2014/09/29

立体落書きペンは子どもの落書きや芸術に一分野を築けるか?


どれだけ気安く、どれだけ自由に描けるか?
青木無常でございますですよ。ですよ。

実際、簡単手軽に思うがままに
立体落書きをできるのかが
焦点になるのではないかと思われますね。


Amazonリンク



つーことで、立体落書きが可能なペンが
ちまたではすでに売られています。


マイナビニュース 2014/02/21
ナカバヤシ、空中に"立体アートを描ける"3Dプリントペン「3Doodler」
http://news.mynavi.jp/news/2014/02/21/453/index.html


Amazonリンク




ま、このニュース、最初に目にしたやつは
去年の3月(リンク切れ)のだったし、
発売されてからもずいぶん時間が
経ってるんですけどね(^_^;)。

気がついたら一年以上も経っていた(^_^;)。




Amazonリンク




世間的に特に何かがきこえてきているわけでもなく、
そもそも粘土というものがすでに存在するし、
セラミック陶芸という分野も確立しているので。

この3Dペンとやらはやはり気軽さ自由さに加えて
コストがどれくらいかかるか、というあたりなんだろうな。


Amazonリンク




並行輸入もの、正規ものそれぞれのほかに、
類似品なのか進化品なのかわからないけど
他メーカーの製品もいくつか見つかりました。

ま、どれもさほど安くはない。

消費したインクがどれくらいなのかも
インク単体で売ってるのがヒットしなかったので
よくわからないっす。_(_ _)_


Amazonリンク



「3Doodler」は別名3Dプリンタと謳ってるけど、
それはちがうな(^_^;)。

単なる立体落書きペンです。(`▽´)



これ使ってアート作品つくる芸術家とか
出てきたりしたら動く市場カモしれんですね。



今んとこ何もきこえてきてないし、本日は以上。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿