2014/11/09

3DCG動画にも応用できるセンスあふれるショートアニメ「Horde」


こちらもセンスのお話、というか、問題。
青木無常でございますん。

ただし、センスだけでなく画力も。


Amazonリンク




kotaku 2014.08.05
『AKIRA』っぽい感じのゾンビ逃走アニメーション
http://www.kotaku.jp/2014/08/akira-horde.html


AKIRA』っぽいというよりは
鉄コン筋クリート』の松本大洋っぽく
見えますがね、私ゃ。(`▽´)



ストーリーはしごくシンプル。

男が深夜の道路を単車で走っていると
謎の集団に突如周囲を囲まれてしまう。

襲ってきたのは生気のない肌
生きているとは思えないほど
不気味に損傷した顔の異様な男たち。

必死に逃走をはかるが、影たちは
執拗に追いすがってくる。

そして男はついに…



この先は実際にアニメをご覧になって
ご確認下さい。時間にして3分程度。
すぐに見終われます。(^_^)



Horde from BRUTUS collective on Vimeo.




センスもそうだけど、これアイディアとしても秀逸。



私は3DCGも製作しているので、
ストーリーのある動画も作りたいんだけど、
遅々として進まない。

その理由のひとつとして、どんなに
単純に作成しても、すべての造形を
CGでとなるとかなりの量の3Dモデルを
用意しないと…という点がある。



Amazonリンク




この「Horde」というショートストーリーは
3Dではないだろうけど、この部分のハードルを
かなりクリアしている作品でもある。

バイクが数台。登場人物も(ゾンビも含めて)数人。
あとは道路とコンクリートの壁、そしてトンネル。

これくらいの量なら自作しても手間は
それほどでもないし、素材を使えば
かなり時間も節約できる…カモ…(^_^;)。

カモ、としたのは、素材ってさがし出して
くるだけでもけっこう手間ひま食うから(^_^;)。



Amazonリンク




まあともあれ、こういう感じで舞台を
ちょいと未来に移して、設定も多少かえれば
けっこう短期間でショートストーリーくらい
作れそうな予感…あ、あくまで予感、な。(`▽´)



ハードルはほかにもあるんでね。(´ω`。)



まあわしの創作の話はとりあえずおいておいて(^_^;)、
単純におもしろいしセンスもある動画であります。
上のは。



創作にとりかかるかどうかはともかく、本日は以上。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿