2015/03/01

【訃報】「スタートレック」の「ミスター・スポック」役を演じたレナード・ニモイさん…


人の世の常などと悟りたくもなし。
青木無常であります。

つづきます。訃報が。
そういう年代にさしかかってしまったということなのでしょう。
それ自体もまた。



Amazonリンク
 



初期の「スタートレック」シリーズを支え、その人気を不動のものに押し上げた立役者、といってもむしろ言葉たらずかもしれない。

尖った耳とつりあがった眉、不思議なおかっぱ頭に長身の、あの男を演じた俳優・レナード・ニモイさんが逝去しました。
去る27日の朝のことだったそうです。



ブルームバーグ 2015/02/28 03:19
俳優レナード・ニモイさん死去-「スタートレック」のスポック
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NKFZ9K6JTSEG01.html


WIRED JAPAN 2015.2.28 SAT
長寿と繁栄を──スポック役のレナード・ニモイ死去
http://wired.jp/2015/02/28/legendary-leonard-nimoy/


Amazonリンク




「スタートレック」といえば宇宙を舞台にしたSFドラマの代表格のひとつであると同時に、人間ドラマとしても定評がある作品。

それだけに、異星人は人間の類型の極端なカリカチュアにすぎない、という見方もできますが。

だからこそ興味深くもおもしろくもあったのもまた、まぎれもない事実。



主人公であるカーク船長、彼の無二の親友である皮肉屋のドクター・マッコイとならんで、ほとんどのエピソードで中心人物として活躍していたのがミスター・スポックでした。


Amazonリンク



バルカンという惑星の異星人と地球人との混血。

論理を重んじ人間的な感情の起伏を克服することを至上の価値とするバルカン人の中で、地球人の感情をもて余し、そこからの脱却を志向し実践につとめてきたミスター・スポック。

しかしおりにふれて浮上する地球人としての激しい感情。

つねに地球人の血にもとづく自らの非論理性に悩まされ、時には癒されるという不思議であり印象的な役柄を、その特異な風貌とともに演じきったのが、レナード・ニモイさんでした。

俳優としても過去の人というわけではなく、劇場版の最新作にもスポックその人として出演されていたようです。



Amazonリンク




あの特徴的な眉を片方だけあげて「船長、それは非論理的です」と冷静に、無感情に口にするあの異星人の雄姿を、もう目にすることができないのは…



こんな慙愧の念そのものもまた、世の常にてらしあわせれば非論理のきわみなのかもしれませんが。



Live Long And Prosper.
わが身の終わりを背に視つつ。




Amazonリンク










0 件のコメント:

コメントを投稿