2014/06/03

握手会を襲撃した“ノコギリ男”を擁護するつもりはさすがにないが、しかし


切り捨ててしまっていいのか? とは思う
青木無常であります。


楽天リンク



正直、非難を受けるのはイヤですがね。
そして、本日のこの投稿の内容は
非難されてしかるべき内容だとは
思うのですが。

でもそこには、私の抱きつづけてきた
根源的な問いが。

血の叫びが、ひそんでいるから。



というわけで、さあ、重いぞ。( ̄ー ̄)
ここから先は、読まないほうがいいぞ。
読んでも、答えはない。
ただ気分が悪くなるだけだから。

読んでほしいんだけどね。



くだんの、ノコギリ男が。

多数のひとたちに、癒えない傷や波紋を
残してしまった、という点において
許し難い人非人である、という見方には
異をとなえるつもりはない。

というよりは、なぜよりにもよって、
こんな粗暴な手段に訴えたのか、とは
強く思いはするのですが。

ただ…



楽天リンク




スポーツニッポン 2014年5月28日 05:30
AKB襲撃の梅田容疑者 自転車で116キロ移動か?


30時間以上を自転車で移動、というのが
事実なのかどうかはまだわからないんでしょうけど。
すさまじい労力をものともせずに
会場に乗り込んだ可能性もある、らしい。



握手のレーンにまで入りこんでいたのだとしたら
少なくとも彼は、握手券を入手しても、いたのでしょう。

握手券をわざわざ使って、メンバーに
暴言を吐いたりする人間も少なからずいるらしいし、
それを持っていたからどうこう、というつもりも
私にはありません。

ただ…



楽天リンク




高橋みなみ 2014/05/28のGoogle+記事を青木無常が共有したもの




どうしても、ひっかかる。

いや。
高橋の立場や、気持ちを考えれば
もちろん否やはいえない。

彼女や、ほかの多くのメンバーが
怒りや憤りを感じるのは当然のことだろう。

だけど…どうしても、ひっかかる。



本当に悔しい。
ファンの皆さんとメンバーで作り上げてきた
AKB48。

ファンでもなかった1人の身勝手な行動で壊したくないです。

「誰でもよかった」
そんな事あってもいいのでしょうか?

私達は
こんな奴のために
こんな事が起こるために
握手をしてるわけじゃなかったはずです。

こんな奴、だよ。確かに。

楽天リンク



許せないヤツだ。こんなふざけたヤツのために、
きみたちが一所懸命に築きあげてきたものを
土台からゆるがせられたりしたら、
許せない気持ちになるのは当然だ。



おれがひっかかっているのは、
このノコギリ男の境遇だ。
しかし、高校時代にいじめに遭い、通信制の高校へ転校。仕事も長続きせず最近は家にひきこもっていたという。
この記事のほかにも、この男が
周囲から、世間から、世界から
まるっきりの、無視を受けてきた旨の
記事を別に読んだ。

そこが、ひっかかっている。


楽天リンク



ノコギリ男に限らない。
だれでもいいから人を殺そうと思った。
そう供述する人間の、これは共通項じゃないのか?

だから、殺人に及んでいいという話では
もちろん、ない。

では、ヴェクトルが逆に向いたとしたら?

いうまでもない。この典型例は自殺者だ。
自殺者は、人非人か?
同情の余地は、ないのか?



自殺するなら、人を殺すくらいなら、
もっと周囲と、世間と、世界と、
積極的に関わることができたはずだ!
…などとは、いわないでほしい。

できなかったんだよ。

できなかったから、そういう選択しか
残らなかったんだよ。…と、思う。

客観的にみたら、選択肢はほかにいくらでもあるとか、
甘えてんじゃねえとか、そういう無責任な
追及をするのがむしろ普通の感覚だろうけどね。



世界と、世間と、周囲と、
せめて自分のことを理解してくれそうな
藁のように細くもろい絆しかない誰かと。

どうにかして、つながろうと、
血を吐くような努力を、彼らはしていたはずだ。

それもまた客観的にみれば、どうしてもっと
一所懸命、積極的に、失敗してもいいから
何度でもくりかえしてがんばってみなかったんだとか
そんな意見が普通なんだろうけど。

客観的にみてそうだったとしても、
当の本人にしてみれば、高層ビルから飛び降りるよりも
巨大な勇気をふりしぼって、やってみたことなんだよ。



それを、何度やってみても、うまくいかないんだ。

ほかのひとが、軽々とできていることなのに。
自分以外の、だれしもが、むしろ嬉々として
日常やっていることなのに!

まったく、うまくいかないんだ。



楽天リンク




そして、だれも助けてくれない。

血を吐く想いで、SOSは出しつづけてる。
いつも。四六時中。助けてくれ、と。
でもその声は、彼の意に反して、とても小さい。



この手の事件で、判で押したように
いわれる周囲の性格評があるよね。

おとなしい。存在感がない。

そんなことをする人には、見えなかった。という。

彼らの血の叫びは、残念ながら
その程度にしか届いていないんだ。



あるいは、口にされない言葉。

めんどくさい。
かかわりたくない。



楽天リンク




おそらくは、彼らは
そういうたぐいの人間だったのだと、思う。
いるよね、そういうヤツ。

悪気はないんだけど、近寄りたくない。
楽しくない。むしろ雰囲気が悪い。
友だちにはなりたくない。できれば
そばに寄ってほしくもない。

そういうヤツ。



そういうヤツに、勇気をふりしぼって
話しかけられたりしたら、どうする?

心根がやさしかったら、相手はするかな。
同じクラスでいるうちは、毎日話したり、
グループに入れてあげたり、遠足や修学旅行も
同じ班に入れたりするかもね。

卒業したら?

しませんよね。自分からは、連絡。彼には。

彼から連絡があっても、
生返事とかになってしまうよね。

察してもらいたいなあ、とか
思いながら。察してますよ。彼らは。
そういうのには、敏感だから。

自分は、邪魔ものなんだ、と。



楽天リンク




残念ながら、そういうことなんじゃないかと思う。
残念でもなんでもなく、おれは
そういうヤツとは関わりたくない。
同じクラスでも。

私もまた、そのテの人間なので、
ものすごく身に覚えがある。

そういうヤツ同士で、ひっそりと
身をよせあうことだってある。
必要に応じて、だからね、お互い。
そこには、絆はない。

しかたなく、身をよせあってるだけ。

接点がなくなれば、近づかなくなる。
むしろ、その日を心待ちにしている。
だって、イヤだもん。そんなヤツの
そばにいるだけで。



彼は、ファンでもなんでもなかったのか?



現実の世界に、だれひとり味方のいない彼らが
よりどころとする場所は限られています。


楽天リンク



ノコギリ男は、そう。
ファンでもなんでもなかったのかもしれない。
入山も川栄も、名前も顔も知らなかったのかもしれない。



だから、暴力に訴えてもいいわけでは、
もちろんない。
正直怖いです。
本当に怖かったです、、。
だれかにそんな想いを味わわせていいはずがない。
もちろんだよ。言語道断。

でも。

そういう連中の大部分は、
むしろそんな行為には
出ることすらできないだろう。



彼らは、どうしている?

だれにも助けてもらえないまま。
どうしていいかも、わからないまま。
苦しくて苦しくてたまらないまま。



楽天リンク



うん。
この記事は、どうしても語りたくて、
余裕がないところに無理やり押し込んだ記事ですよ。
明日からは、また用意済の手抜き記事が戻りますよ。

だから、安心してください。
忘れてください。

大丈夫…かどうかは、あなたには、関わりのない話ですし。(^_^)



でも。
もしよかったら。



教えてくれないか。
おれたちは、どうすればいい?



切り捨てられて、朽ちていけばいいのかい?



楽天リンク




朽ちつつありつつ、本日はこのへんで。
最後まで読んでくれて、本当にありがとう。
それだけで、感謝しています。



※そんなわしらへの補足:
 さて、上の記事に同調できる、という場合は、
 だから世の中を怨嗟でみたしてやればいいとか
 そういう話ではないので気をつけておくんなまし。

 だれも助けてくれないのだから、わしらは
 自分で自分を救うんだ。
 それは険しく困難な道に思えるだろうが、
 あえて気楽にいくことにしよう。

 わしらがつらいと感じているほとんどのことどもは
 それほどのことではないかもしれないし、
 たとえそうだとしても、最悪、死ぬだけだし。

 気負う必要もない。こえられそうな壁を
 ひとつずつこえていこう。そして、こえられなくても
 深刻になることなく、ただ淡々とつぎの道をさがしにいこう。

 どうにかなるさ。よしんばどうにもならなくとも
 われわれを冷遇し、無視し、見捨てまくってきた世界に
 ちょいとしたささやかな迷惑をかけるくらいが関の山。(`▽´)
 失敗したときは、反省した顔だけで、腹の中でヤツらを笑ってやろうぜ。




楽天リンク








0 件のコメント:

コメントを投稿