2014/12/03

嘘つきは説明過剰で中身は単純


ホントだよ。ウソじゃないよ。じゃないよ。
青木無常だよ。ホントに青木無常だってば。てば。


Amazonリンク



ウソなんか世界中にあふれてるからね。
できればできるだけ見抜いておきたいからね。
だからまあ、その一助となりそうなニュース記事を
見つけたのでおすそわけいたしますよ。


GIZMODO 2014.11.14 22:00
嘘を聞き分ける方法
http://www.gizmodo.jp/2014/11/post_15874.html


1. 人は嘘をつく時、一人称で語らない
う~ん、これどうなんですかね?
なんか思い当たる感じないんだけど。
日本語と英語の特性のちがいとかかな?
それとも思い当たらないのおれだけ?


Amazonリンク



2. 嘘つきは言い方がネガティブ
ふむ。これもどうなんだろ。
でも例1も2も、ニュースサイトに提示されてる
例文がかなりアメリカ人っぽい。(^_^;)
なんか映画の字幕みてるような感覚。

…ってことは、アメリカ人って…?


3. 嘘つきは物事を単純な言葉で説明する。
複雑な話は脳がついていかないんだとか。
嘘は脳に高度な処理を要求するってことかな。
それにしても例文の「某」とはいったい
どこのだれなんだろう…? (`▽´)


Amazonリンク



4. 嘘つきは言葉こそ単純だが、説明は無駄に長い。
これはものすごーくよくわかる。
過剰に信憑性を付与したい欲求に
駆られるんだよね。哀しいね…(`▽´)



ニュース記事には“応用編”もあるけど、
なんかわしにはわかりにくいので引用はしない。
ご興味がおありならリンク先でどうぞ。(^_^)



わしゃ嘘ついたことないんで本日は以上。(^_^)
最後まで読んでくれてありがとう。( ̄ー ̄)
それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿