2014/05/19

R2-D2のバーチャルキーボードが予約販売開始


てか、こういう“投影式キーボード”が
実用化されていたことすら知らなかった青木無常でおます。


Amazonリンク



スター・ウォーズ特集を
この前終了させたばかりだというのに、
またもや関連商品が激アツに
燃え盛っているのを発見。いやはや。

その商品とは「R2-D2」のバーチャルキーボード!

と、その前に「バーチャルキーボード」って
なに!? という激しい疑問がわくのですがね(^_^;)。

まあこちらは、名前から類推されるとおりの、
机の上などに光(レーザーみたい)で投影される
VRなキーボード。想像は容易につくけど、
実用化されていたとは、まったく知りませんでした。

ともあれ、まずは「R2-D2」のバーチャルキーボードを
紹介したニュース記事へのリンクから。


ロケットニュース24 2014年5月4日
何コレむちゃくちゃ欲しい! スター・ウォーズの人気キャラ「R2-D2」のバーチャルキーボードが登場 / 今日から受注予約開始!!

(※動画は限定公開らしいので、ここでは共有しません。
ロケットニュースの記事中のものからどうぞ)



Amazonリンク




記事にもあるとおり、記念すべきスター・ウォーズ第一作
「新たなる希望」の名シーン、タトゥイーンでルークが見守る前、
R2-D2が偶然、投影再生を開始したレイア姫の映像さながら、
ほの赤く浮かびあがる“光のキーボード”を実現した商品。

それも、もちろんちゃんとキーボードとして使用できる
シロモノのようです。

使用媒体としては
スマホやタブレット用として
想定されているみたいで。

「R2-D2」の大きさが若干、わずらわしそう
(鞄には入るが若干膨張しそうな程度の大きさ)
ではあるものの、この造形なら多少は無理してでも
むしろ持ち運びたくなりそうな逸品。



楽天リンク




肝心の使用感ですが、記事中の動画を見ると
どうも若干キーボードの大きさがコンパクトすぎる
ように見えますね。

あとは、キー配列もスタンダードなデスクトップ用の
ものに慣れていると、エンターキーの位置・大きさ等が
ちがっているので、使いにくそう。小さいキーボードや
外国製のに慣れてるんなら、大丈夫なのかな?

その点を除けば、なかなか実用性もありそうには思えます。

ま、このへんは、実際に使ってみないと
わからない部分ではありますね。



楽天リンク




とにもかくにも、形が「R2-D2」ってところも
大いにワクワク感を刺激するポイントですが。

なによりも、「バーチャルキーボード」
なんてシロモノが市場に出まわっている
なんて話がまず寝耳に水でもありましたので(^_^;)。

あわててググってみたんですけど、
どうも上位に表示されるのは今回の
R2-D2のものばかり。参考になりません。
便りのwikiでもそのものずばりは発見できず。

ただ、レーザー投影式キーボードという項目が
Amazonには存在するので、もしかしたら
けっこう以前から存在はしていたのカモ。



Amazonリンク



こんなページも、あたりまえのように見つけたし(^_^;)。


ねとらぼ 2014年04月11日
透明ディスプレイがまるでSF! 近未来的PCがカッコよすぎる


こちらの記事は、タイトルどおり
「透明ディスプレイ」が主役で
それにレーザー投影式キーボードを
組み合わせるとかなり近未来的になる、という内容。

バーチャルキーボードは既知のもの、という感じで
言及されているっぽいところが、なんとも…(^_^;)。


Amazonリンク



それにしても、実際、掲載されている写真を見ても
宇宙戦闘機のコクピットを思わせるような
ステキなビジュアルになってます。



「R2-D2」とコラボすることで相乗効果も
期待できそうだし。

あと何年もしないうちに
スタバなんかでスマホやタブレットを立てて
この光のキーボードをピコピコしてる姿が
あたりまえのごとく見られるように、なってるのかなあ。



Amazonリンク




ま、テレビ電話とか腕時計型端末みたいに、
ちっとも市場に浸透しない可能性も、
あるカモしんねえけど、な。(`▽´)



市場に出そうな最新技術に関しては
ほかにもいくつかネタあるんだけど、
ちょっと手をのばす余裕がいまんところない(´_`。)
だれか、時間くれ。おれに。(`▽´)



生活という邪魔ものに邪魔されて本日は以上。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~




Amazonリンク







0 件のコメント:

コメントを投稿