2014/11/08

もしかしたら明日にでもこうなってるカモしれない詩情あふれる“未来の日常”アート作品


本日もステキアートをご紹介いたします。
青木無常でございます_(_ _)_。す(^_^)。

とまあそういうわけで、昨日の記事ではYouTube動画で
ステキなサイバーパンクアートを公開されている
造形作家のカミクボユウスケさんに関するニュースを
ご紹介いたしましたが、本日もまたステキ(^_^)。


Amazonリンク



こちらはスウェーデンのアーティスト
Simon Stalenhagさんの作品群を紹介した
ニュースでありますよ。


GIZMODO 2014.09.16 23:00
未来の日常はこんな風かもしれないと思うディストピアなアート
http://www.gizmodo.jp/2014/09/sf_18.html

追加↓
GIZMODO 2014.12.30 23:00
80年代SF映画を思わせるアート
http://www.gizmodo.jp/2014/12/80sf.html


こちらはスチームパンクではなく
正統的なSFといった趣ではありますが、
やはりところどころレトロフューチャーな
感じの風景もありますね。

日常的な道路のわきや野原、町の彼方や
一角に、SFにしか出てこないような
機械やロボットや浮遊物などが…

写真のような写実的な風景なのに
なぜか哀しくなってくるような
豊かな詩情が漂っていて、どうにも
なつかしくさえ、なってきてしまう。



Amazonリンク




こんなステキなシーンを見せてくれる
アーティストがいることに、感謝の意しか
…いや、嫉妬とか憧憬とかもあるけど(^_^;)。



願わくは、己の手でこそこんなイマジネーションを
体現したいと切望
しつつ。



本日はこのへんで。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿