2014/06/08

これでいいのだ! AKB48第6回選抜総選挙を制覇したのは王道アイドルまゆゆこと渡辺麻友!


できれば、大島や前田の在籍中に達成してほしかった…ってのは
なくもないけどってちょいとは思う青木無常ですよ。


楽天リンク



というわけで、今年のAKB総選挙は
めでたく渡辺麻友が念願の一位を獲得し、
ハッピーエンドで幕を閉じました。

11年の第3回、一位の前田敦子の得票数が13万9892票、
12年第4回の一位大島優子は10万8837票、
前回13年、第5回で一位を強奪(^_^;)した
指原莉乃の得票数は15万0570票

今回のまゆゆの得票数は15万9854票なので、
一応過去最高、ということにはなるのかな。

気になるのは、第3回以降の伸び率。
第4回は一位の得票数がかなり落ちてるし、
5、6回と伸びてきてはいるけど、いちじるしく、
というわけでもない。

エース前田が抜けても順調にキープしている
といえばいいのか、あるいは頭打ち状態のまま
かろうじて均衡を保っている、とみればいいのか。



楽天リンク




もっとも、グループ全体でみれば
裾野は広がっているのだろうし、
CDの売り上げ枚数とか考えに入れれば
またちがった見かたとかも、できるのかできないのか(^_^;)。

正直、CDの売り上げ枚数とか興味わかないので、
調べる気にもなりませんし(^_^;)。



ともあれ、今回は手放しで喜べる結果でまずはよかった。

予定調和とかいう意見もあろうかとは思うけど、
この総選挙のシステム自体が、予定調和に
陥りがちなシロモノと化しているからね、そもそも。

ここらで山本彩あたりがどーんと
抜け出てきてたら、おもしろいか、というと
前宣伝とかの推し具合からしても
逆に首をかしげたくなっていただろうし。



楽天リンク




指原の女王陥落も、去年の総選挙以前からの
大露出劇以降の活躍ぶりに比例しない
といえばいえなくもないけど。

ただ指原は、悪役・善玉ともに演じなければならない
立場、というか雰囲気になってしまったことが
どっちつかずの中途半端な立ち位置におさまってしまい、
その結果、結果論としてまゆゆとの接戦に敗れた形に。

とはいえ、その「どっちつかず」の「中途半端」感自体が
もともとの指原のポジションを如実に体現している
という、穿った見方も可能なわけで。(`▽´)

その立ち位置を高値キープした、という意味で
きわめて上出来な結果、といえばいえるカモ。

いや、それはあまりに意地の悪い視点にすぎるかな。
すでにAKB48という器をこえて、指原は今後も含めた
磐石の地位を固めつつある。

去年の選挙後は指原をボロクソ評する形になったけど、
そもそもスキャンダルやその周辺の状況に関しては
指原擁護派だったし、もともとは応援していたから、
むしろ陥落は手放しに喜びたい。(`▽´)

スキャンダルを逆用して勇名をとどろかせる、という
アイドルにあるまじき状況での一位強奪なんざ、
やっぱり今もって容認しがたい状況だしねえ。



楽天リンク




まあわしの予想に反して指原は大ポカもやらかさないし、
いまんとこいまいち大タレントに成長してもいないし。

十年、二十年経って、和田アキ子クラスの
大ボスになっているかどうか、という興味は
いまだあるけど、やっぱ、なんかなー。

そういう意味でも、去年のヤツの首位強奪は
いまだに納得できていないのでねえ。



たとえていえば、(かつての(^_^;)棚橋ならともかく)
タイチあたりの弱小プロレスラーが
不倫トラブルきっかけにしてIWGPベルトを
政治的に強奪したような、異常なおさまりの悪さ。(`▽´)



指原に一位は似合わない。(`▽´)

その似合わないこと自体が味となって
一世を風靡したのも確かだけど。やはり
どうしても素直に祝福できなかったし、
応援する気も失せてしまったからな。

それ以前も以後も、指原のもうひとつの柱である
“HKT48育成者”としての貢献度や内実をみれば
もっと好感度を個人的にあげられてたんだけど(^_^;)。



楽天リンク




二位ってのも、やっぱり素直に祝福できる順位ではない
(つまり順当とは思えない、とても!)のは同じだけど、
このくらいなら彼女の努力や才能や貢献や
いろいろなものを 含めて、ようやく精神的にバランスはとれてきたって感じ。



いや、彼女の総合的な活動を(スキャンダル抜きにして)
正当に評価すれば、一位でもいいんだけどさ。



やはりアイドルという定義そのものを考えるだに
彼女に投票している層ってのは、おれとは
かなりちがう立場・感覚の方たちではないのかな、と。

女性票がどれくらいを占めるのか、あたりも
かなり気になる、つーか興味がわくけどね。



楽天リンク




つーわけで、まゆゆ万歳だ。(`▽´)



総選挙については、一、二回ふれるだけで
すまそうと思ってたんだけど、手抜きのつづきで
このまましばらく引っ張りますす。(^_^)



てことで、ひとまず本日はここまで。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~



参考:オリコン 2014年06月07日
第6回 AKB48 総選挙 選抜メンバー80人 1~16位


第6回 AKB48 37thシングル選抜総選挙関連の記事:
これでいいのだ! AKB48第6回選抜総選挙を制覇したのは王道アイドルまゆゆこと渡辺麻友!(2014/06/08)
3位から10位までの選抜メンバー概観>37thシングル選抜総選挙(2014/06/09)
48Gの未来か新しい風の到来か? 意外感ある11位~16位の面々>37thシングル選抜総選挙(2014/06/10)
アンダーガールズにひしめく過去と未来・17位から32位>AKB48第6回選抜総選挙(2014/06/11)
ネクストガールズ33位から48位は、初入閣の子はともかく…>37thシングル選抜総選挙(2014/06/12)
49位~64位、フューチャーガールズの未来は果たして?>AKB48第6回選抜総選挙(2014/06/13)
新設されたアップカミングガールズに意味を付与できるのは当の本人たちだけ>37thシングル選抜総選挙(2014/06/14)
48グループでの生き残り戦略に総選挙入閣は必要条件か否か(2014/06/27)
圏外メンバーの未来について(軽く)夢想する(2014/06/28)
総選挙で入らなかったけど注目したい面子第三弾+そもそも立候補してない組(2014/06/29)



楽天リンク


Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿