2014/06/29

総選挙で入らなかったけど注目したい面子第三弾+そもそも立候補してない組


深く掘っていく危険もわかっちゃいますがね。
青木無常でありますよう。

Amazonリンク



でも好きなんでね。
そして好きでやってるんでね、このブログも今や。(^_^;)
だから好きなだけやらせてください。_(_ _)_



というわけで第三弾。プラス、アルファ。



佐藤すみれファッションブランドの
モデルに抜擢される
など活躍は目にしていたけど
そこから次につながっているのかとかが
よくわからない。門外漢ってこともあるし。

ぐぐたすはけっこう見てるんだけど、
これ以降目につく報告は見た記憶がないなあ…。

若手とも仲良くやっているようだけど
もういくつか足跡を残してほしいところではある。
どうかなあ。なにかない?






Amazonリンク


谷真理佳。HKT48からSKE48への移籍組。
この子もワリくってんじゃないかと心配。

てかなんで移籍なのかがホントによくわからない。
せめて注目を浴びる契機にでもなればとかも
思わないでもなかったけどそれも今のところどうも…。

ちょりもそうだけど特に谷は
ルックスで勝負するにはきついし
ウザキャラでどこまで出られるかが勝負なんだが、
外様感の強い移籍先ではやはりリスキーかなあ。



じゃんけん選抜で松井珠理奈のわきを固めた
上枝恵美加。なんだけどやっぱりじゃんけん選抜は
それだけじゃ知名度にはつながらない。

残念ながら内田とともに運だけでは浮上できない
好例になってしまっている。内田は自力で
まったくちがう方向から再浮上を果たしそうな
勢いだけど。上枝の場合はいまのところ…。

二位でもこれだと
やっぱ、きついね…。


Amazonリンク




愛嬌たっぷりの秋吉優花も結果にはつながらず。
万人ウケするかわいさではないだろうし、
来年以降どうなるのか注目したい。果たして…?



笑顔に絶大な存在感のある岡田栞奈
個人的にHKTでの最注目株。ただ、
逆にほかに武器がないせいか総選挙に限らず
AKB関連のバラエティでもほぼ無名。

何か武器がほしいねえ。鳥好き以外に。
「有吉AKB共和国」ではがんばってたけど
むしろなぜフィーチャーされたのか自体が謎だったし(^_^;)。


Amazonリンク







最後、はるごん。仲川遥香
もうすっかりはるごんではなくなっているらしいけどね。

すばらしいニックネームを自ら捨てた事実は
今もって残念。JKTでは大きな結果を残しているようだけど
それが日本に届いていないのが今回の選挙では
致命的な結果に。

というか、なんで今回出てきたのかがむしろ謎。
個人的には活躍を見たいので結果につながれば
万々歳ではあったのだけど…。

改めてJKTに骨をうずめるつもりらしいし、
今後もその活躍が日本にまで届くことを祈りつつ。


Amazonリンク




番外。不参加メンバーについてもふれておきます。
今回不参加メンバーにはほぼ注目がいっていないようですけど、
やっぱり気になる。大いに。
特に、卒業とか辞退とかそっちの方向で。


日刊スポーツ 2014年4月6日23時13分
AKB総選挙、過去最大296人立候補


SKE48のキャプテンにしてチームSのリーダー
中西優香。まさかこの立場で卒業は
ないだろうけど。

というか、こういう立場だからむしろ
後ろに引いたという見方もできなくはないか。

テンションとかモチベーションとかが気になる。


Amazonリンク




JKT48に移籍した近野莉菜。卒業した佐藤亜美菜と
ともにすっぱ抜かれた合コン疑惑もあるし、
すっぱり立候補をあきらめるのもひとつの選択だった
とはいえるかもしれない。

ただお泊りとかそういう方向まではいっていなかっただけに
惜しいというべきなのか。あるいはそこまでいかずとも
ファン離れにつながったのか。

それとも、意地の悪い見方をすれば
スキャンダルがあろうがなかろうが…?


Amazonリンク




NMB48の異端児・木下百花。個人的には
もっとも気になる不参加者。考えかたも
立ち位置もきわめて独特だし人気にも拘泥していない
らしい姿勢がほの見えるので不参加は当然…?

自分が納得できないことには平気で反論する
イメージがあるし興味のわかない相手には
かなりそっけない態度をとっているように見受けられる。

ただ、山本彩のぐぐたすで山本宅にお泊りしたときの
写真を見たことがあるんだけど。

それを見た印象だと何か先輩宅にお邪魔して
ふつうに緊張して照れてどうしていいか
わからない感じの、きわめて普通の女の子にも
見えたりしたので。

ますます謎の存在になってたりしてるわけです。
この子。

だから不参加の理由も、とても気になる。


Amazonリンク



ぐぐたすもフォローしてるんだけど
ほとんど投稿しないし、更新しても
短い文章だったり内容がよくわからなかったりと
「謎は深まるばかり」の典型なんだよな。(^_^;)

最近こんな記事も発見。(^_^;)

日刊スポーツ 2014年6月19日13時27分
木下、たかみなに「うっとうしい」と返信


木下らしい、とでもいうべきなのか(^_^;)。

握手会とかでは、どういう対応しているんだろう…。(`▽´)


Amazonリンク




というわけで…またもや思いのほか巨大な
ボリュームになってしまいました。ありゃま。
リストアップすると、ついついみんなに言及したく
なっちゃったりするしなー。

これでもけっこう絞ったんだけどね。(^_^;)

ともあれ以上で総選挙関連のお話は終了。つーことで。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~



参考:
オリコン 2014年06月07日 17時58分

【第6回AKB総選挙】1~80位の全順位発表 まゆゆが悲願の初女王に! さしこは連覇ならず

Wikipedia
AKB48 37thシングル選抜総選挙


第6回 AKB48 37thシングル選抜総選挙関連の記事:
これでいいのだ! AKB48第6回選抜総選挙を制覇したのは王道アイドルまゆゆこと渡辺麻友!(2014/06/08)
3位から10位までの選抜メンバー概観>37thシングル選抜総選挙(2014/06/09)
48Gの未来か新しい風の到来か? 意外感ある11位~16位の面々>37thシングル選抜総選挙(2014/06/10)
アンダーガールズにひしめく過去と未来・17位から32位>AKB48第6回選抜総選挙(2014/06/11)
ネクストガールズ33位から48位は、初入閣の子はともかく…>37thシングル選抜総選挙(2014/06/12)
49位~64位、フューチャーガールズの未来は果たして?>AKB48第6回選抜総選挙(2014/06/13)
新設されたアップカミングガールズに意味を付与できるのは当の本人たちだけ>37thシングル選抜総選挙(2014/06/14)
48グループでの生き残り戦略に総選挙入閣は必要条件か否か(2014/06/27)
圏外メンバーの未来について(軽く)夢想する(2014/06/28)
総選挙で入らなかったけど注目したい面子第三弾+そもそも立候補してない組(2014/06/29)



Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿