2015/04/16

オカルトでも有名なスポット、マヤ文明の遺跡でGoogleストリートビューに掲載されていた異形の人物の写真


 さしずめ、こちらは新時代の伝説のひとつですかな。
 青木無常でありますがな。



Amazonリンク




 Googleマップのストリートビューに、なんだか通常ではあり得ない説明のつかない異常な写真が…というような話はかなりよく聞く印象があります。

 こちらの写真は、その代表例のひとつカモしれませんな。


ロケットニュース24 2013年10月31日
Googleマップの「世界遺産にも登録されているメキシコのマヤ文明のピラミッド」付近のストリートビューに謎の女性が写っていると話題
http://rocketnews24.com/2013/10/31/383584/


Amazonリンク




 いつものことですが、問題の写真は著作権を鑑みて転載はいたしません。
 上のリンク先でご確認くださいましね。_(_ _)_



 さて、この、マヤのピラミッドを背景にして歩いている女性。

 脚の関節が確かに奇妙ですな。
 逆向きになっている、というか…。
 草食動物とか鳥の脚のように見えます。


Amazonリンク



 現在ではこの写真は使われていないそうで、まことに残念な話ではありますが。

 ともあれ、この謎の女性はどこか異星からきた、人類を監視しているエイリアンの実像が偶然写されてしまったのか、あるいは不思議生物か、それとも…

 と、いろいろ想像してみると(想像のカケラもない現実的な「解釈」ももちろん可能ですがここでは言及しない)楽しさもまたひとしおだったりすることはするんですけど…



Amazonリンク




 でも、これとか、あるいは「2本足のネコ」の写真とかを見ると、ある「失敗写真」を思い出します。

 すなわち、このブログでも以前紹介したことのある、単なる失敗パノラマ写真(`▽´)



Amazonリンク




 ストリートビューの写真って、車で移動しながら写すんじゃないかと思われるし、被写体も撮影機材そのものも動いてたりしたら、こういう写真になることってけっこうありがちなんじゃないかな。

 …てなロマンのカケラもない解釈で申し訳ないけど。



Amazonリンク




 不思議現象って、やっぱり捏造や誤解・誤認の可能性を排除していくところから始めないと、どうしようもないものにしかならなくって、ひいてはそれ自体の寿命を縮めかねないとかも思うし。

 野暮は許しておくんなまし。_(_ _)_



Amazonリンク




 ストリートビュー一日中眺めていられたら、こういう不思議写真やおもしろ写真たくさん見つけられそうで楽しそうだけどね。(`▽´)



 そんな余裕はないので本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿