2014/12/09

都市伝説「ハンバーガーは猫の肉」は果たして本当に都市伝説なのか!?


常識人なら笑いとばしてすましてるカモですね。
青木無常でありますよ。いや、青木無常は常識人では…?

きいたことありますよね。
ミミズバーガーとか猫肉使用とか
その手の都市伝説。


Amazonリンク



そうそう本気にする人もいなさそうではありますが、
じゃ絶対にないのか? と問われると
どう反論すればいいのやら、と
途方に暮れたりしません?

そんなの簡単じゃないか、と仰るあなたは情報通。

この手の都市伝説を笑いとばす
(あるいは憤る)論理として代表的な考えかたが
コスト的に無意味、という思考。

猫を捕獲・養殖するより、牧場で計画的に
生産される牛肉を使うほうが安価で手間もない


…といわれれば確かに、と私も納得したことが
あるのですが、これも一種の思考停止と
思い知らされ背筋をふるわせたこともありまして



Amazonリンク



もっとも、このときのニュース
紹介された偽造肉はネズミ肉。

中国、路上で売られている“羊肉”が
実は「ネズミ肉で作るニセ羊肉」であった
という話。このとき紹介したニュース記事では
レシピまで掲載されておりました。


Amazonリンク



図によれば猫肉でも作成できるらしい、
というようなことも書いてありましたが、
本日のニュースはそのものズバリ!



Techinsight 2013年11月02日 20:00
“食肉偽造の総本山”。ウサギ肉と偽りネコ肉を出荷。中国・闇の屠殺場の実態。
http://japan.techinsight.jp/2013/11/yokote2013110210150.html



Amazonリンク



胸が悪くなりますな。

そもそも調達元の確保の困難さを考えれば
あり得ない話、と笑いとばす“論理”で
安心しきっていた思考停止に関しても
完全にあり得ないとはいえないことに思いあたったし。

だって、野良犬はもう日本では見かけない。
(もしかして普通に見かける地方とかあります?)

野良猫も「引き取り」という名称の
殺処分が年間15万匹も行われている
という話も。


Amazonリンク



あ、裏とりしてないしする気もないので、
このあたりの情報が正確かどうかは知りませんよ。



まあだが保健所に引きとられた猫の末路に関しては
別にいまに始まった噂でもなんでもないし。
引き取られた猫を“殺処分”するのが業者だとしたら…


その後の行程で食肉として加工することを考えれば
多数の人間が関わらずにはいられないだろうし、
猫の肉と知って関わっているすべての人間の
口をう封じるのは困難かな、とか。

そういうことを考えると
まだリアリティはさしてないんだけど…


Amazonリンク



でもどこかの段階で猫肉であることを
すばやく隠蔽してその後の行程に引き継ぐことが
可能であるんなら…



考えすぎですかね。私もそうだとは
思うんだけど…



こういう発想自体がどこからともなく
出現して絶えない人間の心性を考えると、
どうもね。コストとかそういう話って
あとからついてきたりするのカモ、とか…



あり得ないですよねえ。
だれか断定してくんねえかな。



悪寒がとまらんので本日はこのへんで。
最後まで読んでくれて申し訳ない。
それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿