2014/08/25

ジャイアンは大人になっても健康? 背筋も凍るおぞましい話2


身も蓋もないとはまさしくこのことですなあ。(´ω`。)
青木無常でありますです。


Amazonリンク



以前の記事「まだ夏だし背筋も凍るおぞましい話-
ジャイアンは悲惨な目にあっている他者を見て快感を覚える
」で
タイトルどおりの身も蓋もない研究結果を
ご紹介しましたが、今回のはそれに輪をかけて。(´_`。)


ナショナルジオグラフィック May 14, 2014
いじめの加害者、成長後は健康?


てかたぶん、この結果。
だれもが、心の底では
わかっていたんじゃないか?

だれもがなんとなくわかっていて、
目を背けてきた事実なんじゃないか?
などと言ってしまうと、ますます
身も蓋もなくなってしまいますがねえ。



Amazonリンク




このニュース記事によると、
いじめのピラミッドの中間層には
加害者でもあり被害者でもあるという
層が存在している。

今まで“加害者”にこの層を含めていたため
正確な結果が出なかったのではないか、と。

そういうようなことが書かれております。

子どもの頃いじめを受けた若い成人が、不安障害、パニック障害、うつ病などの長期的な精神問題を抱えていることが分かっている

ところがピラミッドの頂点に立つ“純粋な加害者”は
こういう健康被害とは無縁で、さらには
同世代の他の人間に比べて精神的にも肉体的にも
健康である! という結果となった、と。



Amazonリンク




いやはや。
いやはや。
救われない話でありますよ。

いじめの被害者は下手しなくとも
精神に一生涯、その傷を負って
生きていかなければならないというのに。
でしょう?



まあ最後のほうに

いじめっ子が後々、健康面以外の問題を抱えるようになるという報告も数多く存在する
と付け足しのような注釈も
記載されてはいますがね。

まあジャイアンが将来、
スーパーチェーンのオーナーにはならずに
社会不適応者と化して場合によっては
裏社会の住人になるかもしれない…

という可能性も示唆されてはいる。



Amazonリンク




でもそれにしたって、たいして
慰めにはならないかな。

ざまあみろ、という気持ちも無論ありますがね。

そういうことにすら、
感じる必要のないはずの罪悪感を感じてしまうのが
いじめられる側の心性ではなかろうか、というのが
私の推測でありますのでね。

ひとの不幸を願ってはならない。

従って、人の不幸を願ってしまう心性の持主は
それだけで不幸になる。…という負の連鎖。



Amazonリンク




人の不幸を、むしろ願うべきなのか?

…というのも、もちろん極論だし
それで幸福になってもしかたがないとは
思うけどね。でも、多少くらいなら
充分に、いいんじゃない?



せめて、自分を責めることだけはもうやめておこう。



そうしよう。だから本日は以上で。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~



Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿