2015/01/13

主役不在で焦点皆無、ストーリーも迷走しっぱなしの超駄作『マジすか学園2』


どうにもがっかり感ばかりが全編に漂っていて…
青木無常でございますん…(´ω`。)

ってことで前回に引きつづきの
マジすか4放映記念企画、
シリーズ過去三作をふりかえる!
の第二弾『マジすか学園2』でございますよ。



Amazonリンク




それにしてもこちらは駄作。超駄作。おそらくは
前田のスケジュールの都合もあったのだろうが、だれが
主人公かも定まらないまま物語の整合性にも問題だらけ。

群像劇としてみても焦点があまりにもブレすぎていて
感情移入する余地が著しく削がれていたのは残念至極。



前田敦子は学園自体にほぼ姿を見せないまま、
ラッパッパ新四天王と前田に後事を託された
(すでにこのあたりからして設定的にも破綻している)
「おたべ」(横山由依)というキャラが頂点だが。

新四天王にしろ「おたべ」にしろキャラが弱い。



Amazonリンク




その(実質的に存在しない前田を含めた)新ラッパッパに
敵対し、世代交代を目論む下級生の実力派「センター」に扮するのが
SKE48の二枚看板の一人である松井珠理奈。

この「センター」のキャラは確立しているが、
主人公となるには何かが欠けている感がこれまた否めず。

とはいえ直情的で裏のないまっすぐな性格と
かつての列強に比すべき強さをかねそなえた
「センター」の造形は悪くはなかった。

後知恵かもしれないが、このセンターに
もっと焦点を絞っていればまた違った印象・
ちがった結末に至れたのではないか、という見方も
できる部分が忸怩たる想いをいよいよ深めてしまう。



Amazonリンク




その「センター」とならんで、こちらは
裏読み策謀メインの頭脳派で狡猾に
立ちまわるのが特徴の「ネズミ」(渡辺麻友)。

「センター」にしろ「ネズミ」にしろ
家庭的に問題を抱えていて、欠けたものを
追い求めるように抗争や策略に明け暮れているのだが、
そのあたりの描きかたも視聴者の感情移入には届いていない。

特にネズミは前作での早い段階から登場しており、
狡猾な陰謀家としての側面を強調されていたのだが、
中盤あたりから「センター」との友情にスポットがあたる。

…のだが、ここらあたりもいまひとつ盛り上がりに欠け、
最終的に孤立していくネズミと最後まで友情を捨てない
センターが物語のキーとなっていく…べきなのだが、
これまた満足に機能しきらないまま物語は終わってしまう。



Amazonリンク




前作がオーソドックスな良作であるならば、
本作は形式だけの定番を詰めこもうとして失敗した
あまりにも場当たり的な駄作といわざるを得ない。



むろん細部を見れば失敗とはいい切れない
機構も間々見受けられるが(学ラン=宮澤佐江と
ゲキカラ=松井玲奈との恋愛めいた友情物語や
尺=峯岸みなみとジャンケン=内田眞由美との対比構図など)。

だが全体的にこれらのエピソードも
有機的にからんでいるとはいい難く、
整合性もきわめて低い。

というより、いきあたりばったりにしか
物語が進行していない、という印象しか残らない。



Amazonリンク




敵対者(ラスボス)が前作の四天王のトップバッターである
シブヤ=板野友美だった、というのも
盛り上がりに欠けた一因といえるかもしれない。

板野も前作において決して雑魚ではなかったものの、
ヒエラルキーでは頂点とはいえない立ち位置である。

その板野がこともあろうに、前作の敵対校の総長に
唐突におさまっているところからして違和感が大きい。
さらにその配下の面々が中途半端に反抗的だが、
物語をうねらせるほどではないところも残念。



Amazonリンク




強大なライバルが浮上してくるでもなく、
なしくずし的に両校の抗争が激化していく中、
板野の最終目標である前田は物語中ほぼ不在。

ここらあたりも「シブヤ」というキャラの
モチベーションを視聴者に提示できない大きな要因。



あげくの果てに、前田敦子は学校とも仲間とも
無縁の場所でスポット的散発的に姿をチラ見せしただけで、
最後には警察にタイ~ホされて幕、という
あまりにもお粗末な結末。

せめて板野対前田の激突がクライマックスにでも
用意されていれば一応は形になっていたかもしれないが…


Amazonリンク



それも前田の都合なのか、なし。まったく、なし!



センター、ネズミ、シブヤの三者にとっての
最終目標に前田を据えてしまったのが、
そもそもの最大敗因であろう。

どの一人も前田の敵対者としての立ち位置を
与えられながら主人公的にも扱われており、
しかもどの一人の心情にも迫り切れないまま
物語は終焉を迎える。

結果、視聴者はどの登場人物へも
感情移入の焦点を絞り切れぬまま
というよりは阻害されたままで物語は終わってしまう。



Amazonリンク




中途半端に連続もののストーリー展開を
採用してしまったのも減点対象のひとつだ。

各エピソードの焦点が定まらないまま
物語は場当たり的な展開で散漫に進んでしまい、
結果として良エピソードになり得る要素も
それぞれ中途半端に殺されてしまう。



たとえば、シブヤと激突する大歌舞伎=河西智美。
現実の板野と河西との関係もオーバーラップし、
いい意味で見ごたえのあるシーンにもなっていた。



Amazonリンク




あるいは上述したセンターとネズミとの
関係の変化と不変っぷりや、尺とジャンケンとの
低空飛行であるがゆえの見どころ感あふれる
対決回のエピソードなど。



散発的にしか展開しなかったがゆえの
物語全体へのつながりの薄さが大いに悔やまれる。



その教訓を活かすべく構想されたか、
あるいはスタッフ刷新の効果であったか。
つづく第三弾の『マジすか学園3』は驚くほど多量の
緊張関係と謎を散りばめての展開が仕掛けられた形で始まることとなる。


Amazonリンク



期待感の大きい前半部だったのだが
いざ蓋をあけてみると…?



というわけで、次回はさらなる問題作にして
最高と最低とが異様な形で混在することとなった
『マジすか学園3』を俯瞰いたします。
更新は15日の予定
ですよ。

最後までなにとぞごひいきのほどを。
本日は以上。最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~




マジすか学園関連記事:
「マジすか3」放映前 AKB48主演ドラマ「マジすか学園3」7月スタート! 今回の主役は島崎遥香!
「マジすか3」放映前 マジすか3は完全リニューアル?
「マジすか3」第一話 マジすか学園3 むっちゃおもろい!
「マジすか3」第二話 マジすか3があいかわらず絶好調で楽しいです
「マジすか3」第三話 マジすか3 第三話は若干不安……
「マジすか3」第四話 マジすか3第四話「1ダースの涙。」は……「ん?」
「マジすか3」放映中 チームマングースの意外な面々
「マジすか3」第五話 マジすか3の第五話、ますます判断つかなくなったが、おもしろさはパワーアップ
「マジすか3」第六話 「マジすか学園3」第六話。もう混沌としかいいようがない。おもしろいけど(^_^;)
「マジすか3」第七話 「マジすか学園3」第七話 んん、なんか雲行きが……
「マジすか3」第八話  とうとうきちまったかも……「マジすか3」の失速。
「マジすか3」第九話 演出の妙に救われた第九話―「マジすか学園3」(ネタバレあり)
「マジすか3」第十話 いやはや、予想もつかない展開だ>「マジすか3」第十話で驚きの構成内容が明らかに
「マジすか3」第十一話 奇妙にセオリーに沿って展開する「マジすか3」第十一話
「マジすか3」第十二話(最終回) カタルシス不足で意味不明な最終回>『マジすか学園3』
「マジすか4」放映前 緊急特別企画! AKB48G総出演のテレビドラマ「マジすか学園4」始動! メンバー一新でラッパッパひきいるマジ女が帰ってくるぞ!
「マジすか4」放映前 マジすか4放映記念! シリーズ過去三作をふりかえる! 第一弾は前田敦子主演の力作『マジすか学園』
「マジすか4」放映前 主役不在で焦点皆無、ストーリーも迷走しっぱなしの超駄作『マジすか学園2』
「マジすか4」放映前 物語の王道に沿って展開しながら設定の稚拙さに引きずられて満身創痍のまま終焉を迎えてしまった『マジすか学園3』の悲劇
「マジすか4」第一話 いよいよ開幕!『マジすか学園4』周りを固める個性派群はかなりよし! そして主役は…?
「マジすか4」第二話 激突! 一年生最強コンビ、ゾンビ&カミソリvsさくら-「マジすか4」第二話ネタバレあらすじ&レビュー
「マジすか4」第三話 さくらvsヨガで生まれた二つのコンフリクトに対する不安と期待-『マジすか学園4』第三話ネタバレあらすじ&レビュー
「マジすか4」第四話 四天王二人目「バカモノ」と決着!…ってペース早すぎねえ?-『マジすか学園4』第四話ネタバレあらすじ&レビュー
「マジすか4」第五話 マジックvsさくら! 幻惑の魔術師にさくらはどう戦うのか? 『マジすか学園4』第五話ネタバレあらすじ
「マジすか4」第5話レビュー なるほどの展開で楽しみが一気に増大したが、尺不足が惜しすぎる『マジすか学園4』第5話レビュー
「マジすか4」第六話 さくらつぶし決行! vs凶悪コンビ、シロギクとクロバラの恐怖『マジすか学園4』第六話ネタバレあらすじ
「マジすか4」第6話レビュー 卑怯!vs定番・王道のカミソリ・ゾンビ! 超復活に歓喜もしきりの『マジすか学園4』第6話レビュー
「マジすか5(仮)」勝手にストーリーを製作! 第1話 あれま!『マジすか学園4』放送休止につき緊急特別企画! ストーリーを勝手に製作!『マジすか学園5』!
「マジすか5(仮)」勝手にストーリーを製作! 残り概要 『マジすか学園5』! のストーリーを勝手に製作! 第二話以降の展開を駆け足で勝手に補足! 敵ラスボスは兒玉遥!
「マジすか4」第七話 やっぱりどうも早すぎね? 「おたべ」とも決着『マジすか学園4』第七話ネタバレあらすじ
「マジすか4」第7話レビュー 展開が直線的すぎて起伏に欠ける『マジすか学園4』第7話レビュー このままでは盛り上がりを期待し難く不安が増幅…
「マジすか4」第八話 こんな「意外な展開」は腰砕けだ(´_`。)『マジすか学園4』 第八話 ネタバレあらすじ
「マジすか4」第8話レビュー とにかく「こびー」の扱いが小物感加速しっぱなしでどうしようもない『マジすか学園4』第8話レビュー
「マジすか4」第九話 「アントニオ」のキャラ造形で超復活!『マジすか学園4』 第九話 ネタバレあらすじ
「マジすか4」第9話レビュー この出来不出来の振幅はいったい何なのか…『マジすか学園4』第9話レビュー
「マジすか4」第十話 ついに決着! さくらvsソルト…『マジすか学園4』 第十話(最終回) ネタバレあらすじ
「マジすか4」第10話レビュー リアルかつ「どっちつかず」の結末は狙ったのか否か『マジすか学園4』第10話(最終回)レビュー
「マジすか5」放映前 スケールアップ? 思考停止の間違いじゃないのかとしか思えない『マジすか学園5』の概要発表

Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿