2015/03/25

「世界一簡単な構造の電車」というが、どういう構造でこれが動いているのかさっぱりわからない!


わかります? わしゃわからんわえ。
青木無常でありますわえ。



Amazonリンク




胴の針金と電池と磁石。
必要なのはたったこれだけ。
構造も、たしかに簡単。


lifehacker 2015.02.11 08:00 am
ごちゃごちゃした頭をシンプルにしてくれる「世界一簡単な構造の電車」
http://www.lifehacker.jp/2015/02/150211simple_train.html


Amazonリンク




電池の前後に、磁石をくっつける(磁力で勝手にくっつく)。

バネ状にぐるぐる巻きにした針金の内部に、このシロモノを入れる。



…と、このシロモノは針金のトンネルを通って、勝手に反対側まで自走する!



えっ!? なんで?

磁力とかで説明つくんでしょうかね。
つくんでしょうね。
きっと。わしにはわからんが。(´ω`。)



Amazonリンク




で、バネの針金をゆるやかな円にして、端から磁石電池をつっこみ、電池がトンネル内を経巡ってるうちに、入口と出口をくっつけると…

これまた不思議!
トンネル内を磁石電池はぐるぐるぐるぐるいつまでも回りつづけるの…!


World's Simplest Electric Train 【世界一簡単な構造の電車】



「ごちゃごちゃした頭をシンプルに」してくれる、とニュースタイトルは謳ってるけど…

…はっきりいって、逆にごちゃごちゃに混乱します(^_^;)。

せめて説明くらい入れといてくれんものかね。



Amazonリンク




物理的にはあたりまえの話なんでしょうか。



それにしても、この動画見て、ホンモノの電車にこれ応用すればタダで動く電車の完成じゃん!

とか本気で思ったわしは…(`▽´)


真んなかに電池がある以上、無動力とはほど遠い話だわいな。(`▽´)
ヴァカ。(´ω`。)



Amazonリンク




つか、そもそもリニアモーターカーとかって、この原理だったりするんですかね。

だとしたら、ますますヴァカ。(`▽´)



よくわからねえのっす。
わかんなくても、おもしれぇのっす。(`▽´)



特に理解したくもないので本日は以上。(`▽´)
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク
 







0 件のコメント:

コメントを投稿