2014/12/23

【閲覧禁止!】充分に加熱していないカエルやヘビの肉を食べると、寄生虫がとんでもない場所に! 驚愕恐怖のその寄生先とは!?


正直、気分が悪くなります。激しく!
青木無常でおじゃる。

そゆわけで、忘れたころにやってくる!
またまた【閲覧注意】シリーズでありますよ!
注意つーか【閲覧禁止!】でございますな。
禁止だぞ禁止。いひひひひひひひひひ。


Amazonリンク



たびたび申し訳ござひませぬ_(_ _)_。(^_^;)

なに? 忘れてない? つか忘れられない?
だから読むなっつーのに。(`▽´)
よろしいですか? この先は自己責任で
くれぐれも自己責任でお願いしますよ?

いいですね? いくぞ。


Amazonリンク




サーチナ 2014-12-05 22:21
脳に寄生虫だ! 火通し不十分のカエル肉が原因か=中国メディア
http://news.searchina.net/id/1552585


なんとまあ、またまた中国発のニュースで
ありました。

ねらってるわけではカケラもない!
この手のニュースが目について
開いてみると中国なんです。なぜか。
どうなっとるんだ、かの国は。いったい?



Amazonリンク




まあ複雑な部分は何もないです。
中国で脳内に寄生虫を飼っていた子どもが
それも複数見つかったという。
そういう話でございますよ。

まあ脳のなかに虫がなんてきくと
とんでもなく重篤な状態になりそうな気が
濃厚にしますけど、この場合はそうでもなかったのかな。

なんとまあ10cmもある虫が脳に住みついているというのに
惹起される症状は

何年か前から頭痛に悩み、ひどい場合には痙攣(けいれん)を起こす
まあ痙攣はただごとではないし、
当人にしてみればたいへん苦痛であるのは
まちがいないでしょうけど。

体内にそんな巨大な異生物が侵入したとなると、
もっとすさまじいことになりそうな気がするので。



Amazonリンク




とはいえ、この病気は本来ヒトを宿主とするわけではない
寄生虫が人体内に入りこんで幼虫のままあちこち移動する
というなんともヲゾましい現象でございまして。

あちこち、というのもこれまたそれこそ
本当にあちこち好き勝手に移動するらしく

幼虫が眼球に侵入する「目幼虫移行症」、内蔵に侵入する「内蔵移行症」、皮膚下に侵入する「皮膚幼虫移行症」、などがあるが、芽殖孤虫の場合、脳に移動する場合がある。その他の内臓に移動する場合もある。
のだそうで。気になる症状としては
臓器や脳が破壊され、喀血、嘔吐(おうと)、下痢、腹痛、胸痛、頭痛、脳障害などのさまざまな症状を起こす。
死亡するという記述は見当たらないので
そこまではいかないんですかね。
逆に不思議だけど。



Amazonリンク




で、この病気を惹起する虫「芽殖孤虫」は

成虫がいまだに発見されていない。最終宿主や中間宿主も分かっていないなど、謎の多い寄生虫
とのことで、これまた不思議というか不気味というか…

原因は火のよく通っていないカエルの肉を
食すことと目されているようです。
ヘビも駄目らしい。

ま、われわれ日本人がカエルやヘビを食す機会は
それほど多くはないでしょうけど。でも最近は
つーか日本では、どんなものでも入手できないことは
なさげですしね。それもけっこう簡単に。

カエルなんてふつうに出す店そのへんにあるらしいし。
おぞぞっ。


Amazonリンク



より怖いのは

芽殖孤虫寄生に伴う症状は、手術で摘出する以外の治療法がない。ただし、芽殖孤虫は幼虫が分裂するために、完治は極めて困難とされる
という部分。いやですな。いつ再発するか
わからんわけだし。しかもその原因が
体内をうごめく生きた幼虫…うああっ!



は? 対岸の火事? なにぬかしてやがる。
日本には刺身という生食文化が大々的に
横行してるんですぜ? きいたことない?
アニサキスとか。


Amazonリンク



生で魚を食う文化のない外国人からすると、
日本の刺身なんて気持ち悪くてとてもじゃないが
食う気にならない野蛮な食文化そのもの…

…ってのが、もしかしたら正直なところなんじゃないか
という気も濃厚にしますね。



なんか脳がかゆくなってきた。
…ような気がしてしかたがないので、本日は以上。
最後まで読んでくれて…
それでは、また~(^_^)/~~





Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿