2015/01/23

青白く光る灯火をまとって夜な夜な闇に沈む住宅街を徘徊するものども


邪悪、というわけではなさそうですが。
青木無常であります。青木無常は邪悪ではない…? (`▽´)

つーわけで、先日の話のつづき、
というか連想して思い出したできごとに
関するひとくさり。


Amazonリンク



アメリカのとある町を夜な夜な徘徊する
正体も目的も不明な不気味ピエロが
ニュースになっている、というのが
先日ご報告した内容
であります。



ぢつは、わしもそういう不気味な存在に
深夜の街で出くわしたことがある

しかも、何回も。



Amazonリンク




イヤ、別にたいした話ではない。正体が
知れれば「な~んだ」となる。おそらく
身元もはっきりしている。

それでも、不意うちで出くわしたときの衝撃は
不気味ピエロに勝るとも劣らない。



比較して大きくちがう点もある。
正体が知れた直後に、ふつふつとわきあがる
底なしの怒り。この点が不気味ピエロとの
最大の差異カモしれない。(`▽´)



Amazonリンク




具体的には、青い。

青白く発光する何かが、夜の闇の
向こう側から、ゆっくりと近づいてくるのだ。

まず、そのゆらめく青に、ぎょっとさせられる。

理屈とかじゃない。とにかく、不気味。
というか、怖い。気持ち悪い。
そんな気持ち悪い光るものが、ひとけのない
住宅街の闇の向こうから接近してくるのだ。

近づいてくるその正体が、街灯に照らしだされる。
その瞬間に訪れる感情は…安堵。つづいて…怒りだ。



Amazonリンク




私が住んでいる吉祥寺だけなのかどうかは知らんが。

徘徊しているのは不気味な二人組。
それも、けっこう頻繁に遭遇する。
否、させられる。

いや。さきほどもいったおり
正体が知れれば、別に怪しいヤツらでも
なんでもない。むしろ防犯行為そのもの。
それでも、はっきりいって…気持ち悪い。



Amazonリンク




その正体とは…

…単なる警備員。
警備員が住宅街を巡回しているだけ。

…たぶん。(^_^;)
だって、誰何したりしたわけじゃないんでね。
とはいえ制服着た二人組なんで。まあ十中十、まちがいあるまい。

ただ。

装着している夜光チョッキと誘導棒の色が
青いんですよねえ。
氷結しそうな、青。


Amazonリンク



たったそれだけなんだけど、
暗がりから青い光がゆっくりと近づいてくるのに
深夜、いきなり遭遇したりすると
かなりぎょっとする。

正直、気持ち悪い。

その気持ち悪さ、狙ってやってるんじゃないかってくらい
衝撃力があります。何度見ても気持ち悪い。
正直、あまり遭遇したくないです。ヤツらには。

近づいてくると、ふつうに雑談しながら
歩いてたりとかするんで、安心できるんですがね。

ただ、あまりに気持ち悪いし驚かせられもしてるんで、
安堵の直後に、ふつふつと底知れぬ怒りが
わきあがってくるのを禁じ得ない。


Amazonリンク



私も警備員(交通誘導)なので、だいたい内情は
推察できる。ただ、われわれがふつうつけている
誘導棒や発光チョッキの色は、赤。JR関係のだと
チョッキは黄色が多いだろう。誘導棒なら緑もある。

最近では警備員ではなく工事に携わる職人が
重機の旋回時の事故を防止すべく誘導することも
あるようだけど、その誘導棒も緑色。

正直、青い発光チョッキ・誘導棒は珍しい。


Amazonリンク



緑色もけっこう不気味だが、青の比じゃない。
文字通り、目撃した瞬間、蒼白になる。顔面が。
気分までブルーになる。気のせいじゃないぜ。
遭遇すれば、実感できるよ。深夜の街で。( ̄ー ̄)



てか、そもそも住宅街を警備員が徘徊してること自体、
そんなに見かけるものじゃないよねえ…。

だれがヤツらを雇ってるんだか…腹立たしい話ですわえ。



Amazonリンク




まあ、だから警備員なら恐れる必要はないと
おいそれと近づかないほうがいいかもしれない。

都合のいい実験体をさがして浮遊する
どこぞの異界からやってきた
地球人を実験動物としか見なしていない
邪悪なエイリアンにアブダクトされないとも…

限らないからな。( ̄ー ̄)



アブダクトされたくないので本日はこのへんで。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿