端末市場に激変を起こし、アップルにライバル社を何年も引き離す優位を与えたのは、iPhoneのアプリ、もっと言えばアプリの開発と販売の方法だった。
…単純に「足し算」とは断定できないか。


Amazonリンク



 要はアップルがiPhoneアプリの開発ツール一式を配布している点が肝らしい。

 内部でだけやってブラックボックス化せず、外部に開いて利益につなげる、ということなのかな。

 となると、iPhoneよりは Linuxのほうが先駆者だと思うんだが…

 まあポピュラリティを考えればこれもLinuxなんぞかつぎ出すほうがどうかしてるってことかいな。



Amazonリンク




  ☆関数


 いやはや関数、とかゆわれるともう見当もつかなくなってくる。(`▽´)

 無関係な複数の要素を連動させることによって革新につながるケースを想定しているらしい。

 具体例は、ドミノピザ。
 従来は定額だった宅配ピザを、30分以内の宅配時間という制限を設けることによって新しい展開につなげたことをさしている。
 らしい。(`▽´)


Amazonリンク



 にゃるほど。

 まあこれって、宅配時間が遅かったりしてピザ冷えきってたりすると当然クレームになってたわけだから、それをサービスに結びつけただけだよね。

 それを「関数」とやらに結びつけるのは…やっぱりよくわからんわ。(`▽´)



Amazonリンク




 まあでも思考の筋道としては、未知の領域を手さぐりで進むよりは指針がつけやすいのはまちがいなさげですな。



 何か独創を生み出したいなら試してみては、といったところでしょうか。



 独創してくるので本日はこのへんで。( ̄ー ̄)
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿