2014/05/06

エピソード8 帝国の黙示録>新シリーズのストーリーを勝手に製作2


うん。狙ってるよ。宗教的なセン。
青木無常でおじゃる。じゃる。


楽天リンク



いや、べつに説教臭のする方向に
みなさんを導こうとか、そゆめんどっくさいことは
特に考えてません。いっさい!

ただ、アナキンとシミの関係が
救世主と聖母を思わせたりとか
(シミは処女懐胎だしな)、あるいは
“選ばれし者”とか。

ジョージがなんか、宗教的な裏設定を
髣髴とさせる仕掛けをいろいろ仕込んでるし。(`▽´)


楽天リンク



だからわざと、それっぽい用語持ってきてるよ。確かに。

きのうのタイトルに使った「復活」も
そうだしな。ただし復活したのは
シスだけど。(`▽´)

添えた英語の「Resurrection」も、やっぱり
キリストの復活とかに使う言葉みたいなので選んだわけだしー。



つーわけで、本日もやります無謀企画
スター・ウォーズ新三部作のストーリーを
勝手に展開。
なにしろ、青木無常様は正真正銘の天才だし。(`▽´)

ではどうぞー。



楽天リンク





スター・ウォーズ エピソード8/帝国の黙示録
 Star Wars Episode VIII: Apocalypse of The Empire)



 昔むかし、遠い、遠い、はるか彼方の銀河系で…。

 ダンボの戦いから3年、壊滅したかに見えた反乱軍は、かつての帝国軍を上回る巨大兵力とともに、銀河系のあちこちで共和国軍に真っ向対立し始めていた。

 戦況が徐々に共和国軍に不利になり始める中、ついに反乱軍を統括するダック、もとい、ダース・ドナルドは帝国の復活を宣言する。

 ルークの遺児となったミッキーは単身、帝国の復活の背景をさぐるべく、大兵力の出現地点と目される惑星ノートルダムへ潜入、そこに大量の、かつての帝国軍の兵器と、それを基に開発された新兵器を発見する。

 その出所は、どう考えても共和国軍…戦争が終結し平和を希求する声があがり始めたころ、共和国軍も必要性の低下を訴えられ、特に旧帝国から接収された数々の強力な兵器は廃棄されることが決定したのだ。

 ジェダイの管理下、確かに廃棄されたはずの兵器が、なぜ反乱軍に…?


楽天リンク



 一方、守りの要衝であるライオン・キング星系で、ソロ提督の指揮下、激戦をくりひろげていた共和国軍だったが、ダース・ドナルドの激烈な攻撃により戦線が崩壊、敗走を余儀なくされる。

 前線に出ていた白雪も、部下を逃すために奮闘しつつ撤退にうつるが、ドナルドの強襲を受ける。からくも小惑星帯での一戦を切り抜けたものの、愛機ミレニアム・ファルコンに一撃をあびて惑星ロビン・フッドに不時着。

 白雪は故障した部品を入手するため変装してポート・ダイナソーに潜入するが、帝国軍の執拗な追跡に、次第に追いつめられていくのだった。


楽天リンク



 ノートルダムでカジモド将軍との一騎打ちを制したミッキーは、評議会に連絡をつけて帝国の武器供給源が共和国そのものであったことを報告するが、白雪の危機を知らされ、救出に向かう。

 だがそのあとを、新クローン・トルーパーのオリジナルである、かつての共和国軍の猛将であり、いまは帝国に寝返ったアラジンに追跡される。


楽天リンク



 ポート・ダイナソーで帝国軍に発見され、決死の逃亡をはかる白雪だったが、トルーパーの追跡はどうにかかわしたものの、ついに黒仮面のシスと対峙することになる。

 ジェダイの技で互角に戦うものの、かつてないほど強力なダークサイドの力を駆使するダース・ドナルドには適わず、ほうほうの態で逃走する。

 だが白雪には、なぜ自分が最後の最後に逃げることができたのか、いまひとつわからなかった。彼女を追いつめる寸前、暗黒卿が追撃の手をゆるめたように思えたのは、気のせいだったのか…?


楽天リンク



 ロビン・フッドにたどりついたミッキーはアラジンとのドグファイトにまきこまれ、激戦の末、相打ちに。

 だがそこにアラジンからの連絡を受けたダース・ドナルドが出現し、瀕死のミッキーはあえなく虜囚と化した。


楽天リンク



 ミッキーが意識を取り戻したときそこには、ロビン・フッドの要塞の奥で巨大兵器の完成を急ぐ黒仮面・ダース・ドナルドがいた。

 要塞の奥に広がる異次元空間の向こうには、みたび建設されつつあるデス・スター。空間と空間を結ぶ装置が開発されたことで、戦艦クラスの宇宙船からならどこへでも攻撃が可能になると黒仮面はうそぶく。

 暗黒卿に誰何するミッキーに、ダース・ドナルドはとりあわず、ただ帝国への協力を要請する。
 おまえには、協力する理由があると告げるドナルド。
 ミッキーは激昂し、フォースを駆使してドナルドのライトセーバーを強奪する。

 だが、その形状を目にして、驚愕するしかないミッキー。


楽天リンク



「これは…! このライトセーバーは…!?」
「そのとおり。おれは、白雪の兄、グーフィーだ!」
 冷徹に宣告するダース・ドナルド。

 嘘だ! 絶叫しながら打ちかかるミッキーに、もうひとつのセーバーで応戦するドナルド。
 だが、ミッキーの剣先がかすめて避けた仮面の下から現れた顔は…


楽天リンク



 ルークの命令で辺境の不穏な動きをさぐるために出かけたまま戻らなかった、ハン・ソロとレイア姫のもう一人の子、白雪の兄であるグーフィーに、ほかならなかった…!

 動揺するミッキーの隙を突き、ドナルドの…いや、グーフィーのライトセーバーがうなりをあげる。
 切り落とされるミッキーの右手。

 絶叫。

 その時、いとこであるミッキーの危機を、フォースの直感で察した白雪がかけつけ、危地を脱する。

 敵の猛攻をかわしながら要塞をさまよううちに、偶然、接収されていたミレニアム・ファルコンを発見。故障も修理されているのを確認し、脱出する。

 追跡してくるアラジンを撃墜し、ハイパードライブでライオン・キング星系を脱出。

 その姿を見送るシスの暗黒卿の顔は、修復された仮面におおわれ、その表情はうかがい知るすべもないのだった。



楽天リンク




☆★☆★☆


以上、エピソード8の
なんちゃってストーリーである。

今回も、ドロイド二人組はあえて無視した。

適当に主人公たちのどちらかに同道させ、
どうしようもない危機に陥ったときに
R2がぎりぎりでどうにかする。
このパターンを組み込むことで、どうにか…ってことで(^_^;)。

だって基本、ストーリーの大枠には関係させなくても
何も支障はないし。奴ら。(^_^;)



楽天リンク




さて。ハン・ソロの息子=白雪の兄=ミッキーの従兄
グーフィーの登場はいかにも唐突に思えたかもしれない。
が、これも計算である。唐突なのも、ジョージの流儀
(?)(^_^;)に習ったまでのこと。

前回の投稿では、わざとふれなかった。

まあ実際には、まったく出てこなかったりすると
あまりにもアンフェアなので、エピソード7でも
名前と、なぜ出てこないかの概要くらいは
説明すべきではあるのだろうけど(^_^;)。



そもそも、この青木無常様が考えた最終三部作の根幹を
このグーフィー(仮名、な。あくまでも、仮名(^_^;))が
担っているのだからな。

つか、根幹の一端を、か。

もうひとつの端は、もちろん、
もう一人の暗黒卿だ。シスの暗黒卿は
二人でワンセットだからな。

どっちが師で、どっちが弟子か…てなセリフも
エピソード1であったよな? ( ̄ー ̄)

実はこのへんの設定も、すでにずいぶん前に
さわりだけちらっと書いてあってりする。
いまその記事みたら、明日更新予定の内容
ネタばれしちまうからリンク貼らないけどな。(^_^;)


楽天リンク



ま、ここ数日の分だけでも、くそまじめに
いろいろあちこち読んでるんなら、
もうネタばれしちまってる…かな?

てか、おれ、あそこまで書いちゃってたんだな…
忘れてたよ。すっかり(^_^;)。



あと、各三部作の真ん中にあたるエピソード2と
エピソード5では、どちらも恋愛ロマンスが
高らかに描かれている。

かったるいのでわしゃ割愛したが
ここらあたりで白雪とだれかのロマンスを盛り込む
…って手も、考えてはいたことはいましたよ。
ミッキーでもいいけどね。どっちかに。

イメージだと、やっぱ白雪かな。



楽天リンク




そのほか、もう一人のシスの暗黒卿も、
エピソード2とかに習って、立体映像くらいは
劇中で出現させておいたほうがいいだろうね。




というわけで、明日はいよいよ最終三部作のフィナーレ、
エピソード9の全貌が、いよいよ明らかに!
…なんちゃってエピソード9だけどな。(`▽´)

Amazonリンク



ま、ほんものは、おれの考えたストーリーより
何倍も上いくおもしろさであることを祈っちゃいるよ。

このおれ、青木無常様の上いくわきゃねーだろ、
という、
心の底からの、願望の一方で、な。(`▽´)

てなわけで明日もよろしく。本日は以上。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは、また~(^_^)/~~




楽天リンク








0 件のコメント:

コメントを投稿