2015/03/05

こちらはけっこう具体的な「嘘を見破る22のサイン」


やっぱり嘘は気になりますからねえ。
青木無常でありますよ。

気になりますから、本日も嘘を見破る指標のニュース記事をご紹介いたしますですよ。


Amazonリンク




Pouch 2014年1月12日
知っておいて損はない!! ウソを見破る22のサイン / 目が右上へ向く、 ゆっくり丁寧に話すなど
http://youpouch.com/2014/01/12/160777/


こちらの記事はなかなか具体的な指標が多くて、役に立ちそうではあります。

ただし、やはりこういう指標は絶対的なものでもないし、嘘をついていなくても同様の態度や反応が起こってしまう状況というのも列記されているし、あくまで参考程度にしかならないってことはまず断っておきますね。



Amazonリンク







 ☆顔全体と目の動きに現れるサイン




 サイン1 : 瞬間的に眉をひそめる


んんん、あんまり決定的なサインではなさそうな…



 サイン2 : 鼻を触る、口を覆う


これはわかりやすいですね。



 サイン3 : 目が右上へ向く・まばたきの回数が増える


これ有名ですよね。
まあでも、相手の目を見るのが前提条件。
人の目を見て話すのが苦手なわしのような人間には、ハードルが高い…(´ω`。)



 サイン4 : アイコンタクトの頻度が減少する


同上。(´ω`。)
そもそもアイコンタクトって実感できない。正直な話。



Amazonリンク





 ☆ボディランゲージに現れるサイン


 サイン5 : 汗の量が増える


緊張してても汗はかくよ。


 サイン6 : 話題の対象物から離れるようにうなずく


まあ対象物がある場合は参考になるのカモしらんが…(^_^;)


 サイン7 : 落ち着きがなくなる


嘘のへたな人はわかりやすいだろうね、こういう部分。
でもそもそも嘘のへたな人相手ならこういう指標求める必要もあんまりない。(´ω`。)


Amazonリンク




 サイン8 : ミラーリングの頻度が減る


「ミラーリング」って、人に好かれたいための「テクニック」の話でよく出てくるけど、別にテクニック云々ってことではないんだね。

テクニックとしてのミラーリングではなく、無意識にもミラーリングって起こってるんだそうな。

(てか、ここからテクニックとしてのミラーリングは有効とかそういう方向に発展したのかな)

(ま、有効どころか逆効果だとかよく揶揄されてるのも見かけるけどな。(`▽´))

ともかく、嘘をついていると、そのミラーリングが起こらなくなる、んだとか。

でもむしろ、ミラーリングってそうそう頻繁に起こるものなのかな…?


 サイン9 : 息遣いが荒い


ま、これも嘘下手な人の部類に入りそうだよね。
あと、変態の場合もあるな。(`▽´)


Amazonリンク




 サイン10 : 手、腕、足の動きが小さくなる


手で顔や首や耳の後ろをさわるしぐさも見られるんだとか。
あと、腕や足を組むのは、これ以上情報を出したくないサイン…ってのもよくきくよね。


 サイン11 : 何かを手入れする


髪をいじくる、ネクタイを直す、シャツの袖口をさわる、とか。
でもこれ、退屈のサインの場合もあるよねえ…?



Amazonリンク




 ☆返事の仕方に現れるサイン


 サイン12 : 声がいつもと違う


突然の早口とか、逆に意味もなくゆっくりになったりとか。
声が震えたりどもったりも。


 サイン13 : 詳細についてやたらと話す


これは毎回出てくるな。(`▽´)


Amazonリンク




 サイン14 : 質問に対して、間髪いれずに答える


逆に遅くなる場合も、とのこと。
んじゃ結局わからんわ! (`▽´)


 サイン15 : 攻撃的・批判的になる


嘘ごまかしたいから。


 サイン16 : 同じフレーズをくりかえす


話のくどいおっさんとか酔っ払いもおんなじだがな! (`▽´)


Amazonリンク




 サイン17 : 返事を先延ばしにする


想定外の質問を受けたときの反応。


 サイン18 : ゆっくり丁寧に話す


ここまでくると、もう判断基準としてはあいまいすぎなくねえ?


 サイン19 : 話題をすり替える


ごまかされた感なしにこれやられると、ころりとだまされるよな、たぶん。



Amazonリンク




 ☆自爆をさそう方法


 サイン20 : 矛盾や、間違いをさそう


何回もくりかえしきくとこういうのが出てくる。そりゃそうだわな。
あと、前回の話とも重なるカモだけど
時系列的に反対の順序で話してもらう
ことによって、相手の混乱を招くこともできる、と。
これ役に立ちそう。カモ。


 サイン21 : 沈黙して自爆を誘う


相手が勝手にボロを出すのを待つわけだ。(`▽´)


 サイン22 : 裏をとる


もうここまでくると、完全に相手のことを疑ってるよな。(`▽´)



Amazonリンク




で、このあとに注意書きとして
嘘をついているときと酷似した言動をとる
場合の例も列挙されています。
冗長になりすぎるので割愛するけど、興味深い項目として
幼少期に虐待を受けたことがあるとき
というのがある、とだけ付記しておきます。

このあたりは踏み入るには覚悟がいるけど、いろいろ人間の問題に関する根本的な部分につながっているように思えますね。



Amazonリンク




まあ私の場合、なぜこんな種類の記事が目につくかというと、別に嘘をさがしているわけではなく、ただだまされたくないだけ。

だからやっぱり参考程度の話ではありますね。



やっぱりよくわからんけど本日はこのへんで。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿