2015/02/14

回転するのは時間ではなく惑星。悠久の時を刻む「ヴァンクリーフ&アーぺル」の繊細きわまる腕時計


しかも男性用。女性用はまだないようです。
青木無常でございます。青木無常は女性用…? (`▽´)


Amazonリンク



ごぞんじですか? 「ヴァンクリーフ&アーぺル」。
私は知りませんでした。わが人生において
ほぼ無縁なブランド。宝石、時計、香水などを
扱う超高級店だそうです。本店はフランス。

本来であれば、私の視界に入ってくるような代物では
カケラもなかったのでしょうけれど…


Amazonリンク



こんなロマンあふれる時計を、その
「ヴァンクリーフ&アーぺル」が
製作してしまったということで…
これはもう…


Pouch 2014年2月6日
腕の上で火星や水星、流れ星…宇宙が回る! 「ヴァンクリーフ&アーぺル」のプラネタリウムみたいな時計
http://youpouch.com/2014/02/06/168209/


Amazonリンク




ミッドナイト・プラネタリウム・ポエティック・コンプリケーション。

ながながしいですな。
英語なので意味もとりにくい?
わかりました。

まず最後の一句「コンプリケーション」
これは直訳だと「複雑」という意味らしいんですけど、
時計関連の場合は

「時計の中に高度な技術が込められている時計」
という意味になるんだそうです。なるほど。

前段二句は特に解説の必要もないでしょうか。
真夜中のプラネタリウム。それに、ポエティック
=詩的情緒豊かな、とつづく。そんな時計。

訳してみるとまさしくそのとおりの逸品であります。


Amazonリンク



今回も写真の転載はいたしません。いたしませんが、
忸怩たる想いでいっぱいであります。あまりにも
美しすぎて、著作権などどうでもよくなってきてしまう
…いやいや。それは無理。

くだんの時計の写真は上のリンクからご確認下さい。
極限まで作りこまれた工芸品は芸術品に等しい…
…否、神の造形にすら、匹敵しかねない。



どういった時計なのか。野暮を承知で
ご説明いたします。


Amazonリンク



時計の盤面にあるのは、針にあらず。
惑星。

…に見立てた、宝石。

地球。火星。水星。金星。
中心にある金の球体は、太陽なんでしょうね。
そう。
惑星が時を刻む時計。

…それも現実の惑星と同じく、
文字通り天文学的な悠久の時を、刻みます。

たとえば水星。太陽の周囲を一周するのに
88日をかけて巡ってゆきます。
金星なら224日。地球もあるのだから、
こちらは365日かけて回るのでしょう。



Amazonリンク




「ヴァンクリーフ&アーぺル」。
覚えてしまいましたよ。この名前。
今後も無縁でありつづけるのでしょうけどね。

それともいつか、ご縁ができる日が
訪れるのでしょうか。

土星が太陽を一周するくらいまでには…?



Amazonリンク




価格? いや。ここにはそれは記しません。
まあ私でなくとも、高嶺の花です。

残念ながら、アフィリリンクも見当たらないようですし。(^_^;)



Amazonリンク




せめて写真だけでもご覧になっていただきたい
ところです。写真だけでも、充分以上に眼福。
そしてそれ以上に、想像の翼がかけ巡ること必至。


Pouch 2014年2月6日
腕の上で火星や水星、流れ星…宇宙が回る! 「ヴァンクリーフ&アーぺル」のプラネタリウムみたいな時計
http://youpouch.com/2014/02/06/168209/


冒頭の写真の毛深い男性の腕が、
若干興ざめをさそうがな! (´_`。)



興がさめないうちに本日はこのへんで。
最後まで読んでくれてありがとう。 それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク










0 件のコメント:

コメントを投稿