2014/12/11

【閲覧禁止!】機械に抵抗して頭皮を剥ぎ取られた女性が生還した驚愕の事実


【閲覧注意】ではなく【閲覧禁止!】だからな。
青木無常でおます。青木無常は閲覧禁止ではない。…たぶん。

そういうわけで、いままでもいろいろ
グロなニュースを紹介してきたりしましたが、
これはもうレェェェベルがちがう。
禁止する。


Amazonリンク



禁止だからな。特にリンク先のニュースサイトには
飛んではいけない。飛んでしまってもわしは知らんぞ。

まあリンクを踏んでもまず「18歳未満閲覧禁止」の
警告が出てYes or Noを選ばなければならんし、
危険な画像が出現するのはさらにその先の
二枚めのページだけどな。

まあこれだけ警告しておいてもリンク踏むなら、
その先のいかなる艱難辛苦も乗りこえて
問題の写真にたどりついてしまうだろうが…(`▽´)

もちろん、以後の記述は読むだけでも
気分が悪くなること必至である。

従って、閲覧禁止。いいな?

ま、警告はしておいたから。
いつものとおり、ここから先は自己責任で。( ̄ー ̄)


Amazonリンク




tocana 2014.09.03
【閲覧注意】全頭皮を剥ぎ取られ「血だらけボール」になった女性!! 医師も驚愕=中国
http://tocana.jp/2014/09/post_4775.html


警告どおりご覧にならない場合のために
概要をひとくさり。

中国のある女性が養鶏場で鶏に餌を
与える準備をしていたところ、給餌器に
髪の毛を巻き込まれてしまう。

頭まで巻き込まれてしまえば当然のことながら
死んでしまうので彼女は必死にふんばった。

そして機械に勝利した! すげえ!


Amazonリンク



ただし、その状況そのものが壮絶。
壮絶というか、身の毛もよだつ
すさまじい悪夢の様相を呈する。
すなわち

頭に激痛が走った次の瞬間、彼女の体は吹き飛び、地面に叩きつけられた。起き上がると、頭部がなんとなく熱を持っている。
そして顔面に大量の血が流れ落ちてくる。
想像すれば何が起こっているのかは容易に
見当がつくだろう。

そう、眉毛から首の後ろに至るまでの頭皮全体が、機械の猛烈な力によってすっぽりと剥ぎ取られてしまっていたのだ。
うげえええっ!



Amazonリンク




ところがその後の対処がすごい。冷静。
自分で電話をかけて助けを求め、
剥ぎ取られた頭皮とともに病院へ直行。

医師は頭皮を洗浄し毛髪を剃って
頭部に縫合したのだとか。

顕微鏡を使いながら、ちぎれてしまった血管も縫い合わせました
そんな超絶な技巧が、中国の医師には
備わっているのか…すげえ…



いくなと口をすっぱくしてくりかえしている
リンク先のページには、頭皮の剥ぎ取れてしまった
女性の頭部の写真や縫合後の写真、剥ぎ取れた
頭皮の写真まできっちり掲載されている。



Amazonリンク




このニュース、実際かなり長い期間、
紹介するかどうかもためらっていたシロモノである。

なんつーか紹介したいというよりは
これが自分のPCのHDDに眠っているのが
どうにも気持ち悪いので放出する決意を
した次第である。である! ひひひ。

おれといっしょに不幸になれ。(`▽´)



すっきりしたので本日は以上!
最後まで読んでくれて…。
それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿