2015/01/04

緊急特別企画! AKB48G総出演のテレビドラマ「マジすか学園4」始動! メンバー一新でラッパッパひきいるマジ女が帰ってくるぞ!


本日の記事タイトルは新土居沙也加の
ナレーション(風)でどうぞ!
青木無常でおじゃる。おじゃる。

というわけで、わしが知らんうちに1月2日の夜
AKBINGO! スタッフとキャストの手になる特番が
放送されていたらしい。不覚にも48のガキどもの
ぐぐたす(Google+)見るまで存在にすら気づかなんだ。


Amazonリンク



んだからYouTubeにアップされている動画を
視聴いたしました(^_^;)。

もちろん著作権的に問題ある動画だろうから
リンクも埋め込みもいたしませんよ。
ファンならもう見てるよね。テレビで
リアルタイムに。


Amazonリンク



もちろん!

ファンじゃなくても! 興味なくても!
おもしろいから!

どうぞおつきあいしておくんなまし。_(_ _)_



つーわけで、噂程度には耳にしていたものの
気づかんうちに本格始動していたらしいマジすか4!
不意うちのあまり、期待も不安も爆発しそうで
始末に負えません! (`▽´)


Amazonリンク



マジすか3の時は楽しさのあまり(かつ後半は
腹立たしさのあまり)、ほぼ翌日には
レビューしたりしてましたしね!

今回もまた、どうなるのか、もう! もう!
うひひ。

と、ここらでよい機会なのでシリーズの
ここまでの総括とかも来週あたりに
掲載してしまうことにします。

つか、もう総括はできあがってるんだけどね。

今日は最新作である「4」に言及しておきたいので、
来週に廻すってことで。(`▽´)


Amazonリンク



要するに書いてて楽しいからついつい
ボリュームアップしちまっちゃったんだよ。(^_^;)
一日でアップするには量が大杉になっちゃってさ。
ま、いつものことだけど。(`▽´)



で、第4作。前3作はテレビ東京での
製作だったんだが、今作はなぜか日テレ。
なんすかね、これ。大人の事情?
「3」からやけに時間があいてるのも気になる。

なんか関係あるんだかないんだか。



Amazonリンク




さて、前田敦子主演、当時のグループの中心メンバーで
がっちりかっきりわきを固めた、一般向けには最強の布陣だった
第一作の『マジすか学園』。

それにつづいて二匹目のどじょうを狙ったあげく、
主人公であるべき最強前田敦子のスケジュールの関係からか、
あまりにもいきあたりばったりで統一感に欠けまくった
“主役不在”の超駄作である『マジすか学園2』。

そして新世代を中心にしてメンバー一新・内容一新で
挑んだ意欲作…でありながら、設定の破綻具合がひどすぎて
物語自体のおもしろさまで壊してしまった『マジすか学園3』。


Amazonリンク



…なんかボロクソいってますけど、
なんだかんだいっても私、三作とも大好きで、
大好きだからこそ言いたいこと言ってるんですよ。(^_^)
んだから「4」にも期待感ハンパない!

ま、駄作だったときの失望感も知ってるから、
3あたりからはかまえて見る癖ついちゃってるけど。(^_^;)



Amazonリンク




最強ヤンキー大集合の女子高である
馬路須加女学園(通称マジジョ)で繰り広げられる
王道ヒエラルキー上昇ドラマである第一作と、
その設定と完全に地つづきの第二作。

に比して、第三作は舞台も近未来(?)の
ヤンキー強制収容施設での陰謀劇(破綻)という
超変則方向転換で度肝をぬかれましたが。



今回の「4」はどうやら「2」のつづきで
再びマジジョに帰り咲きの模様。

もっともメンバーはほぼ一新されたようで、
今回の特番でも新しい面々のお披露目が
メインとなっておりました。

これがまた、期待感煽るキャスティングでね。

新世代の頂点に立つのはだれか、的な
期待のメンバー目白押しな構成であります。



まずは主役が二人。W主演ですな。
なんか特別感押し出してましたけど、
別に特に珍しい構成ではない。(`▽´)

その一人めが、HKT48の初期・中核メンバーの
一人であり、かつAKB48最新シングルの
これまたWセンターの一角をつとめる
期待の才能・宮脇咲良。


Amazonリンク



よろしいですな。HKTでも存在感ピカ一だし、
渡辺麻友とならんで立っても遜色ないキャラ。

純粋なAKB出身メンバーではないだけに
むしろスタッフがかける期待度の大きさも
うかがい知れますよ。

特番のスタジオではいつものふわふわ
のんびり、やや弱め的キャラのたたずまいそのまま
等身大にふるまっていましたけど。

チラ見せだけのドラマシーンでは、
迫力のある演技がほの見えてきて
普段の宮脇とは別種の存在感が
際立っている印象がありました。

期待がふくらむねえ。(^_^)

鹿児島からマジジョに転校してきた
てっぺん目指す謎の少女。

…ってな役どころのようですよ。

前田敦子は頂点には興味を示さない
巻き込まれ型の主人公だったけど、
宮脇の場合はどうなるのか。

頂点目指してるって設定が縛りとか
限界になっちゃわないかがちょいと気になる。



で、もう一人の主役。
大島優子にかわるマジジョの頂点、
ラッパッパ(吹奏楽部)部長を演じるのは
島崎遥香。…んん…


Amazonリンク



正直、そんなに期待しない。したくない。

特番ではボンちゃん(お笑い芸人カナリアの
ボン溝黒)が「演技がうまい」とかいってましたが、
これには首肯できん。

演技のうまさなんざ正直さっぱりわからないが、
少なくとも「マジすか3」では大根っぷりが
目についてしかたなかったし。うまいのはわからんが
ヘタなのは一目瞭然だよ。

まあ最終回で木崎ゆりあといっしょに見せた
泣く演技はよかったけどね。

ほかに「バカレア」でお嬢様役やってて
そっちは特にヘタとかいう印象もなかったけど、
そもそもあんまり現実感わくキャラでも
なかったからな。あの役は。


Amazonリンク



ただこれも特番でチラ見せされた映像では
なかなか凶悪そうなセリフがもれ聞こえてはきていて、
多少は期待してもいいカモ…

ただ島崎はそもそもセンターとか頂点とかへの
欲がもともと薄くて割とどうでもいい感じというか、
とれたらラッキーくらいにしか考えていないんじゃ
ないかってあたりで。

新世代には入らないんだよね。個人的には。
世間的には知らんがね。(`▽´)



Amazonリンク




ま、宮脇とのからみが一番重要な役どころでは
あるだろうから、そこらで(スケジュールとかも含めて)
きちんとした対応さえしてくれれば文句はない。
っつーところ。



で、吹奏楽部でありながら楽器吹くシーンとか
ほぼ皆無であろうと目される(^_^;)ラッパッパの
前2作につづいて出てくる四天王の面々。

まずは現時点では唯一「2」からの続投となる
「おたべ」役の横山由依。

留年設定が開陳されているので、
まちがいなく同一人物ですな。
(島崎も「2」に出てたけど、
こちらは確実に別人でありましょ)


Amazonリンク



前作では立ち位置に比して存在感が
いまひとつだったのが残念だったんで。

今回はひとつ脇役に徹しつつキャラ立ててきてほしいところ。

つづいて「バカモノ」役の川栄李奈。
シリーズ基本路線でもある現実とのリンクが
著しいキャラになりそう。

もちろんごぞんじのとおり川栄の存在感も
バカキャラと連動してグループ内でも際立っているので
そのあたりでも大いに期待したい。ただ、
四天王つとめられるような存在感を出せるかどうか。


Amazonリンク



「3」ではお笑い主体の(主要)雑魚キャラだったし、
四天王という重鎮をどう演じるのか演じないのか(^_^;)。

まああんたは、素でやったほうが
たぶん結果はいいんじゃないかとは
思うけどね。どうなってるのか。

四天王の三人め、ヨガ(なんで?)。
演ずるは入山杏奈(ホントになんで?(

いや、入山自体はもちろん、
「3」でキーマンの一人であり、
重鎮の一人でもあるマングースのリーダーを
演じきった実績もある。


Amazonリンク



存在感も申しぶんなかったし、むしろ今回は
あの大物感を、四天王の一角とはいえ
子分でもある立ち位置にどう置きかえるのか。

そして四天王最後の一人は
マジック役の木﨑ゆりあ。

前作ではキーマン中のキーマンで
雑魚っぽいキャラで出てきながら
最終的には…ってな特殊かつ重要きわまる
役柄をこれまたみごとに表現しきってました。

なんかネーミングからして
あまり重要ではない感もそこはかとなく
漂ってきちゃってるところが激しく気になる。

もしこれ当たってたら、正直もったいない配役だよな。



Amazonリンク




つづいては、お笑い担当とおぼしき「チーム火鍋」。
とはいえ、今回はもしかしたら…?

第一作で指原率いたチームホルモン、
つづく「2」では旧チーム4で固めたチームフォンデュと
連綿とつづいてきた雑魚キャラにして
けっこう重要、というあたりのクラスターですが。

今回は「2年生最強グループ」と銘打たれていて
これまでの雑魚とはもしかしてちがう…?

ウオノメ役の高橋朱里は「3」で演じた
メッシのような陽気な不気味キャラの存在感を
継承できるのか。いや、キャラではなくて
存在感の部分をね。


Amazonリンク



なにしろ「3」の高橋は個人的に一番
際立ってたキャラだったからね。

ここにも期待と不安が錯綜する。

ジリジリするわえ。(`▽´)
ジリジリさせてほしいわえ。(^_^)
頼むぜ?

つづいてドドブス(ひでえネーミング。
いろんな意味で)役の加藤玲奈。

こちらも「3」で敵チームの雑魚を
好演。でも正直、前髪切ってから
個性が削がれたようなイメージあるんだよな。


Amazonリンク



前髪切っただけで中身がかわるわけもないんだが(^_^;)。

クソガキ(こちらはよいネーミング。ファンに
しかわからんだろうけど)役は大島涼花。

いいですね。彼女はもっとピックアップされて
しかるべき個性なのに、これまではあんまり
活躍の場に恵まれていない印象が強かったし。

…もっとも、このチームの三番目ってあたりが
いまひとつ中途半端になり兼ねない危惧はなきにしもあらず。


Amazonリンク



お次はそのものずばり、直球すぎるネーミングの
ジセダイ。演じるは向井地美音。
たしかに最新世代に属する期待値大の子。
ただやっぱりこの立ち位置自体は…?

火鍋のラストは大抜擢の内山奈月!
暗記に秀でていて憲法を空でいえる特技を持ち、
本まで出してる彼女の役名はこれもそのものずばりのケンポウ!

…なんか安易すぎねえ? (`▽´)

まあこのシリーズ自体、安易すぎるネーミングも
特徴のひとつ・持ち味のひとつではあるけどね(^_^;)。


Amazonリンク



まあ内山も運営からではなく、
握手会から頭角を現してきた
ある意味たたきあげとでもいうべき
期待値大の新世代。

とはいえ内山本人はこれまたほんわり笑顔が
特徴の、やんわり癒し系キャラ。

ヤンキードラマになんで彼女を抜擢?
的な疑問は激しくわくものの、
まあそれだけに予測不能の期待はあるかな。



Amazonリンク




で、今回はいつもにも増して人材が豊富なためか、
1年生最強コンビなる新たな立ち位置のキャラも。

ここにきたのが小嶋真子と大和田南那。

大和田は向井地とならぶ最新世代の筆頭の一人。
こじまこはこれまた「三銃士」と呼ばれて
運営からのみならずバラエティ番組でも
ピックアップされることが多い三人組の一人。

三銃士残る二人が今回入ってないのは
多少不思議だけど、まあその分、こじまこの
健闘にも注目したいね。



で、今回のライバル校は矢場久根ではなく
新しい激尾古高校看護科。

正直、なんで新しい高校出したのか
よくわからんが(^_^;)。なんで
矢場久根やめにしたのかな。板野の色が
ついちゃったから?

それほどでもねえと思うけど。
「2」自体が駄作だっただけにね。

あ、板野が悪いって話じゃねえよ。
悪いのは、てか、無能なのはキャラ設定
物語設定、物語作成したスタッフ。この場合は。


Amazonリンク



まあともあれ、こちらのトップにすえられたのが
NMB48のトップに君臨するさや姉こと山本彩。

となれば激尾古の扱いもたしかに
旧矢場久根とは比較にならない重要さが
付与されていると推測できますかね。

しかも副総長に渡辺美優紀ときてるし。

逆にいうと、豊富すぎる人材の目白押しの中で
限られた期間にどれだけ彼女らの存在感を
プッシュしていけるのか…が、かなりの鍵に
なってくるだろうね。


Amazonリンク



で、このNMBツートップの腰巾着とおぼしき
激尾古後輩陣。…が、特殊。特殊だし、濃い(`▽´)

須田亜香里、谷真理佳、松村香織。
特に谷と松村は特殊すぎるがゆえに
懸念もわく。ヤツらのキャラは
周囲の存在感を根こそぎ破壊しかねないからな。

とはいえこの三人がお笑い担当であることは明白(`▽´)

つか、逆にこの三人(のうちのだれか)が
お笑い以外の立ち位置を与えられるか、
そしてそれを演じ切れるかが
彼女らにとっての勝負どころとなりそう。


Amazonリンク



余談だが、ここにドラフト生の小石が入ってたりしたら、
もう最強…つーか、ほかの出演者にとっては
最悪だっただろうな。

ま、小石いなくとも状況はかわらんカモしらんが(`▽´)

あと気になるのは、意外とこういうチャンスの場だと
松村が弱くなりがちなイメージがあるところ。

一人でピックアップされると最強なんだけど、
須田や谷が松村のブレーキになりそうな予感が
わかなくもない。いや別にこいつらが
松村の邪魔を意識してするとも思ってはいないけどね。



Amazonリンク




つぎで今回発表された配役はラスト。

高橋みなみ。まあ彼女は今回は
オブザーバー的な立ち位置のようですな。

主役の宮脇が常連となっている
お食事どころの店主にして、宮脇の
相談役的な役どころなんだとか。

まあたかみなは第一作でも第二作でも
そんなにたくさんは出ていなかったし。

今回も後輩をやさしく見守る的な
現実ともオーバーラップするポジションに
配役されているっぽい。



Amazonリンク




で、プラスアルファ。

特番で自己主張の場を与えられ
みごとプロデューサーの指名を勝ち得た
小笠原茉由。

番組では移籍以降ヒマであることを強調してたけど、
本当だとしたら、はっきりいってもったいないね。
今回の抜擢でぜひ大活躍して
あたうことなら大躍進も期待したい。

まあ東京ではバラエティキャラは
大阪に比べると使いどころが限られてたり
するのかもしらんが…。(`▽´)



Amazonリンク




つーわけで、マジすか4に懲りずに期待!

懲りずに…
ホント、懲りさせないでほしいよ。
マジで。



んで…なに?
放映開始は1月19日だが、Huluで12日に
先行配信?

知らん! 課金してまで見る余裕はねえ!
勘弁しとくれな。(´ω`。)


Amazonリンク



ネットでヘンな情報入ってこないように
せいぜい気をつけなきゃな。
とにかく、めちゃめちゃ楽しみにしていることは
まちがいないし!



つーあたりで本日は以上。
来週あたりに散発的に、これまでの
マジすかシリーズを個別に総括いたします。

お楽しみに!

わしも放映楽しみにしとる。むっちゃ!
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~




マジすか学園関連記事:
「マジすか3」放映前 AKB48主演ドラマ「マジすか学園3」7月スタート! 今回の主役は島崎遥香!
「マジすか3」放映前 マジすか3は完全リニューアル?
「マジすか3」第一話 マジすか学園3 むっちゃおもろい!
「マジすか3」第二話 マジすか3があいかわらず絶好調で楽しいです
「マジすか3」第三話 マジすか3 第三話は若干不安……
「マジすか3」第四話 マジすか3第四話「1ダースの涙。」は……「ん?」
「マジすか3」放映中 チームマングースの意外な面々
「マジすか3」第五話 マジすか3の第五話、ますます判断つかなくなったが、おもしろさはパワーアップ
「マジすか3」第六話 「マジすか学園3」第六話。もう混沌としかいいようがない。おもしろいけど(^_^;)
「マジすか3」第七話 「マジすか学園3」第七話 んん、なんか雲行きが……
「マジすか3」第八話  とうとうきちまったかも……「マジすか3」の失速。
「マジすか3」第九話 演出の妙に救われた第九話―「マジすか学園3」(ネタバレあり)
「マジすか3」第十話 いやはや、予想もつかない展開だ>「マジすか3」第十話で驚きの構成内容が明らかに
「マジすか3」第十一話 奇妙にセオリーに沿って展開する「マジすか3」第十一話
「マジすか3」第十二話(最終回) カタルシス不足で意味不明な最終回>『マジすか学園3』
「マジすか4」放映前 緊急特別企画! AKB48G総出演のテレビドラマ「マジすか学園4」始動! メンバー一新でラッパッパひきいるマジ女が帰ってくるぞ!
「マジすか4」放映前 マジすか4放映記念! シリーズ過去三作をふりかえる! 第一弾は前田敦子主演の力作『マジすか学園』
「マジすか4」放映前 主役不在で焦点皆無、ストーリーも迷走しっぱなしの超駄作『マジすか学園2』
「マジすか4」放映前 物語の王道に沿って展開しながら設定の稚拙さに引きずられて満身創痍のまま終焉を迎えてしまった『マジすか学園3』の悲劇
「マジすか4」第一話 いよいよ開幕!『マジすか学園4』周りを固める個性派群はかなりよし! そして主役は…?
「マジすか4」第二話 激突! 一年生最強コンビ、ゾンビ&カミソリvsさくら-「マジすか4」第二話ネタバレあらすじ&レビュー
「マジすか4」第三話 さくらvsヨガで生まれた二つのコンフリクトに対する不安と期待-『マジすか学園4』第三話ネタバレあらすじ&レビュー
「マジすか4」第四話 四天王二人目「バカモノ」と決着!…ってペース早すぎねえ?-『マジすか学園4』第四話ネタバレあらすじ&レビュー
「マジすか4」第五話 マジックvsさくら! 幻惑の魔術師にさくらはどう戦うのか? 『マジすか学園4』第五話ネタバレあらすじ
「マジすか4」第5話レビュー なるほどの展開で楽しみが一気に増大したが、尺不足が惜しすぎる『マジすか学園4』第5話レビュー
「マジすか4」第六話 さくらつぶし決行! vs凶悪コンビ、シロギクとクロバラの恐怖『マジすか学園4』第六話ネタバレあらすじ
「マジすか4」第6話レビュー 卑怯!vs定番・王道のカミソリ・ゾンビ! 超復活に歓喜もしきりの『マジすか学園4』第6話レビュー
「マジすか5(仮)」勝手にストーリーを製作! 第1話 あれま!『マジすか学園4』放送休止につき緊急特別企画! ストーリーを勝手に製作!『マジすか学園5』!
「マジすか5(仮)」勝手にストーリーを製作! 残り概要 『マジすか学園5』! のストーリーを勝手に製作! 第二話以降の展開を駆け足で勝手に補足! 敵ラスボスは兒玉遥!
「マジすか4」第七話 やっぱりどうも早すぎね? 「おたべ」とも決着『マジすか学園4』第七話ネタバレあらすじ
「マジすか4」第7話レビュー 展開が直線的すぎて起伏に欠ける『マジすか学園4』第7話レビュー このままでは盛り上がりを期待し難く不安が増幅…
「マジすか4」第八話 こんな「意外な展開」は腰砕けだ(´_`。)『マジすか学園4』 第八話 ネタバレあらすじ
「マジすか4」第8話レビュー とにかく「こびー」の扱いが小物感加速しっぱなしでどうしようもない『マジすか学園4』第8話レビュー
「マジすか4」第九話 「アントニオ」のキャラ造形で超復活!『マジすか学園4』 第九話 ネタバレあらすじ
「マジすか4」第9話レビュー この出来不出来の振幅はいったい何なのか…『マジすか学園4』第9話レビュー
「マジすか4」第十話 ついに決着! さくらvsソルト…『マジすか学園4』 第十話(最終回) ネタバレあらすじ
「マジすか4」第10話レビュー リアルかつ「どっちつかず」の結末は狙ったのか否か『マジすか学園4』第10話(最終回)レビュー
「マジすか5」放映前 スケールアップ? 思考停止の間違いじゃないのかとしか思えない『マジすか学園5』の概要発表

Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿