2015/06/09

自動化社会の分岐点


 働かなくてもよくなるとしたら、それは理想郷?
 青木無常でございますよ。



Amazonリンク




 個人的には、人と関わらずにすむ社会こそ、余命いくばくもない人間としての理想郷ではあります。

 で、喰うために働かなければならない現実は地獄。

 従って、人間が働かなくても生きていける社会が実現するとしたらそれは私にとってはかなりの理想郷であることにまちがいなし。

Amazonリンク



 生きがいがどうこういうほど、退屈している暇なんざないです。

 やりたいことは山ほどある。
 世にいう“非生産的”な状況も含めて。



Amazonリンク




 で、こういうことを私がいいだすきっかけとして、自動で世の中が回転していくシステムの現実化(の予兆)が関わってくる。

 以前ここで書いた「青木無常の不思議体験2(?) 自動化社会の未来」という記事では、運転者不要の「グーグルカー」というものをご紹介いたしました。


A First Drive



 グーグル一社が動いているのみの状況だと、グーグルグラスの失敗とかと類似の道楽かどうかが怪しい部分ではありましたが。

 なんかほかの企業にも動きがあるらしい。
 たとえば、グーグルとならぶ企業といえば?


GIZMODO 2015.05.21 16:30
アップルは、やっぱりたぶん絶対おそらく電気自動車を作ってる!
http://www.gizmodo.jp/2015/05/post_17163.html


Amazonリンク




 アップルが参入するとなると、なかなかおもしろいことになるカモ?



 さらには、


R25.jp 2015.05.20
IT企業が続々開発の自動運転車
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20150520-00042292-r25


 なんでIT企業ばかりがこの分野に、という疑問は残りますけどね。
 なんでなんだろ。

 あと、ロボットタクシー、ロボットバスとなると容易に想像できる問題点がいくつか。
(この点に関しては次回ふれる予定)



Amazonリンク




 自動車業界はこのままでは乗り遅れる、という警鐘めいた記事も見たことありますが、実際どうなのかはよくわからない。



 ともあれ、法整備とかそういう方向がネックというかキーになってきそうですけど、こういう話も実は。


R25.jp 2014.07.17
2024年未来予想図・生活編
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20140717-00037130-r25&vos=nr25bn0000001


Amazonリンク




 専用レーンで運用スタート。
 という、これは噂? それとも現実にそういう話が動いているのか?

 ともあれ、10年後には本格的に導入されるカモ? というような内容の話が。



 東京オリンピックに向けて、いろいろな話が急ピッチで(半面、無理なペースで?)加速すればたしかにあり得ない話ではないのカモ、とも思えることは思えます。

 まあ国立競技場の屋根がまにあわないとかで、屋根なしで開催されるとかいう腰砕けな話も見かけましたが(^_^;)。



Amazonリンク




 未来予想図の記事では自動運転車のみならず、ほかの部分でも自動化の予測が描かれています。



 ちまたで(負の?)噂のドローンを使った宅配システムとか。



 生体センサーを使ってロボットによる健康管理とか。
 これなんかは、スマホとかでもう実用段階に入ってたりするんじゃね?

 まあ精度がどれだけ信用おけるかが、わしのような疑い深い人間には激しく疑問ではあるけどね。



Amazonリンク




 洋上風力発電と水素エネルギーてのは、理論としては別に目新しいものではなさげな気もするけど、現実に普及する目とかはあるのですかね。



 食糧生産の自動化なんて、まさしく究極の福祉社会の第一歩だし。



 まあこの調子で世の中すべてが自動化するまでにはまだまだかかりそうな気もするし、このおれがその恩恵にあずかれる日がくるかどうかも甚だ心もとなくはありますがね。



Amazonリンク




 ただ、そうなったときに考えられ得る不具合やなにやらとは無縁でいられそう、と自分をなぐさめるか。


マイナビニュース 2014/06/04
自動運転車をハッキングするのは容易 - ESET
http://news.mynavi.jp/news/2014/06/04/210/


 実際そんなに簡単なのかどうかはもちろんわしにゃ見当もつかんがね。


Amazonリンク




 あと、自動運転車があたりまえになったら、車のナビまかせで旅行にいったところ、夕暮れにどこともしれない廃墟とかにたどりついていて…なんて感じでホラー(設定次第ではSFホラーにも)もの書けたりもするけど、早すぎるな。



 まあ単純にバラ色の自動化未来と断定できそうにないのはまちがいない。

 その点については、次回以降、何回かにわけて触れていこうと考えております。よろしく。_(_ _)_



 健康モニターがもう寝ろ寝ろとうるさいので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿