2014/10/21

発想がもはや子ども! 各国が開発する軍事用特集スーツ3選!(前編)


もうわしらの社会の中枢にも…
青木無常でありますよ。

怖いことなのか、自由な発想が
「ふざけるな!」とか罵られることなく
マジメに受けいれられていることを
喜ぶべきなのか。

正直、判断つかない微妙さ。


Amazonリンク



というのも、似たような時期に似たような
軍事用スーツを、別個の3つの国が開発している
というシンクロニシティな感じのニュースを
見かけてしまったものですから。



まずはこちら。↓


GIZMODO 2013.11.12 22:00
子供も大人も泣いちゃうよ?。台湾特殊部隊のホラーすぎるユニフォーム。
http://www.gizmodo.jp/2013/11/post_13443.html



Amazonリンク



台湾の特殊部隊の装備だそうですけど、
こちらはまだマスクのみ。ただし、
そのマスクの“こけおどし度”が
ハンパない!

一言でいうなら、真っ黒なジェイソンマスク。

Amazonリンク



なんでそんなデザインにしたかというと、
理由は3つ。顔面防御。身元の隠蔽。
そして3つめは

相手に恐怖心を与えるように
う~ん。たしかに実効力はあるんだろうけど…
…でも発想は子ども。

ま、実用性も兼ねていて、最高357マグナム弾から
“顔面を”守ってくれる性能がある、らしい、です。



Amazonリンク




XINHUA.JP 2013年11月13日
韓国軍が「超高性能の武装スーツ」を開発中、韓国兵士が「アイアンマン」に―中国メディア
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/365631/


リンク先に掲載されている
写真を見れば一目瞭然ですが…

それこそハリウッド製の安いSF映画とか
アクション主体のマンガやアニメに出てきそうな
典型的な“装甲服”。


Amazonリンク



ま、日本のマンガやアニメは設定が
驚異的にしっかりしている場合も多いので
一概に荒唐無稽と謗ることもできないのは
承知の上なんですけど。

けっこう、あと何歩か進歩すれば
仮面ライダー的な装甲服に!


Amazonリンク



スーツの性能に関しては図が
中国語なのでまったく不明ですけど、
ニュースの出先が中国で、スーツの開発元は
韓国、とくるとどうもやっぱり…

え? 失礼? 信用できます? 中国。韓国。
まあ信用できるんならできるで、
それはそれで怖いしなあ…



Amazonリンク




3つめ…は、明日にまわします。
もう余力がない。勘弁してくれってことで。
いや、手抜きなんですけどね。
いつものとおり。

ホントはもっと時間かけてじっくり
とりくみたい内容ばかりなんだけど…

…あ、これって…!?



怖くなってきたので本日は以上。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿