2014/06/09

3位から10位までの選抜メンバー概観>37thシングル選抜総選挙


実生活がひどい状況なので、せめてここでは…(`▽´)
青木無常でごじゃりますですす。うふふ。



というわけで、去年は総選挙について
けっこう力入れて語りました
けど、今年は
手抜きの一環として適当に語りたいと思います。

…っつっても、いつもいいたいこと
いってるだけなのはかわらないし、
そういう意味でどうなるかは書き終わってみないと
なんともいえんけどな。(^_^;)



さて、三位に返り咲いた柏木由紀

指原とは真逆に、スキャンダル流出と無視、
という流れで(これまた王道的に)危地を
乗り切った柏木だが、この手は無難だが
落ちるのを防ぐのに力が足りない。

にも関わらず、凋落せず似たようなラインを
キープしつづけているのは、ある意味驚異的。

まあスキャンダル自体が、単に合コンに参加した
という程度の内情だったことも、多少は
関係しているのかいないのか知らんがね(^_^;)。



Amazonリンク




松井珠理奈松井玲奈は4位5位、と
去年までの流れと同様、仲良く
(というと語弊があるかもしれんが(^_^;))
ならんでゴール。

しかも順調に上昇してきている。

ただ渡辺も指原も柏木もそうだが、
JRコンビもSKE48の一期生でいわば
はえぬきの古株。

48グループ全体でみても、AKBがブレイクする
以前からの顔ぶれであり、個人的には
次世代でもなんでもない。単に上がぬけた穴に
順に入ってきた、という見方は意地が悪すぎるかな。

生中継のコメントは個の悔しさをあらわにした珠理奈と
全体を俯瞰した玲奈の冷静さとの対比がおもしろかった。
選挙後泣きじゃくる珠理奈に駄洒落を要求した大久保さんもグッジョブ!



Amazonリンク




同じ意味で6位の山本彩も個人的には躍進とは思わない。

いや、アイドルは育たないといわれていたらしい
大阪発のアイドルを大成功させたばかりか

AKB、SKEに比して後発の不利をかなり早々と覆し
なみいる先輩をごぼう抜きにして
ここまでたどりついたのは確かにすごい。


でも正直、山本彩がここまで激しく上昇している原因が
むしろよくわからないんだよな。

いや、個人に注目して、その内包する
物語性や上昇するまでの経緯を追えば
もちろん彼女も非常におもしろいし
また才能あふれる女性だとは思うけどね。

ただ、たいした活躍も目に入らないうちに
全国的にも名の知れている存在に
いつのまにかなっていた、という印象しかないからなあ。



Amazonリンク




7位の島崎遥香は、躍進、なのか。

あるいは運営の期待どおりの活躍を
なかなかしてくれない。
のに(^_^;)活動以上の上昇をしている、のか(^_^;)。

あれほど推されていたのに、それに対して
あれほど期待に応えないマイペースっぷりも
みごとといえばみごとだし、それなのに
神7入りはすごいのかすごくないのか(^_^;)。

よくわからんね、このひとは。

おもしろいけどね。この移動っぷりが。
野心もやる気も、活躍さえも見えないのに、
7位。
とゆー。(`▽´)

今後どうなるのかも、まるっきり
予測がつかないところとかもまた。(`▽´)

ただ生中継のコメントはいわれるほどひどくない。
というよりかなり笑いもとっていたし、
いろんな意味で(もちろんいい意味でも)
島崎らしくてとてもよかったと思う。



Amazonリンク




8位の小嶋陽菜。卒業発表するつもりだったと
語ったがみごとなジョークに昇華させての撤回。
じつに小嶋らしい(^_^;)。すばらしいスピーチだった。

いや、選挙前の状況からしても
シリアスな決断だったのだろうけど。

「有吉AKB共和国」という持ち番組もあるし、
彼女がまだAKBでいてくれることは
手放しで歓迎したい。



9位の高橋みなみ。総監督としての
グループの現在の状況への講評的な。

高みなは順位、関係ない立ち位置だしな。

まあ、選抜外に出ちゃったとしたらそれはそれで
ひとつの大事件になっていただろうけど、
幸いにしてというべきか、残念ながらというべきか(^_^;)
順当すぎるほど順当な順位だ。



Amazonリンク




10位の須田亜香里
まさしく努力そのものでここまできたひと。

4月8日生まれでAKBに合格したと
自分でいっている高橋みなみが
「努力は必ず報われる」といっても
いまいちうなずけない部分がなきにしもあらずだった。

いや、高みなが努力のひとであることはもちろん
わかっている。ただ、彼女は期待や任命に応えることで
現在の地位を確立した人物。

たいして期待もかけられず、ただこつこつ努力を
積み重ねて10位にまで昇りつめてきた須田にこそ
まさしく「努力は必ず報われる」という言葉が
似合うのではないか、と個人的には強く思うんだ。



Amazonリンク




というわけで、今日はここまでね。
ああ、やっぱり、というか、
本当は16位までを消化しておくつもり
だったんだけど(^_^;)。つい(^_^;)。

全員に言及するつもり、なかったんだけど(^_^;)。
なんでかなあ(^_^;)。



っつーわけで本日は以上。最後まで
読んでくれてありがとう。明日もよろしく。
それでは、また~(^_^)/~~



参考:オリコン 2014年06月07日
第6回 AKB48総選挙 選抜メンバー80人 1~16位


第6回 AKB48 37thシングル選抜総選挙関連の記事:
これでいいのだ! AKB48第6回選抜総選挙を制覇したのは王道アイドルまゆゆこと渡辺麻友!(2014/06/08)
3位から10位までの選抜メンバー概観>37thシングル選抜総選挙(2014/06/09)
48Gの未来か新しい風の到来か? 意外感ある11位~16位の面々>37thシングル選抜総選挙(2014/06/10)
アンダーガールズにひしめく過去と未来・17位から32位>AKB48第6回選抜総選挙(2014/06/11)
ネクストガールズ33位から48位は、初入閣の子はともかく…>37thシングル選抜総選挙(2014/06/12)
49位~64位、フューチャーガールズの未来は果たして?>AKB48第6回選抜総選挙(2014/06/13)
新設されたアップカミングガールズに意味を付与できるのは当の本人たちだけ>37thシングル選抜総選挙(2014/06/14)
48グループでの生き残り戦略に総選挙入閣は必要条件か否か(2014/06/27)
圏外メンバーの未来について(軽く)夢想する(2014/06/28)
総選挙で入らなかったけど注目したい面子第三弾+そもそも立候補してない組(2014/06/29)



Amazonリンク








0 件のコメント:

コメントを投稿