2014/07/22

巨大な犬が踏破する。山を荒野を雪原を!


巨大な犬。それが彼の名だ。
青木無常でございますよん。

とにかくまずは、こちらの動画を見てほしい。


BigDog Overview (Updated March 2010)



一見して明らかなように、どこからどう見ても機械。ロボット。
にも関わらず、その動きは異様なまでに生物的。



蜘蛛のような四肢を器用に動かし、踊るように歩く。
森の中の坂道でもずんずん登る。迷いはない。

蹴飛ばしても転ばず、
よろよろとよろけはするが
どうにか姿勢を回復し、
すぐに何ごともなかったように歩きつづける。

驚嘆すべき、姿勢制御技術!

氷の上ですべっても体勢を回復できるし
瓦礫も泥道も雪道も踏破する。

足を踏み外しても、とられても大丈夫。

とにかくちょこちょこと足を動かし、
バネ仕掛けの玩具のように
リズミカルに歩く。歩きつづける。



楽天リンク




それが、ボストンダイナミクス社が開発した
歩行ロボット“ビッグドッグ(BigDog)”だ。



YouTubeの「Boston Dynamics」のページでは
このビッグドッグの動画がほかにもたくさん
アップロードされている。重くなるので埋め込みはしないが、
興味があったら下のリンクからご覧になるといい。


BigDog Reflexes

たぶんこの動画が一番最初のものだろう。
上に埋め込んだ動画とだいたい同じシーンが多い。


BigDog Weaponized

「Weaponized」とタイトルにあるが
別にマシンガンやビーム兵器を搭載したわけではない。
牛(水牛?)のツノをつけて闘牛っぽい音楽を
BGMにしているシャレた動画。


楽天リンク




BigDog Beach'n

こちらはタイトルどおり、ビーチを散策するビッグドッグ。(`▽´)
タイに休養にでもお出かけになったらしい…というのは
もちろん冗談だ。BGMはトロピカルな感じだが、
砂浜や波打ち際でも難なく歩ける、というアピールだろう。


BigDog Evolution

ダイジェスト版とでもいえばいいかな。
上の動画のシーンなども含んださまざまな
ビッグドッグの姿がみられる。ラブリー。(^_^)



Amazonリンク




では、そもそもこのビッグドッグとは何か?
詳細にご興味があるなら、ネット上で
たくさんの情報がヒットする。たとえば
おなじみのWikipediaでも。


ビッグドッグ - Wikipedia



SF界の大御所、鹿野司さんも
こんな力作を公開している。


鹿野 司の「人生いろいろ、ロボットもいろいろ」-BigDogの秘密にせまる-

時速4kmで歩行し、
35度の傾斜を上り、
150kgの荷物を運ぶ。

もともとは軍事用の荷物運搬ロボットとして
開発されたものらしい。



楽天リンク




鹿野さんの記事では、ビッグドッグ独特の「生物的」
というか、愛らしいまでの生きものじみた動きの秘密にも
きっちり、わかりやすく言及されている。

簡単に要約すると、従来のロボットは
最初から動きをプログラムされている。
だから想定外の状況には対応できない。
氷の上などおそらく歩けないだろう。

ビッグドッグは(鹿野さんの推定によると)
あらゆるところに大量のにセンサーを設置し、
外界も機械内自体も都度つどモニターしているらしい。

その情報を元にまずは適当に動いてみて
その結果をフィードバックして4本の脚が相談して
つぎの動きをどうすればいいかをその都度
決めている、という感じなのだとか。

だからいちいち状況に応じて動きも変化する。
ふらふらよろよろするし、氷ですべったり
瓦礫に足をとられたりすると最適の対応を模索する。

つまり、動きに規則性がない。



Amazonリンク




プログラムに基づき動作するアシモのような
従来のロボットは規則的に、プログラム通りに動く。
というより、そういうふうにしか動けない。

逆にビッグドッグは、規則的には動かない。
というか動けない。らしい。



もちろんそれだけだとあまりにも無秩序無軌道に
傾きすぎるだろうし、ある程度のプログラムと
状況への都度つど対応との両方を併用しているのだろう、

というあたりの、おおまかな推測のようだ。

なるほどねえ。
先端技術に従事する開発者のかたがたは
実にいろいろなことを考えるものだ。

わしらのような素人は
ビッグドッグのこのかわいらしい動きをみて
ただただ不思議がるのが関の山。なのに。
ねえ? (^_^;)



Amazonリンク




ビッグドッグに関しては上に書いたとおり
他にもさまざまなサイトが熱く紹介している。

さがせばいくらでも出てくるだろうけど、
とりあえずめぼしいところにだけでもリンクを貼っておく。
後日紹介予定のビッグドッグ以外の
ボストン・ダイナミクス社製ステキロボットへの言及もある。

あるいは、どこぞの検索サイトの
世界支配への布石ともとれる(^_^;)動きについても。



メモゴト・プレス Tue 15 October ,2013
みんなのアイドル「BigDog」のこれまでの歴史


GIGAZINE 2013年12月16日 13時00分34秒
Googleが歩行ロボットメーカーのボストン・ダイナミクスを買収


GIZMODO 2013.12.17 12:00 の記事
グーグルがあの4つ足歩行ロボBig Dogの会社を買収! ロボット開発は本気だった


Engadget デジタルガジェット 2013年12月14日 21時36分 の記事
Google、歩行ロボットのボストン・ダイナミックスを買収。四脚BigDog やヒト型Atlas の開発元




Amazonリンク




それにしても、グーグルはホントに、
なにをしようとしてるんでしょうか…?



ボストン・ダイナミクスの動画に関しては
まだまだたくさんありますので、
上にも書いたとおり
何回かにわけて順次紹介していく予定です。


Amazonリンク



とかいいつつ、ちょっと新しい試みとして
今までのようにシリーズとして連続して掲載していくのではなく、
ちょいと日をあけたりして投稿していくつもりです。

反応とかも見たいので、どうぞよろしく! _(_ _)_

というわけで次回は明後日、24日に掲載予定。
明日は全然別の記事書きます。本日は以上。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~


関連記事および次回更新予定記事
巨大な犬が踏破する。山を荒野を雪原を!(2014/07/22)
壁のぼり、ホッピング、前宙四足走行からギャロップまで! ボストン・ダイナミクスの器用なロボット大集合(2014/07/24投稿予定)
バリエーション豊かなボストン・ダイナミクスの試作品(?)ロボットあれこれ続き(2014/07/29投稿予定)
ラジオ体操もストレッチも腕立てもできるぞ! 二足歩行のペットマン。そしてアトラス…(2014/07/31投稿予定)
もうここまで来るとアニメのロボット! 時速25kmで走行するワイルドキャット!(2014/08/02投稿予定)
これがビッグドッグの真のベータ版だ! …ってただのパロディ動画でありますね(^_^;)(2014/08/04投稿予定)



楽天リンク








0 件のコメント:

コメントを投稿