2014/06/20

指原莉乃を糾弾する


本気で。
青木無常です。


楽天リンク



興奮しまくっちゃってるけど許してちょうだい。
的外れであったら道化師そのものでもあるけど
そのリスクも承知の上でどうしても言いたいの。

指原がひとつの才能をつぶしつつある可能性を思うと
どうしても言葉にせずにはいられない。_(_ _)_



今回ばかりはもう。
野次馬気分での部外者の無責任な
「したり話」ではない。

指原莉乃は糾弾されなければならない。

本当に。
シャレになってねえ。カケラも。



AKB48壊さないどころの話ではありません。
業界全体を危地に陥れる愚行中の愚行。

以前に、指原がいずれとんでもない大失態をおかすだろうと
したり顔で予言しておいて、まるで当たっていないけどさ。
今回のこれは、予測していた大失態とはまるで違う。

私の予測している大失態は、わかっていても本人にすら
どうしようもない、ある意味同情できる内容の大失態。

今回のはちがう。
まったくちがう。
むしろ常日ごろから考えに考え抜いて慎重の上にも
慎重を重ねて備えておくべき内容の失態。

しかも状況からみて、慎重にかまえるべきで
あるにも関わらず実態はむしろ真逆だったことが
判明したお粗末にもほどがある事実。



楽天リンク




あまりの無思考ぶりに、私は怒りにふるえがとまらない。



なぜかというと、こんなニュースを見つけたから。


Techinsight  2014年06月14日 21:00
“HKT48・指原×宮脇”のトークが生々しい。「AKBって恋愛禁止なのかな?」


概要はHKT48の冠番組で指原莉乃と宮脇咲良が
恋愛禁止に関して語った内容を紹介したもの。

宮脇が番組中で
48グループは「恋愛禁止じゃないですか?」
と口にしたところ、指原が「本当かな?」
と問い返したらしい。

逆質問にたじろぎながらも宮脇はくりかえすが
指原は上の答えもあわせて(記事からすると)
都合三回、本当に恋愛禁止なのかという旨で切り返したらしい。

事実上、スルーという手段でクロをシロに
かえてしまったメンバーも少なくないし。

クロと断定されてもさまざまなペナルティを経て
生き延びている(どころかそれをステップボードにさえ
変換してしまった)メンバーもいる以上、
宮脇も強硬に恋愛禁止を主張できるわけもあるまい。



楽天リンク




事実としては以上。



これのどこが問題なのかがまだわからないなら
この先を読む価値はないカモしれない。もしかしたら、
いますぐ別のサイトへでも飛んでゴシップ記事にでも
舌鼓をうっていた方が有意義な時間を過ごせるカモしれませんね。



指原はいまやトップランナーだ。
この事実はどう歯噛みしてもくつがえらない。

いや、こういう軽率な発言をするのでなければ
別にあれだけの不利な状況を完全に逆転させた
経緯と手腕には拍手を送ってしかるべきだろうけど。



公共の電波に乗って流れるテレビ番組で
こういう発言をしている以上、指原の腹そのものが
こういう考えでみたされているのだろう。
ちがうか? 指原。

弁明があるなら、もちろんきく。

ま、読んですらいないだろうけどね。指原は。
そこもやっぱり業腹だ。

ふだんであれば当然のこととあきらめる事象だがね。



楽天リンク




恋愛禁止なんてウソウソ。
バレなきゃいくらでもやっていいって。(`▽´)

…そこまでひどいことを
考えているとは思わない。
というか、思いたくない。

あるいはアイドルの概念を変えようとしている
などというまことしやかな分析を指原自身が
本気で考えている可能性もあるにはある。
バカだがね、この分析自体が。

理由はすでに昨日語っている。
その概念が変わることはない。
ただ業界が縮小するだけ。

あるいは、アイドルとも“アーティスト”とも
まったくちがう、新しいジャンルが生まれる

…という可能性も、なくもないけどね。



楽天リンク




AKB48や48グループはアイドルではない
…などと言い出す輩がいたら(その論理の裏づけを
きちんと説明しているならともかく)、
ただのバカでしかないだろう。

このグループの中からアイドルという概念をこえた
さまざまなタレント(文字通り、才能という意味での)が
排出される可能性はもちろんある。

だが土台として、この集団は
アイドル以外の何ものでもない。

少なくとも、現時点では。

スタッフとシステムの根本的な変換が起こらない限り、
アイドル以外の何かに変容する日も、
そう簡単に訪れることはあるまい。



さらに。

アイドルの概念を変える、という言葉の内実が
「アイドルだって恋愛してもいい土壌を作りたい」
という程度の、自分たちにとってのみ都合のいい
夢想でしかないとしたら。

愚劣にもほどがある。



楽天リンク




昨日も繰り返したとおり、
そんな土壌を作ろうとすること自体、
無謀というよりは無思考そのもの。

それを本気で実行しようとしているのなら
あまりにも思慮も配慮もなさすぎる。



よく業界の利益がパイに例えられる。
パイの大きさは限られていて、
その恩恵を享受できる容量もまた限られるとか
パイを切り分けるとか、そういう例えだ。

アイドル業界のパイの大きさがどうかは
わしゃ知らんし、その切り分けの大きさ具合にも
特に興味はないが。



指原の発言はこのパイ全体に泥水を、
あるいは糞を!

ぶちまける行為そのものだ。



楽天リンク




指原は現状、単なるタレントですらない。
このことが、ことの悪質性をさらに際立たせている。

HKT48劇場の支配人。
HKT48の事実上のトップ。
48グループの頂点に立つ一人。
さまざまな、プロデューサー的活動。

まぎれもなく指原は、48グループ全体の
ひとつの見本だ。



私は、指原はもっと頭のいい人間だと思っていた。
思慮深く常識もきちんとわきまえた
立派な人間だと。

指原が一位になったことには
声高に異議をとなえつづけているが、
それも指原を糾弾するつもりではなく
世間への警鐘のつもりが大きい。

世間を糾弾、と言いたかったんだけど、
世間を糾弾してもしかたがないからねえ。(`▽´)

気分的には、糾弾。


楽天リンク



でも、指原自身はこんな異常な状況下にありながら
きわめてすばらしいバランス感覚を発揮して
奢ることなく謙虚に、自分の役割を充分以上に
果たしているものと何となく思っていた。

番組などで演じている傲慢さは
文字どおりネタとして演じているものと思っていた。

もちろんそれは己をさらなる高みへと押し上げるための
状況の最大限の利用であり逆風を追い風に変える
指原自身のしたたかさのあらわれ、とも感じてはいたけど。



とんでもない間違いだった。

いや。指原がしたたかであることは明白。
間違いなのはそこではない。



HKT48の指導者としての役割を
彼女は立派に、いや、立派以上に
真摯に果たしているものと信じて疑わなかった。



楽天リンク




ヤツの冠番組での発言は、
それを根こそぎにする愚行だ。

まさか指原の腹の底がそんなことになっていようとは…。



番組での発言自体は、単に宮脇の無邪気な思考に
疑義を呈する、程度の意味合いにしかとれないかもしれない。

仮にそうだとしても…というのはつまり
仮に指原が恋愛解禁を目していないのだとしても
普段からこういう言動をしているのだとしたら
悪質であることにかわりはない。



だがそうではないだろう。
恋愛解禁を目ざしているのかどうかはともかく、
恋愛に対してそんなに目くじらを立てることはない、
という程度の認識の甘さがなければ。

こんな発言は出てきはすまい。



楽天リンク




もちろん指原は、それが発覚した時のめんどうさや
怖さは誰よりも実感しているはずだ。

そのあたりはおそらく後輩を指導する時でも
(仮に恋愛容認めいた言動をしていたとしても)
口をすっぱくして釘をさしているだろう。

というより、そう思いたい。



だが、今回の村重の軽挙をみて
そうは思えなくなってしまった。

番組での発言は、村重のスキャンダル発覚より
以前に収録されたものらしいが。
そんなことはむしろあたりまえだし。

てかむしろ、よくこれ放送させたよな。

そこらへん自体も指原や指原サイドの
対応の甘さ、現状認識の甘さを思わせてしかたがない。



楽天リンク




指原。

だれよりもてめえが。
スキャンダルのおそろしさは知っているはずだ。
そしておそらくはおまえさんだけが、その蜜の味を
味わいつくしてもいる。



だからって、この愚行を責められずに
いいはずがない。



村重がこのままフェイドアウトしてしまったら、
てめえはその責任をどうとる?
タレントとしての村重の芽は
少なくとも現時点では風前の灯だ。

まきかえしがあるとしても、それは村重の力だ。



楽天リンク




何か「仕掛け」があるのか、とも勘ぐってみたが
村重のぐぐたすでの発言をみる以上、
スルーという無策でしか運営が対処できない現状も
あまりにも明白だ。

村重だけじゃねえ。
ほかにも爆弾を抱えているメンバーがいるとしたら?
それも、てめえのその甘い性根が原因で。

スキャンダルが暴露しても巻きかえせる。
そういう性根がてめえの言動の端々から
後輩たちに伝わっていっていないと
おまえは胸をはっていえるのか?

そのために、せっかくここまでたどりつけた
すばらしい夢の実現を、思い切り叩きつける拳のように
引きつぶさせてしまって、いいのか?

いいのか?
指原!



楽天リンク




今、怒りにふるえている。
そしてその怒りは、やり場のない怒りではない。

届かないだろうがね。

許せねえ。
それでも許せねえものは、許せねえ。



誤解や事実認識の齟齬があったら
教えてください。
むしろそれを、切に願っています。

もしそうであるなら、
私のこの一連の暴言も、心より謝罪します。

むしろそれを、切に願っています。



切に。



楽天リンク




ただ若い愚かさが発露してしまっただけの
よくある挫折の顕現に過ぎなかったのであれば
無念に思いこそすれ、ここまで怒りを
沸騰させることなどなかったのだけど。

無理は承知の上で、指原の弁明を待つ。

見果てぬ夢を、みる魔法。
最後まで読んでくれてありがとう。




楽天リンク








0 件のコメント:

コメントを投稿